カテゴリー別アーカイブ: ケアハウス

ケアハウス6月食事ツアー~とんかつを食べて夏を乗り切きる力に

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

6月21日(水)ケアハウス6月の食事ツアーで、「とんかつ 浜勝」へ行ってきました。既に暑い日が続き、何だか身体がだるいと思う季節になってきています。そうなるのを予防したいと思い、お肉を食べて力を付けようという目的での食事ツアーでした。
当日のご参加は9名と職員2名で出発。皆さん、「とんかつ」というと、お肉が硬いというイメージが強かったようで、いつもより少しご参加が少なかったです。
お店は、スロープもあり、バリアフリーなのでシルバーカーを利用される方も負担なく利用できました。

食事はテーブルに用意してあり、着席すると皆さん揃って食べ始めることが出来ました。ちょっと心配しましたが、さすがは揚げたてのとんかつです。 「お肉は柔らかくで食べやすいね。」「あまり油ものは食べなくなったけれど、美味しく食べれるし、外出して食べると雰囲気も違って食が進みます。」という声が聞け、参加して頂けて良かったと思いました。家庭では柔らかく揚げるのが難しい揚げ物。自分でも作りますが、プロの味はだせません。
おかわり自由のご飯、キャベツをお代わりされた方は3人居られました。細かくて柔らかいキャベツが食べやすかったようです。
デザートのミルクセーキシャーベット、ちょっぴり小さめですが、デザート付はお得感満載。皆さん、ほぼ完食されました。
「あーお腹いっぱい」暑い夏が乗り切れそうです。
また7月も食事ツアーを企画していますので、1人でも多くの方に参加して頂き、外出の機会を少しでも増やすことが出来るようにお手伝いしていきたいです。
ケアハウス 生活相談員  N

ケアハウスで笑いヨガ始めました

中国地方も梅雨入りし、毎日うっとうしい日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
ケアハウスでは今年の2月から、入居者ご家族様からのボランティア申し出があり、笑いヨガ教室を開催しています。
ところで、皆様は、笑いヨガって知っていますか?最近テレビや新聞などでも取り上げられている、健康に良いと話題の笑いの健康体操です。おかしさや、ユーモアを使わず、体操として笑います。そのうち不思議な事に、自然に笑えるようになって来ます。笑いにはリラックスしたり、肺を大きく膨らませる等の健康効果がありますが、自然な笑いでも、体操としての作り笑いでも、人間の脳は区別がつかず、身体への健康効果は同じであると、科学的に実証されているそうです。どうせ同じなら、笑わにゃ損ですよね!私が笑いヨガに最初に興味を持ったのは、2年ほど前の高尾代表の講話で、入居者の方から、笑いヨガをやってほしいとの要望があったときです。その時は、笑いヨガって健康にはよさそうだけど、どうやっていいものかまったく見当がつきませんでした。その後テレビやインターネットで笑いヨガを目にする機会があり、これなら、体操や行事にあまり参加されていない入居者の方にも、今までとはちがうアプローチができるのではないかと考え、自分なりに笑いヨガについて積極的に勉強するようになりました。デイサービスのプログラムの準備体操代わりに、少しずつ取り入れるようにしたり、ケアハウス内の勉強会で、他の職員にも笑いヨガの素晴らしさを知ってもらいたくて、実際に体験してもらったりと、いろいろ取り組んでいたところ、思いがけず笑いヨガ教室の話があり、私も、サブとして一緒に参加させて頂き、ますます笑いヨガの魅力にはまっていきました。そんな時に「笑いヨガリーダーの認定講座を受けてみないか」との嬉しい話を頂き、2日間の研修を終え、晴れて笑いヨガリーダーの認定を受ける事ができました。
そして5月25日。初めて自分が主となって展開するケアハウスでの「笑いヨガクラブ」を開催する事ができたのです。あの時の入居者の方からの一言から、時間はかかりましたがやっと約束を果たすことが出来ました!当日はケアハウス、デイサービス合わせて、31名の参加があり、大いに盛り上がることが出来ました。終了後は、「楽しかったよ」「また来るからね」とうれしい言葉を頂き、なにより嬉しかったのは、体操等の参加を拒んでいた車イスの入居者の方が初めて参加され、喜んで頂けた事です。来月もまた、皆様に喜んで頂けるような、楽しいプログラムを考えたいと思っています。毎月第4木曜日に開催しています。興味をお持ちの方は是非遊びに来て下さい。

ケアハウス ドリームガーデン倉敷 介護福祉士 N

2017春の日帰りバス旅行開催報告

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

5月10日(水)に、ケアハウスドリームガーデン倉敷 ローズガーデン倉敷 グランドガーデン南町の3施設合同で山陰・松江城のお濠を舟で遊覧する「松江堀川巡り」日帰りバス旅行に行ってきました。
当日は薄曇りの天候でしたが、何とか雨は降らず総勢41名(職員含む)で出発です。壮大な宍戸湖に出迎えられ、松江市街地に入り小泉八雲生家や松江城を眺めているとあっという間に乗船場に到着。いよいよ「堀川巡り」です。4隻に分かれて船頭の威勢のいいガイドを聞きながらゆったりとお濠を進みます。普段の目線と違い水面から眺める景色は、新鮮かつ何処か懐かしくもある風景で、皆さんの表情がとても楽しそうでした。堀川には17つもの橋がかけられており、うち4つは橋桁がとても低く舟の屋根を下げて乗船している皆さんも身を屈めないと通れません。船頭の「ひかえおろ~」という掛け声に合わせ屋根すれすれでくぐる時に身を屈めると、皆さん童心に帰って探検をしている時のようなワクワクした顔になっていました。流れる景色は、木々が生い茂った自然豊かな風景からビルが立ち並ぶ市街地、城下町の名残ある街並みへと変わり、それぞれに趣がありました。約50分の遊覧もあっという間に終わってしまいました。
遊覧後は、皆さんお待ちかねの食事の時間です。松江堀川地ビール館で、名物の松江地ビール「ビアへるん」、しまね和牛やしじみ汁、出雲名物割子そばなどの山陰名物を取り揃えた内容で皆さん「美味しい!」と大好評。それぞれお好みの味を堪能されていました。
帰路は、しばし心地よい疲れとバスに揺られながら倉敷へ。途中ローズガーデン介護福祉士の山本主任と本地さん出演の実演DVDを見ながらの笑いヨガに車内は笑いと活気で大盛り上がりし、皆元気に笑顔で帰ってくることができました。現地での滞在時間が短く、移動距離が長いという冒険でしたが、歩行移動距離が短く疲れが少なかったのではと思います。車内の活動も、参加者の元気を復活させました。次の旅行も皆さんに参加して良かったと感じていただける旅行を計画します。

ケアハウスドリームガーデン倉敷 介護副主任M

ドリームガーデン倉敷「お花見食事ツアー」開催

 平成29年4月5日(水)、今年もケアハウスドリームガーデン倉敷とデイサービスドリームと合同でお花見食事ツアーへ行ってきました。49名がご参加くださり、バスで日帰り旅行の先導役、職員恒例のバスガイドの面白おかしい話を聞きながら、最初にたどり着いたのは岡山いこいの村です。出迎えたのは大きな「しだれ桜」。満開の桜を眺めていると、気分も華やかになり、ますますこの旅が楽しくなりました。
岡山いこいの村では、身が分厚いお刺身が盛ってある『お刺身御膳』を食べました。もちろん、お花見に欠かせないビールや焼酎などのお酒も忘れずに注文。さらに、今年は特別に『鶏鍋』も追加注文し、皆さん仲良く昼食を頂きました。ケアハウスで食べる機会が少ないお刺身は、皆さんに大人気で「分厚い刺身だ。嬉しいなあ。」、「入れ歯じゃなかったら、よく噛めてもっと美味しいよ!」と喜んでいただけたようです。昼食時間が、ちょっとした宴会のようでした。まさに、お花見宴会です!
次に向かった先は、道の駅一本松展望園です。ここでは、お買い物タイム。野菜や果物、佃煮、お菓子を買う方もおられれば、有名な塩アイスを召し上がられたり、カフェでコーヒーを楽しまれる方もおられ、自由なひと時を過ごしていただけたようです。
少し残念だったのは、昨年満開だった桜がまだ咲いていなかったことでした。でも、こうして一緒に一日旅行に行けたことは良い思い出となり、「また来年も行こう!」という楽しみが増えました。
出発前は「足が弱ってるから、楽しめるかな~。」と心配される方も、いざツアーへ行ってみると「リハビリ頑張ってたおかげかな?なんだかんだで行けたわ~。また行けるかな。」と最後まで自分の足で歩けたことが喜びと自信に繋がったようです。
また来年も参加できるよう、リハビリも頑張って下さいね。
ケアハウス ドリームガーデン倉敷
介護福祉士 Aさん

(※許可を得て写真を掲載しています)

ケアハウスドリームガーデン倉敷☆春の散歩会

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

 朝晩の気温差が気になる日もありますが、春の日差しはとても暖かく感じられるようになってきました。快晴の空と、太陽の陽に当たれば心も上向きになってきます。
3月17日(金)9時~朝の散歩会を始めました。倉敷川の土手を往復30分の道のりです。河津桜は、満開を少し過ぎた辺りか、色は少し薄くなり、葉っぱが見え隠れしていました。まだまだ花は綺麗なので、ご入居の皆さんに楽しんで頂きたく、散歩開始日を少し早めました。

お元気な方は、自分のペースでこの土手を歩かれています。また、歩きにちょっと自信の無くなった方でも早朝の車の少ない時間帯、近くのコンビニまで、あるいは駐車場内散歩をされています。初日集まったのは、11名。少ないように感じられますが、個々に歩かれるペースが違うので自転車や、たまに車も約10mほど通る場所がある為、ご入居の皆さまの安全確保には一番気を付けています。なので、付き添い職員1名ではちょっと緊張があります。
ご参加の方の中には、冬の間で歩くことに自信がなくなられる方も中にはおられます。シルバーカーを押して歩くと、石や枝、アスファルトのヒビなどに引っかかって歩きにくいという方。そんなこともリハビリと前向きな方も。部屋の中ばかりに籠っていたのではいけません。「足の訓練じゃ、あんたも行こう」とお互いに声を掛け合っておられます。
車での移動が多くなったこの頃ですが、ご入居の皆様と歩く事で一緒に春の匂いや川の音といった季節を感じる事の出来る楽しい散歩会です。ケアハウスに到着後は、「またこの後体操があるから、がんばらんといけんな~」と温かいお茶を飲みながら一息。
一人で散歩に行くのは少し不安をお持ちの方もおられます。しかし同じ階にいるあの人が行くなら、職員さんも付いてきてくれるなら行こう。と思って参加して下されば嬉しいです。参加者が増えるよう、食事の際などお声かけしていきます。

生活相談員 難波

冬のお食事ツアーご報告~ケアハウスドリームガーデン倉敷~

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

まだまだ肌寒く、八軒屋では時折冷たい風が吹くことがありますが、1週間前、ご入居の方が「ケアハウスの庭に梅の花が1つだけだけど、咲いてるよ!」と教えてくださいました。早くも春の訪れを感じさせる出来事でした。可愛いピンク色をした梅の花を見ていると、「やっとケアハウスにも春が来たな。」と実感が湧いてきます。

さて、先日、親睦も兼ねて、冬の味覚を堪能する食事ツアーへ行ってきました。どこへ行ったのかというと・・・あの有名な『かに料理 甲羅』です。
久しぶりの食事ツアーだったこともあり、21名のご入居の方が集まり、車3台で外出。「どんなカニが出るかな?楽しみだわ~。」とケアハウスを出発してすぐにも関わらず、車内は大盛り上がり。楽しみにしてくれていたんだな~と職員もワクワクした気分になりました。
かに甲羅へ到着すると、いつもマイペースに歩かれる方が、早い足取りで店内に入るという違った一面を見ることもできました。
カニのお刺身があるコース料理やかにのステーキ、かにの太巻き、かに雑炊など皆さんと一緒に堪能し、甘くて身の引き締まったカニ等をお腹いっぱい食べることができました。お互いにお酒を注ぎあったり、おかずを交換し合ったり・・・。美味しい食事を目の前にすると自然と会話が弾み、家族のような温かい関係になった気がします。
これからも、楽しいことは一緒に笑い、辛い時は一緒に寄り添えることができる様な温かいケアハウスを目指していきたいと思います。次回は春の味覚を堪能する為、お花見ツアーを予定しています。美しい桜と美味しい食事を味わえる贅沢ツアーです。良い報告ができるように頑張ります!!

最後となりましたが、かに甲羅のスタッフの皆様方には大変お世話になりました。この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。

ケアハウスドリームガーデン倉敷 介護福祉士 Aさん

2月3日デイサービスドリームに福が来た!

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

立春を過ぎ、こよみの上では春。とは言っても、まだまだ寒い日が続いてる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?デイサービスドリームでは、季節ごとに、いろいろなイベントを行っていますが、今回は節分の1日を紹介させて頂こうと思います。
2月3日金曜日。いつものように、利用者の方が次々に来所され、いつものようにバイタルチェックを済ませると、それぞれ機能訓練や創作などに取り組まれ、朝の体操に参加。体操が終わると、その日最初のイベント。ドリーム食堂の開始です。今回は、豚汁といも煮を合体。2つのメニューの材料をどっさり入れた、豪華豚汁を作りました。有志をつのり、野菜を切る作業をお願いすると、さすがは長年主婦として、家族のために毎日料理をされていただけあって、手際良く、ごぼうににんじん、里芋にカブなどのたくさんの材料も、皆様の手にかかれば、あっという間に下ごしらえが完了し、あとはぐつぐつ煮込むだけ。いつものデイルームから多目的ホールに移動し、昼食の時間です。いつもは、小食の利用者様も、あつあつの豚汁を、おいしいおいしいと、皆様完食されました。お腹もいっぱいになり、しばしの休憩。
朝から「今日は、節分だから、ケアハウスに鬼が来るらしいよ。」と皆様の間では、うわさになっていたようで、午後のプログラムが始まり、少し体を動かした後、皆様の背後から、大きな青鬼と、かわいらしい赤鬼が出てくると、大きな歓声があがり、以前創作の時間に作っておいた、豆に見立てたおてだまを、元気いっぱい、「鬼は―外、福はー内」。今年の鬼は、ちょっとやりすぎな感じもありましたが、皆様は、おお喜び。ホールには、笑い声があふれ、たくさんの福を呼び込めたようです。
これからも、デイサービスドリームでは、皆様の笑顔があふれるような、楽しいデイサービスを目指して、職員一丸となって、頑張っていきたいと思います。近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

介護福祉士 N

平成29年 ケアハウスドリームガーデン倉敷 新年会&1月誕生会

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

IMG_2661 とても穏やかな年明けでしたが、寒波の襲来で震えあがっています。皆様、インフルエンザ大丈夫でしょうか。
ケアハウスドリームガーデン倉敷では、1月19日に社会福祉法人全仁会の役員の皆様、全仁会グループ関係者をお招きし、ちょっと遅めの平成29年ケアハウス新年会・1月誕生会を開催いたしました。最初に高尾公子副理事長の挨拶をいただきました。挨拶の中で、ケアハウス外壁の塗装工事が行われることについてお話があり、外観リフレッシュしご入居の皆様に気持ちよく過ごしていただけるよう職員も努力してまいりますと力強く宣言されました。続いて来賓代表として評議員の大森様から新年の挨拶を頂戴しました。
大森様は田ノ上町内会ジャンボかぼちゃ同好会の役員も担われ、昨年は大人がやっと抱えきれるくらいのジャンボかぼちゃをケアハウスにご披露いただきました。今年はもっと大きなかぼちゃを楽しみにしています。
乾杯はご入居の皆さまを代表して、酉年ご入居最年長であるYさんに音頭をとっていただきお屠蘇で乾杯をしました。Yさん、練習では笑顔いっぱいでしたが本番はちょっと緊張感が勝ってしまわれたようです。乾杯の発声は、しっかりした声が出ました。IMG_4066料理も新年に相応しく、3種刺身に加え鴨ロースをメインに彩り綺麗なお膳が皆様に振る舞われました。1月の誕生者は9名で、小さな花束を誕生者に贈呈後「お誕生日の歌」で会場の皆さんでお祝いしました。
続いては、皆さん楽しみにされている恒例の職員による「新春大笑い」の時間です。今年の干支である酉に扮した職員2人が会場に登場。IMG_2690
ステージ上で、昔懐かしい「ゴム飛び」に挑戦です。新年に相応しく華麗に羽ばたく筈でしたが、恰幅のいい酉なので上手く飛べません。ちょっとかっこ良く動けない酉さん、入居者は声高に笑って下さり酉さんちょっと嬉しかったようです。そこに、年末年始とメディアを賑わしたあのピコ太郎さんが登場。ゴムを颯爽と飛んだ後は、お決まりのリズムに合わせて2羽の酉と共にPPAPダンスを披露。男性職員のダンスに負けじと女性職員2人がステージに飛び入り、これまた2016年の話題の「恋ダンス」を披露しました。入居者の皆様も、いつも大人しい職員のキレキレダンスに満面の笑顔でした。IMG_2715
素敵なダンスの後は、新年恒例の開運ご祈祷です。今年はシルバーの髪にミニの巫女さん衣装に扮したO科長が会場を回り、皆さんに幸多かれと祈祷。福袋を配布した後は、いよいよ「ドリーム大抽選会」。テーブルに配布した干支の飾り紙の裏に記載された抽選番号に、皆さんは釘づけになって自分の番号が呼ばれるのをドキドキしながら待ってます。一つ、そしてまた一つと当選番号が呼ばれると歓声と落胆の声が入り混じり大盛況。当たらなかった人も笑顔で残念でした。最後は渡邉施設長の挨拶にてお開きとなりました。
IMG_2615今年一年、酉のようにご入居の皆さんと共により羽ばたく一年になるよう、職員一同頑張っていきたいと思います。

ケアハウス 介護副主任 S.M

ケアハウス&デイ・ドリーム 望年会開催

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

12月もいよいよ残り僅かとなりました。寒さ厳しく体調を崩しやすい時期でもありますので、皆様お体にお気を付けください。
12月26日(月)に、ケアハウスとデイサービス・ドリームの皆様で望年会を開催しました。
p1180335施設長の挨拶で会は始まり、「乾杯」の音頭は沖田科長でした。昼食と併せて毎年人気のメニューである「おでん」を皆様にお召し上がりいただきました。大根は施設長の田舎でとれたもので、味もしっかり中まで染み込み美味しく仕上がっていました。こんにゃくが意外に人気あり、お替わりをされる方もいらっしゃいました。 p1180398
お腹が満たされたら、次は恒例のビンゴゲームです。ご参加の皆さまは次々に発表される数字と手元のビンゴカードをにらめっこしながら、早く一列が並ばないかと気が気でない様子。そうするうちに、最初のビンゴが出てきました。
p1180395プレゼントを手に、思わず顔がほころんでいます。その後も次々にビンゴが出て、あっという間に用意した景品は無くなりました。一番最初にリーチをかけたIさんは最後の最後にやっとビンゴとなるも、同時に2名で景品は残り一つ。じゃんけんをして負けちゃいました。Iさんは景品を獲得できず、ちょっとがっかりされていました。 p1180389
続いて、職員による出し物「あなたは当てれるか?千里眼ゲーム」です。これは、ステージ上で箱の中に職員が手を入れ、その形状や材質の特徴を言って参加者に箱の中身を当ててもらうものです。職員の「ざらざらしている」「とんがっている」「穴がいっぱいあいている」等の情報を元に、頭を巡らせていらっしゃいました。しかし、そこは人生の先輩。次々に中身を言い当てていきます。頭の回転は、まだまだ早いです!
p1180405 楽しい時間もあっという間に終わり、石川部長の挨拶にて閉会となりました。帰り際に、「楽しかった!」「来年はビンゴを当てたい!」「おでんが美味しかった!」等とてもご満足いただいた表情で部屋を後にされていました。望年会は、皆様が大変楽しみにしてくれている年間行事の一つです。望年会の名の通り、来年への思いを馳せた会となりました。

ケアハウスドリームガーデン倉敷  介護副主任 S.M

ケアハウス・デイドリーム 11月誕生会・運動会開催報告

カテゴリー: ケアハウス | 投稿日: | 投稿者:

211月17日(木)、ケアハウスドリームガーデン倉敷にて、11月誕生会・運動会が開催されました。誕生会では、施設長の挨拶に続いて11月に誕生日を迎えられる12名を紹介。ミニ花束のプレゼントを一人ずつ手渡し記念撮影。全員で「ハッピーバースデイ」を合唱し、誕生月の皆さんを祝福しました。昼食はサーモンとイクラのお寿司、ぶりの入った粕汁、きのこの和え物、ケアハウス園庭で収穫した柿等心も体も温まる豪華なものでした。
昼食後の第2部では、恒例行事で第10回ケアハウス運動会を開催しました。渡邉施設長率いる赤組と坂本主任率いる白組に分かれて、準備運動の後に代表選手による選手宣誓。力強い宣誓をいただきました。
p1180092第一種目は、「椅子に座ってのカーリングゲーム」。的をめがけて自分のチームのボールを転がし、より多くのボールを的に入れる競技です。各チーム5人の選手が順に交互に的にめがけてボールを転がすも、的を逸れたり止まらなかったり。各選手の一投ごとに歓声とため息が入り混じり、つい立ち上がってしまったり力が入っている様子が伝わります。
第二種目の「綱引きもどき」は、綱に通された輪をお互いの綱の裁きにより相手に送り込んだ方が勝ちという競技です。各チーム5人の選手が椅子に座った状態で綱を裁き、輪を相手チームに送るのですが、綱を脇に挟みこんだり引っ張り過ぎたりと大ハッスル。施設長のちょっとしたズルにも笑って手を叩いてくださる方々に感謝感謝です。p1180085
第三種目の「玉入れ」は、各チーム10人が出て円を作りその真ん中にポールで高く固定した籠に投げ込む競技。座ったままで投げ込むよう取り決めていたのですが、熱が入り立ち上がる姿も度々ありました。玉入れの球を拾うのは職員の役割です。早く玉を渡して欲しいとイライラしながら受け取って、玉をしっかり籠に入れ、「やったやった!」と声を出して喜ばれる姿に、まだまだ元気あるじゃないと嬉しくなりました。
三種目終えて、結果は仲良く同時優勝となりました。
運動会というと、転倒や疲労と事故を心配してしまいがちです。今年もどうしようかと悩みましたが、新しいゲームとオーソドックスな玉入れを実施しました。見ているだけの出し物だと参加されない方も実践には参加下さったり、体験型のプログラムであるカラオケに次いで運動会は人気です。とても楽しい時間でした。

ケアハウス 介護副主任 S.M