カテゴリー別アーカイブ: ピースガーデン倉敷

脳に体に『デイザップ』

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

7月も半ばとなり、暑さが更に増してきていますが、いかがお過ごしでしょうか?

デイサービスであるリハビリステーションピースでは、リハビリスタッフによる『デイザップ』という転倒予防を目的とした、全身体操を行っています。

デイザップでは「頭を使う」、「体幹を鍛える」、「笑顔で行う」ということを意識して頂きながらご利用者様と楽しみながら一緒に身体を動かしています。

ただ体操や運動を行うだけでなく、楽しみながら笑顔で行うということを大事なポイントとしており、笑顔で行うことによって、脳からセロトニンという神経伝達物質の分泌が促進されます。セロトニンには、不安や恐怖心を抑えることや、精神を落ち着かせ、リラックスする作用。また痛みを感知する痛覚伝導路を抑制する働きもあるので痛みを和らげる効果もあります。それだけでなく運動神経も刺激するため、抗重力筋という立った時や歩く時などの、姿勢を保つ筋肉の緊張を高める作用があり、姿勢が良くなるという効果も期待できます。セロトニンの分泌の促進だけでなく、笑顔にはその他にも体に良い効果をもたらす作用があると言われています。

年齢関係なく日頃から身体を鍛えることや、脳活性のトレーニングを行っている方もいると思いますが、そのトレーニングにもう一つポイントを付け加えて「笑顔」も意識することで体操や運動の効果が更に向上するかもしれません。

また運動をした後はもちろん、それ以外にも暑い日が続いているので、水分補給を忘れずに体調を崩さないように気をつけていきましょう。

リハビリステーションピース 理学療法士 K

令和元年度ピースガーデン倉敷 老松保育園お招き交流会 開催報告

6月5日(水) かわいらしく元気な声がピースガーデン倉敷地域交流センターに響きわたりました。老松保育園さくら組(年長)の園児との交流会も今年で5回目を迎えました。園児42名と引率の先生7名による歌や手遊び・肩たたきなどお遊戯を通して、2~4階をご利用の方々約60名との交流を図ることができました。
園児たちのひとつひとつの動作に『まぁかわいいなぁ。』『上手にできるなぁ。』と声をかけられたり、一生懸命拍手を送られるご入居の皆さまの姿を見ることができ、私達職員も温かい気持ちでいっぱいになりました。
私事になりますが、今年度で娘が老松保育園を卒園予定なので、10年間続いた老松保育園とのつながりが終わってしまうことをとてもさみしく思っています。
しかし、ピースガーデン倉敷の職員としては、これからも園児との交流会を通して交流を続けていけることをうれしく思います。また来年も保育園の園児や先生そして保護者の皆様の協力を得ながら、皆さまの素敵な笑顔がみられるように企画をしていきたいと思います。

プログラム
 1)うた「しゃぼんだま」
2)ペープサード「フライパン」
3)ダンス「パプリカ」
4)手遊び「げんこつやまのたぬきさん」
5)ふれあい「かたたき」
プレゼント

※この様子は、同日のKCTニュースで紹介されました。

※この様子は、翌日(6月6日)の山陽新聞朝刊倉敷・総社圏版にて紹介されました

 

ピースガーデン倉敷
特別養護老人ホーム 副主任 M

 

 

母の日のイベント

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

令和になっての初めてのイベントとして、5月12日(日)の母の日に、ご入居の方と一緒におやつ作りをしました。
 当特養のご入居中の女性は25名です。作ったおやつは、フルーチェで、簡単な作業となりますが、楽しんでいただけたようで、時々笑顔もみられました。
できたフルーチェは、その日のおやつ時間に皆で美味しくいただきました。
また、職員が日頃の感謝の気持ちを綴った色紙をお一人お一人にプレゼントいたしました。大変喜んでくださるお姿に、安堵致しました。
これからもこのような楽しいひと時を皆さまと持てたらと思いました。

ピースガーデン倉敷 特養  介護士T・M

※許可を得て写真を掲載しています。

「お花見ツアー」in 由加山 蓮台寺

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

今年も桜の開花に合わせて毎年恒例の「お花見ツアー」を行いました。毎年、様々な所の桜を観に行っていますが、今年は由加山 蓮台寺の桜を4/1~4/10に総勢72名の利用者の皆様と一緒に観ることができました。
デイサービスにとって屋外活動は、リフレッシュをすることができたり、1人で外出が難しい方にとっての貴重な外出の機会となったり、不整地、坂道や階段を歩くことなどが身体機能を高めてくれるという、なくてはならない活動となっています。
今回、そのような活動を支えるべくリハビリスタッフも初参加させて頂きました。そこでは、普段の訓練中の真面目な顔だけではなく桜を観て満面の笑みで疲れも感じさせることのない皆さんの姿を見ることができ、デイサービスの機能訓練としてまだまだ利用者の皆様の力を引き出す余地はあることを感じました。
また、お花見を楽しみに行かれる方も多くおられましたが、名物「あんころ餅」をお土産にする方も大勢おられ、花より団子のみなさんの姿を見ることができたのもよい機会となりました。

リハビリステーション ピース S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の音楽祭開催

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

平成31年3月11日ピースガーデン倉敷1階 デイサービス リハビリステーション ピースにて「春の音楽祭」と称して、日頃ご利用頂いている利用者様に感謝の気持ちを込めて音楽を届けるイベントを開催致しました。ピアノ伴奏による合唱、大正琴の演奏、エイサーや歌謡曲に合わせたダンスなどをそれぞれのチームに分かれ、練習を重ね発表させて頂きました。インフルエンザ警報の発令などで思う様に全体練習が出来ず個人練習を行う日々で不安もありましたが、本番では練習の成果を発揮でき、ご利用者様からもたくさんの拍手とアンコールの声を頂く事が出来ました。

また、開催日である3月11日は8年前に東北地方太平洋沖地震が発生した日ということもあり、復興への願いを込めて復興支援ソングである「花は咲く」をご利用者様と職員で合唱しました。利用者様からも「よく踊れていたよ」「いい声だったわ」などの声を頂きました。

今回の「春の音楽祭」を通じて、楽しさ、感動、復興への想いなど様々な感情をフロア全体で感じることができご利用者様の素敵な笑顔を見ることができました。これからも、笑顔あふれるリハビリステーション ピースであり続ける為、日々の感謝を大切にしていきたいと思います。

ピアノ伴奏による合唱

①ピアノ伴奏による合唱

大正琴

②大正琴

エイサー

③エイサー

歌謡曲に合わせたダンス

④歌謡曲に合わせたダンス

リハビリステーション ピース S

ピースガーデン倉敷開設6周年祭開催報告

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

2月1日でピースガーデン倉敷が開設6周年を迎えました。ひとえに施設の活動方針にご理解とご協力をいただいたケアマネジャーや全仁会グループの皆さん、地域住民の皆さんのおかげと感謝しています。この場を借りて深く御礼申し上げます。
さて開設6周年の周年祭ですが、今年はインフルエンザの蔓延に考慮して、各部署での実施としました。この日は6周年祝膳で、赤飯や鯛の塩焼きなど豪華な食事でご利用の方々は大喜びされていました。昼食後よりリハビリステーションピースの周年祭を開催しました。
開会の挨拶で「2019年は亥年なので、猪のように猪突猛進とはいかないまでも、いつまでも一歩一歩、地に足をつけて歩けるようリハビリステーションピースでリハビリを頑張りましょう」と武部施設長より力強いご挨拶をいただき、皆さんも真剣な表情で頷きながら聞かれていました。その後、乾杯で6周年のお祝をし、皆さんの手元におやつも配られ、お饅頭を食べながら、カラオケで盛り上がる賑やかな周年祭となりました。また、別の階では乾杯後、節分祭も兼ねてクイズ大会を行い、盛り上がった部署もあったようです。
本来ならリハビリステーションピースの職員が祝太鼓の演奏を行う予定でしたが、先述の理由により4事業所わかれて実施したため、例年より少し寂しい周年祭となりましたが、それぞれの工夫でご利用の方々と6周年がお祝いできたのではないかと思います。
来年こそはピースガーデン倉敷全体で賑やかな周年祭を開きたいと思っております。

 

ピースガーデン、初詣を行いました。

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

 1月5日に地域密着型特別養護老人ホーム、ピースガーデンでは、ご入居の皆さまと倉敷市北畝にある「福田神社」へ初詣に行ってまいりました。当日は快晴で寒くもなく初詣には最高に良い日でした。
本坪鈴を鳴らし今年1年、「元気で過ごせますように。」とお参りをし、おみくじを引き運勢を占ってきました。
ご入居の皆様はとても晴れ晴れとした良い表情のお参りでした。今年1年、皆様が健康で楽しく過ごせますように。
職員も一緒お祈りしました。

ピースガーデン特養 介護福祉士 M,A

 

折り紙で創作活動~ピースガーデン倉敷ショートステイより~

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

早いもので、今年も残りわずかとなりましたね。12月と言えばイベントが多い月。
皆さんも忙しい事でしょう。

ショートステイでは毎月、創作活動として折り紙に取り組んでいます。
折り紙は、手や指などを器用に使う必要がある遊びです。頭の体操として、脳に刺激を与える事が多い為、認知症の予防につながるとも言われています。角や辺を重ね合わせる注意力や、平面と立体の空間認識能力を鍛えられるそうです。
昔作った事があるものを思い出し、周りの人と話ながら、またお互いに教え合いながら、職員も一緒になって1つの作品を完成さていく事で、出来た時は「やっと出来たね」「あんたの良いねえ」とお互いに見せ合い喜んでいます。中には、顔を書いて貰う作品もありますが、個性が溢れて面白いです。
12月は、サンタクロースと星を折ってもらい、思い思いに顔を書いて貰ったのを、ツリーに貼り付けてみました。
最後の仕上げはいつも職員となってしまいますが、毎月素晴らしい作品として壁画となり、写真撮影。撮った写真は、家族への利用経過報告書の写真として掲載させて貰っています。今後もレクリエーションの一つとして、良い作品を作っていけたらと思います。

ピースガーデン倉敷 ショート 介護福祉士 K

 

『日頃の感謝を気持ちに込めてプレゼント』

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

今年もで早いもの、2018年も残すところあと僅かとなしました。
様々な出来事もありましたが、無事に一年をすごせたも皆様の多大なご支援のお陰であり、大変感謝しております。

この度、私の働くグループホームでは、ご入居者家族と日頃お世話になっているボランティアの方を招いて12/16日にクリスマス会&忘年会を開きました。”

“♪ カンパーイ ♪
☆ 皆で楽しくジュースやお菓子を頂きました ☆”

サンタとツリーマンと一緒にパシャリ☆
スタッフによるダンスで会場のボルテージはMAXに!

最後はサンタからのプレゼントに嬉しそうにされていました。
今年のクリスマス会もサンタの衣装や手作りのツリーマン衣装を着たスタッフ達が登場し、盛大に盛り上がり入居者の皆様やご家族の方も楽しまれていました。

 

今年も関係者の皆様には大変お世話になりました。
来年も、どうぞよろしくお願い致します。
最後に、皆様に幸せが舞い降りますように。
『Merry Christmas』

 

 

 

 

 

 

部署:グループホーム のぞみ

(ツリーマンより)

ピースガーデン倉敷特養家族支援会開催報告

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:


平成30年11月10日に第5回特養家族支援会を開催しました。

家族支援会は、①御家族同士・御家族と職員の交流 ②入居者様の特養での生活についての情報提供 ③御家族から意見を頂き、特養での改善点等情報交換の場 ④御家族と職員の連携で入居者様のケアを推進する等の目的があります。これらをまとめスライドショーを行い、職員の紹介や、入居者様の生活状況が分かりやすいように写真付きで報告等行いました。

昼食は今回が初めての試みとして、御家族と一緒にランチミーティングで入居者様と同じ食事を食べ意見交換会を行いました。御家族から食事に対しても「おいしい」と好評でした。

午後からの屋外交流会では雲一つない秋空に恵まれ、清音ふるさとふれあい広場へ入居者様17名、御家族3名、職員12名で外出しました。
山の紅葉も素晴らしく、すがすがしい空気の中、鯉や鴨、白鳥に餌やりを行い入居者様、御家族とも笑顔で楽しまれていました。

来年の家族支援会でもできるだけ多くの御家族に参加いただき、特養の入居者様の生活を
知っていただければと思います。そして御家族との信頼関係も深めていきたい。

これからも寄り添うケアを目標にユニットケアの原点である過去の暮らしの継続をモットーに、入居者様が毎日を楽しく暮らせるように生活の場を提供していきたいと思います。

 

 

ピースガーデン倉敷 2階 地域密着型特養 介護福祉士 J.O