カテゴリー別アーカイブ: ピースガーデン倉敷

夏野菜が採れました

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

梅雨が明け本格的に暑さが増す中、体調はいかがでしょうか?
ピースガーデン4階「グループホームのぞみ」では屋上庭園で
夏野菜を育てています。

 

 

 

 

 

毎日水やりをしながら草抜きや手入れをしています。
皆で頑張った甲斐があり、とうもろこし、キュウリ、トマト、なす等が
どんどん育ち食べるのが追い付かないほどです。

キュウリ、ナスの浅漬けや、焼きとうもろこしを
利用者様の工夫を混ぜながら調理しています。

野菜を育て調理し食べられるのは全仁会グループの中でも
珍しいと思います。
自分たちで世話をした野菜のおいしさは別格です。

ピースガーデン グループホームのぞみ 介護士H

平成29年度 介護博覧会に参加して来ました

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

6月21日・22日にコンベックス岡山で開催された介護サービス博覧会おかやまマッチングプラザ2017」に社会医療法人・社会福祉法人・有限会社協同で参加してきました。今年の介護博覧会は、平成30年の介護保険改正に備えてか、例年に比べ出展施設や企業が多くやっとの思いで1ブースが確保できた状況でした。
博覧会当日は梅雨時期で土砂降りの中、2日間で1000人以上の方が来場されているとのことでした。今年はどのような方法で全仁会をアピールするか、話し合った結果、全仁会についてのアンケートをしてみることにしました。2日間合わせて全仁会ブースには480名ほどの方が足を運んでくださり、アンケートに答えて下さいました。
全仁会の就職試験を受けた学生や、受けてみたいといった看護学生も来てくださり、にぎやかな場面もみられました。アンケートの結果は「大きくて色々ある」「施設が充実している」「安心感がある」「ぜっとくんに興味がでた」「マンションを買う予定にしていたが、グランドガーデンやローズガーデンなど介護サービスがついているのは魅力的だ」など様々な意見がありました。しかし、中には「全仁会を知らない」という意見もいただき、今後もっと職員一丸となってアピールしていく必要があると感じました。
今年は通所系中心で行いましたが、次回は全仁会全体で一丸となって参加できたら嬉しく思います。

リハビリステーションピース 科長 Y

老松保育園とピースガーデン倉敷の交流会開催が山陽新聞に紹介されました

平成29年6月20日に、ピースガーデン倉敷で開催された老松保育園との交流会の様子が、山陽新聞(平成29年6月23日 朝刊 倉敷・総社圏版)と、6月20日のKCTワイドで紹介されました。
ご利用の方々が笑顔で喜ばれる姿がみられました。

秘書広報課

ピースガーデン倉敷で老松保育園と平成29年度交流会開催

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

 6月20日(火)、ピースガーデン倉敷 3階地域交流センターで老松保育園園児のお招き会を開催しました。職員のお子さんが老松保育園に通っていたことがきっかけで、平成27年より毎年交流会を行っており、今回で3回目となります。園児は5歳~6歳のさくら1組・2組の48名が来所。ピースガーデン倉敷からは、特養25名、ショートステイ15名、グループホーム9名の合計49名が参加しました。歌やダンスを披露してくれました。よく揃った振付けや、愛らしい歌声に、参加された方々は手拍子をしながら微笑ましく見ていました。中には涙を流されて喜ばれている方もいました。また最期の出し物では毎年恒例となっている「肩たたき」をしてくれました。
園児一人ひとりが入居者様・ご利用者様の後ろにまわり、曲にあわせて肩をたたいてくれました。入居者様からは「可愛いお子さんの姿を見られて元気になりました」と喜びの言葉を聞くことができました。また今日の為に練習をしてくれた園児は「おじいさん、おばあさんが喜んでくれてよかったです」と話していました。施設に入居している方は普段お子さんを見ることが少なく、また小さいお子さんが好きな方が多いこともあり非常に良い機会になったのではないかと思いました。
ピースガーデン倉敷は地域密着型施設で地域に根差した運営が求められています。これからも地域の方々と交流を行い開かれた施設運営に努めていきたいと思います。
また、この様子は倉敷ケーブルテレビと山陽新聞に紹介されました。

ピースガーデン倉敷 特養 生活相談員 O

父の日会で感じた歌の力

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

梅雨に入ったといえど、好天の日が続き最近になって梅雨らしくなってきました。

6月の第3日曜日といえば、父の日です。皆さんは、どの様にして日頃の感謝を込められたでしょうか?

ースガーデン倉敷ショートステイでも、6月18日(日)に父の日会を行いました。当日の主役である「お父さん=男性利用者様」によるカラオケ大会を行いました。当日の男性利用者様は10名。最初に当日の主役である男性利用者様の紹介をし、ささやかなプレゼントの贈呈を行いました。プレゼントの贈呈中、感極まり涙される利用者様も・・・。

そして当日のメインイベントカラオケ大会です。日頃、口数の少ない利用者様や歌は苦手と日頃レクのカラオケでは歌おうとはされなかった利用者様が気持ちよさそうに歌われ、他の利用者様は歌を聞きながら口ずさんだり・・・。聞いている歌に思い入れのある利用者様は、涙される方・笑顔になる方・一緒に大きな声で歌われる方と様々です。日頃顔を合わす事があっても会話をしたことのない利用者様同士が、その歌の流行した頃の思い出、思いなどを話しをされていました。また他者とのつながりを形成したり過去の記憶を蘇らせたりと歌のちからに偉大さを感じたひと時でした。

時代は流れても、その時々の記憶はいつまでも残り歌とともに思い出されるものだと改めて感じた父の日会でした。

介護士 I

 

老松小学校2年生の「町探検」

6月6日(火)、倉敷市立老松小学校2年生(児童63名と保護者22名、先生2名)が2グループに分かれて「町探検」の一環で、ピースガーデン倉敷に来られました。
「町探検」は老松小学区にあるお店や施設等を訪問し仕事の内容を見ることを目的としているそうです。
当日は、朝から快晴で、児童の「おはようございます!」という元気な挨拶で開始。児童から「お年寄りは何て言ったら笑顔になりますか?」「お食事はどこで作っていますか?」「お年寄りは普段どんなことをして過ごしていますか?」といろいろな質問が飛び交い、その質問にピースガーデン倉敷武部施設長、リハビリステーションピースの大森介護副主任がわかりやすく答えてくれました。
そのあとピースガーデン倉敷の各施設を少しずつですが見学されました。児童の姿を見ると通所の方や、入居の方は、手を振ったり自然と笑顔になられていました。
時間が限られていたので、ふれあいやじっくりした見学はできませんでしたが、ピースガーデン倉敷を知っていただくいい機会になったと思います。

秘書・広報課  はる

感謝の気持ちを忘れずに

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

日に日に暑さが増してくる今日この頃です。

ピースガーデン倉敷に入職して一年と半年が経ちました。
私は今、2階にある地域密着型特別養護老人ホームで介護福祉士として勤務しています。

毎日を楽しく入居者の方々と過ごさせていただいていますが、私自身緊張しやすく、勤務中にもその態度が入居者の方々に伝わってしまい心配を掛けてしまうことがあります。ある入居者さんから「そんなに緊張しなくてもいいわよ。」と笑顔で言われた時には、緊張も少しほどけ、気持ちにもゆとりが持てました。

そんな自分に反省して、「日々成長していこう!!!」と心を入れ替えて入居者の方々と接していき、お話しをしていく中で戦時中の話や思い出話などをしてくださり、お一人お一人の人生の奥深さを感じています。

また、入居者の方々から、「寒いけど体調は大丈夫?」という言葉や、「今日も一日よろしくね!」などの温かい一言をいただいた時は、逆にこちらが励まされることが多々あります。

日々の感謝の気持ちを忘れずに入居者の方々と接していこうと改めて思いました。

 

介護士 M・Y

お花見

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

寒い冬が終わり、暖かく桜の季節になってきました。日本人の大好きなお花見の季節です。リハビリステーションピースの利用者の方も、お花見を待ち望んでいました。
そこで、リハビリステーションピースでは、お花見&お食事ツアーを企画しました。内容はかもがた茶屋にて昼食を食べ、酒津公園での散策コースにしました。
かもがた茶屋では、普段は小食の方もお刺身やてんぷらなどの豪華な食事に目を輝かせ、お食事を楽しまれていました。酒津公園では、見事に咲いた桜を眺めながら、ゆっくりと公園の中を散策しました。また、道中の車内では桜にちなんだ思い出話に花を咲かせていました。
今回は、約80名もの方にご参加いただきました。
今年は、気温も少し低く桜が咲いている期間も長かったので、多くの利用者の方に桜を楽しんでいただけました。
今年もリハビリステーションピースを利用していただくことで、元気に健康で過ごされ、来年もまた利用者の方とお花見を楽しむことができたらと思っています。

ピースガーデン倉敷 介護士 林 孝光

ピースガーデン倉敷だより ~3月ひな祭り(桃の節句)~

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

春の柔らかな日差しを感じるようになりましたね。

さて、ひな祭りにはひな人形をかざり、ちらしずしや、はまぐりのお吸い物などの料理で祝います。最近の住宅事情では本格的な段かざりをかざることはむずかしいですが、内裏びなとひなあられ、桃の花などをかざるだけでも十分季節を感じます。親子でひな祭りの歌を歌ったり料理を作ったりすると、さらに実感がわきますね。

ピースガーデン倉敷でも、3月3日は、1階リハビリステーションピースから「あかりをつけましょ ぼんぼりに おはなをあげましょ もものはな ごにんばやしの ふえだいこ きょうはたのしい ひなまつり♪」・・・と、ご利用者さんの明るく元気なうれしいひなまつりの歌声が響き渡り、私たち職員もその歌声に顔を見合わせにこやかに幸せになりました。

 

ひなまつりのおやつには、桜色のかわいいロールケーキ。

昼食の品書きは、梅ちらし寿司・がんもどき・あさりと湯葉のすまし汁・ひなあられ。

 

4階グループホームでは、おやつ時間に、ご利用者さんと一緒にすし桶2個分のちらし寿司を作りました。エプロン・三角斤姿に着替え、「あなごを切る担当」、「たまごを切る担当」、「ごまを擦る担当」、「うちわで扇ぐ担当」、「酢飯を混ぜる担当」と役割分担をしてから始めました。すり鉢にすり棒を使ったごま擦りはとても上手に擦ることが出来、「季節を感じるわ」「ひな祭りを感じるわ」ととてもよい表情で、皆で盛り付けをした後おいしく頂きました。

そして、今年も3階ショートステイ入口に、七段飾りの素敵なひな人形が飾られています。

ご利用者さん方は「豪華で綺麗だねぇ」「今は少なくなりましたが、昔は大小かかわらずどの家庭にもありましたよね」と昭和の初期頃を思い出し懐かしんでおられました。

皆さま、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~

 

 

ピースガーデン倉敷 事務 N.Y

ピースガーデン倉敷4周年を迎えました

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

ピースガーデン倉敷は平成29年2月1日をもって、めでたく4周年を迎えることができました。お昼から1階リハビリステーション ピースに各階からご利用・ご入居の皆さまが集まり、祝賀会を開きました。今年はドナルド・マクドナルドさんを迎え、歌を歌ったりゲームをしたりと皆さんで笑いの絶えない楽しい時間を過ごすことができました。
私は2階にある地域密着型特別養護老人ホームで機能訓練指導員として勤務していますが、この3年間を振り返ってみるといろいろな出来事がありました。
毎日を楽しくご入居の方と過ごさせていただいていますが、当然特養なのでつらい別れもあり・・・日々の生活の中での気付きも多く、ご入居の方々がふとした場面で見せてくださる『思いやりの心』にはいつも感心させられます。
長いご入居生活の中では大きな変化はないかもしれませんが、季節を感じその時その時の気持ちに寄り添いながら、今の元気な体を維持していけるように関わりを持っていきたいと改めて思いました。

ピースガーデン倉敷 特養ピースガーデン M

*許可を得て写真を記載させていただいています。