カテゴリー別アーカイブ: ヘイセイ鍼灸治療院

脈診で何が分かるのか

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

先日、肩こりで鍼灸院に訪れた患者さんの脈を取った際に「お腹がちょっと弱いですね」と私は言いました。すると患者さんは少し驚いた様子で「えっ、脈でそんなことが分かりますか?」と尋ねられました。実はこの患者さんは診察前に訴えがなかったものの、普段胃腸の機能があまり良くないようです。

脈診は漢方・鍼灸医学の診察方法の一つです。昔、検査する医療機器がなかった時代は患者さんの病状を把握するために、患者さんの訴える症状以外に、医者が目で見た、鼻で嗅いだ、耳で聞いた、手で触って感じた情報を頼って、患者さんの病状を判断していました。

脈診で取れた「脈位」、「脈形」、「脈勢」などの情報は、病気の位置、邪気の種類、体力の強弱、臓器機能の盛衰などを判断することに役に立ちます。古代の脈診は顔、頚部、腕、足など体表から触れる動脈の拍動部の多箇所を取っていましたが、後世になると、主に手首の橈骨動脈を取るようになりました。

両手の橈骨動脈をそれぞれ「寸、関、尺」の三部に分けて、またそれぞれの部位に「心、肝、腎」と「肺、脾、命門」などに割り当てて、例えば、左手の寸部は肺の代表点とし、右手の寸部は心の代表点としているから、その代表点から取れた脈はそれぞれ「肺」と「心」の機能状況を判断する材料になります。

更に脈はまた浮、沈、遅、数、弦、緩、緊、滑、渋、洪、微、長、短など二十数種類の形に分類されており、それぞれの脈の形はある特定の体質状態を現しています。

漢方医学の古典『黄帝内経』に「色と脈を合わせて診察することが出来れば、万全を期することが出来る」と記しています。つまり、脈診と望診(目で見た情報)を合わせて判断することさえできれば、ほぼ正しい診断ができるということです。

しかし脈診の技術を取得するのは難しく、長年実践しないとなかなか身につかないため、最近では脈診が得意な医者はだんだん少なくなりました。

ヘイセイ鍼灸治療院  甄 立学

ヘイセイ鍼灸治療院 電話:086-427-6688

鼻血に効く施術

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

1年も半分が過ぎ、セミも鳴き始め更に暑くなってきましたが、皆様お元気に過ごされていますでしょうか。
鍼灸院は暑さに負けず元気で頑張っています。さて、このように暑い時には熱い話!!鍼灸院で熱いと言えばお灸!!今回はお灸を使った施術のお話です。

当院では、火傷しないお灸が主流ではありますが、当然火傷する熱いお灸があり、これを直接灸といいます。皮膚に対して直置きするので多少の火傷を残すことになりますが、無理矢理、了承を得ずにお灸を行う事はありません。

馴染みの無い方は怖い印象があるかもしれませんね。しかし、昔は家庭でも行われていた伝統技術ですし、「灸を据える」という言葉は現代でも馴染みがある言葉だと思います。(馴染みがあっても怖いものは怖いですね)
今回はこの熱いお灸が鼻血に効果があったのでご紹介したいと思います。

40代女性の患者さん、月に1回ほど首こり腰痛などで鍼灸院に通われていたのですが、施術の途中に鼻血が出始めてしまいました。患者さんは「あぁ。またか。」詳しく聞いていると長年、突然起こる鼻血にも悩んでいて、しかも結構な頻度で出るので困るとの事。
そこで登場したのが直接灸!!左右の合谷(ごうこく)というツボに対して3回。たったこれだけだったのですが、翌月来られた際に鼻血は全然出てない。同じことを繰り返し現在に至りますが、この方はお灸で鼻血が止まっています!!
「年中あんなに出てきていたのに不思議」と喜ばれたので、今回ブログで紹介させていただく事も快諾して頂きました。

この合谷というツボは手にあるツボなのですが、ツボの流れは、人差し指の先から始まり最終的には反対の鼻の横に繋がっているツボになります(写真)ですから鼻の症状にまで効果が期待できたのです。

自分でお灸を据えるのは難しいですが、鍼灸の施術には色々な道具や方法があります。今回の熱いお灸はその一つですので、更に知りたい、体験したい方はヘイセイ鍼灸治療院でお待ちしています。夏の「熱い」鍼灸院でのお話でした。

ヘイセイ鍼灸治療院 shima

 

新人紹介

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!4月に新卒で入職しました、大元洸星です!今回は私の自己紹介をしていこうと思います。
1999年6月2日生まれ、見た目はスポーツ系で身長181センチと少し大きめです!
食べ物は基本何でも食べられます。身長が伸びたのも好き嫌いなく食事してきたおかげかもしれないです!
趣味は走ることと、最近は本を読むことにはまっています。高校では陸上競技部に所属し、短距離を専門にやっていました。走ることが昔から好きで、小さい頃はよく公園を走り回っていました。走ることが楽しいと思うのは陸上部の人にしか理解できないかもしれないですね。(笑) 今も身体を動かすことが好きです!
本は特定のジャンルの本を読むのではなく、なるべく色々なジャンルの本を読むようにしています。若いうちに色々なことを知っておきたいと思い、幅広い分野に興味を持つように心がけています。インターネットが普及しているこの時代で紙の本を読むことは時代遅れかもしれませんが、私は紙媒体のもので読んでいます。スマホはすぐに目が疲れますからね。(笑)
鍼灸師を目指そうと思ったきっかけは、高校時代にお世話になった鍼灸師の先生に魅力を感じたからです。部活動でケガをして精神的にも落ち込んでいた私ですが、鍼灸師の先生が親身になって話を聞いてくださったおかげで身体だけでなく、心も楽になったのを覚えています。その先生に憧れて鍼灸の道を目指そうと思いました。
皆さんに自分を受け入れてもらえるようにこれから頑張っていきますので、よろしくお願いします。
鍼灸院に新たな色を出せたらと思います!

ヘイセイ鍼灸治療院 大元

滲出性中耳炎の鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

50代の女性で、半年前から耳が聞こえにくくなり、耳鼻科に受診して滲出性中耳炎と診断さ、2回ほど水を抜きましたが、繰り返し水が溜まるので鍼灸を受けてみようと思って当鍼灸院に来られました。患者さんの訴えによれば、子供のころから疲労を感じやすく、大人になってからも耳鳴りや車酔いなどで悩まされることが多く、時に気分不良や嘔吐などの症状も現れるそうです。

その他に、患者さんの体質に関連する状況を尋ねてみたら、手足に軽いむくみが出やすく、腹部や四肢末端は冷えやすいようです。舌がやや大きく、歯痕があり、苔は薄く白い。これらの状況から見れば、患者さんの体質は「脾気不足、水湿停滞」だと考えられます。

体質は「脾気不足、水湿停滞」ですが、この体質状況を改善するためには、脾経のツボだけでは不十分であり、脾と機能上に密接に関連する胃経や大腸経のツボ、また水湿の代謝に関連する少陽経のツボを合わせてとる必要があり、さらに漢方医学の臓腑理論から考えれば、耳の機能は腎臓に関係が強く、慢性の耳の症状なら、腎気の弱さに関係することが多いので、治療する際に、腎の機能状況を配慮する必要もあります。

以上の状況を踏まえて、治療するには、脾胃の不足を改善するために、任脈の陰交と胃経、大腸経、脾経の足三里、豊隆、上廉(じょうれん)、陰陵泉などのツボを使い、さらに腎を補う太谿(たいけい)と水湿の代謝を改善する少陽経の地五会(じごえ)、中渚、天牖(てんゆう)、翳風(えいふう)などのツボを使い施術しました。

治療は週1回で継続し、1か月経った頃に冷えが以前より良くなっていると感じ始め、2か月頃には耳の症状に変化が現れました。3か月頃に聞こえにくさはほぼ改善しました。もともと疲労感も強く感じていたが、治療をしていくうちに次第に軽減し、忘れるぐらいになりました。体質の改善とともに、諸症状はほぼ軽減したり、無くなったりしましたので、患者さんも喜んでくれました。

ヘイセイ鍼灸治療院 MK

鍼灸治療で重症筋無力症の倦怠感を改善した1例報告

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

今回のブログでは、重症筋無力症の患者さんの症例を紹介します。

60代の女性で、鍼灸治療を受けられる5年前に重症筋無力症と診断され、ステロイド剤などを服用して治療を受けられておられる方です。 鍼灸院に最初ご来院された時には、「全身の倦怠感で一日中横になっていることが多く、瞼が重く、物をいつもぼやけて見える、体温は35度台、汗をかきやすく、手足が冷えやすい」などを訴えられました。以前には喘息、アトピー性皮膚炎などもあったそうです。

 

体質状況では、顔がくすんだ色で艶がなく、しかも腫れぽったく見えます。足も軽く腫れており、腹部と四肢末端が冷たく、舌が暗くてやや大きく、苔が白くてやや厚い、脈が沈んで細い。

以上の症状と観察情報から見ると、漢方医学の「脾胃陽虚、水湿停滞」と言う証に属します。
これに対して、腹部に温灸を実施して、主に公孫、三陰交、陰陵泉、豊隆、足三里などのツボを使って施術しました。

一回目の治療をした直後に、物をクリアに見えるようになったことに、患者さんが驚きました。その後、週に一回治療を続けているうちに倦怠感や冷えなどが徐々に軽減してきました。
治療してから5か月後に、家庭の事情で4か月ほど治療を中止していました。

治療を再開した際には、再び倦怠感や冷えが以前のように強くなっていました。
それから毎週一回で5か月治療を続けた後、倦怠感がかなり軽減し、体温が36度台になり、冷えも大分改善しました。

今までは毎日横になりたいばかりでしたが、今は好きな手芸を始められており、気功の練習も少しはじめられました。家事も苦にならず、毎日の活動時間がかなり多くなりました。

病気になる前にスポーツクラブで運動していましたが、この病気になってからはやめていました。今はまた通い始めても良いなと思い始めたそうです。
前後1年間で大分時間がかかりましたが、それなりの結果が得られました。

重症筋無力症は難治性疾患の一つであり、治療を始める前に効果が得られるかどうかは確信がありませんでしたが、一回目の治療で、目の症状が明確に改善したことで、患者さんにとって大きな励みになり、その後希望を持って治療を続けることが出来たから、このような効果が得られました。

難しいことであっても希望を持って努力し続けることは大事なことではないかと思いました

※写真はイメージです。

ヘイセイ鍼灸治療院  甄 立学

春の出会い

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

厳しい冬が過ぎだんだん春の気配が近づいてきていますね。こんにちは、鍼灸院のブログです。皆様はお変わりなく過ごされていますでしょうか。
さて、今回は来年度のお話をしようと思います。春といえば出会いの季節でもありますが、倉敷平成病院にも新しい顔ぶれが4月から多く増えます。色々な業種の方々が入職する予定ではありますが、なんと鍼灸院にも鍼灸師が1名増員予定です。詳しくは入職後、慣れてきた頃に本人が自己紹介をする事でしょう。楽しみですね!!
思い返せば私にも新入職員で入職が決まり、期待と不安でドキドキした事がありました。何年か経つとその時に感じたものを忘れてしまいがちではありますが、今回、鍼灸師が増えることでまた気持ちをフレッシュにして頑張りたいと思います。
令和3年度は新体制のヘイセイ鍼灸院をどうぞよろしくお願いします。

ヘイセイ鍼灸治療院 shima

下半身のしびれへの鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

下半身のしびれで鍼灸院を来院された40歳代の女性がいます。

半年前から症状を感じ始め、下腹部から両側の下肢にかけてじんじんとしびれるような違和感が現れるようになりました。最近では下肢へのしびれ感が強くなり、時には両腕や顔にもしびれ感の症状が現れます。病院で検査をしても異常はなかったので、神経内科の医師の紹介で鍼灸院に来院されました。

この患者さんは細身な体形で、もともと手足が冷えやすく、尿の出が悪いなどの症状があり、最近は食べても体重が減少していることを悩んでいました。日常生活で、以前は冷たい飲食を好んでいましたが、症状が現れてから控えるようにしていると話してくれました。舌診では舌体は薄く、舌色は暗い、脈診では弓が張ってるような脈で、腹部の打診では高音調のガス音あり、腹部全体にガスが張っています。
以上のことから、この患者さんの体質は「脾気虚(ひききょ)」で、さらに「血虚」「瘀血(おけつ)」があると考えました。

漢方医学の理論では、脾には運化作用の働きがあり、運化作用の中には飲食物を消化しその中の営養物質を吸収し、全身に巡らせる働きがあります。この営養物質が気血をつくる素になるので脾は気血生化の源とも言われています。脾の消化吸収機能が弱ることで腹部の張り感などの症状が現れ、気血の生成にも影響が現れます。また寒邪により気血の運行が停滞、血行不良を起こし瘀血を形成しやすくなります。この患者さんの場合、血不足により体を十分に養うことができず、瘀血により血行不良の状態が続いて、しびれるような症状が現れていると考えました。

これに対して治療は、胃腸の働きを促す中脘、天枢、気海、曲池、足三里のツボ、血液循環の改善に血海(けっかい)、地機(ちき)などのツボを用い、寒邪に対して腹部のツボに温灸を施しました。
施術後ほんの少しですがしびれが軽減していたそうで、その後週1回で4~5回治療を続けていくと、しびれ感はほとんど気にならなくなりました。食欲も以前より増しているということで、美味しく食事ができると喜んでくれました。患者さん自身、症状が現れてから体力つくりや飲食にも気を付けるようにしてくれていたおかげで、症状の改善が早く見られたと思います。

 

ヘイセイ鍼灸治療院 MK

伝統医学から疫病の予防を考える

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

新型コロナウイルスによる疫病が、世界規模で蔓延しすでに1年以上になります。今までこの病気の予防や治療において各国が実施した様々な方策は、目立った効果が得られていません。期待されているワクチンの接種は、既に始まっていますが、短時間で開発されたワクチンの安全性に関して、多くの不安の声がある一方、変異しつつあるウイルスに対する有効性も疑問視されています。

世界の人々が毎日不安の中で生活している現在、現代医学の奇跡を期待しながら、伝統医学の知恵を借りて努力してみる価値があるかもしれません。

疫病の対策において、現代医学は感染源の病原体の制御を重点に考えているが、伝統医学は個人の体質状況をより重要視しています。つまり、人々は同じ感染源が存在している環境の中において、同じ予防対策を取っていても、必ずしも全員同じように感染するわけではありません。その違いを生じる原因は、つまり個人の体質状況である。

体質の形成には様々な要素が関わっています。先天的な要素(生まれつきに物もの)があれば、後天的な要素(生まれてから生命力に関わるもの)もあります。先天的な要素は変わらなくても、個人の努力によって、後天的な要素を有効に生かせれば、疫病に強い抵抗力を持つ体質を作ること可能です。そのために、以下の方法は参考にしてください。

1、精神の集中力を高める。2千年前にできた中国伝統医学の古典である『黄帝内経(こうていだいけい)』の中に「精神内守、病安従来」という言葉が記載されています。その意味は「精神を煩労させず、常に体内に集中させて安定した状態を保てば、病気になるわけはない」ということです。精神を煩労させているのは、人間の欲望です。欲は少ないほど、精神の煩労が少なくなり、より集中しやすくなります。座禅、瞑想、気功修煉などの方法も補助的な効果があります。

2、正気を強める。同じ『黄帝内経』の中にまた「正気存内、邪不可干」という言葉があります。つまり「体内の正気が強ければ、邪気に侵入されにくい」と言う意味です。伝統医学の理論では、病気とは正気と邪気の戦いによるものであり、正気が強ければ、邪気が体内に侵入しにくく、侵入しても排除されやすい。正気を強めるために、栄養バランスの良い食事、規則正しい生活リズム、程よい労逸(ろういつ)の体の使い方などの面に気を付けるべきです。

3、経絡(けいらく)の通達を保つ。中国伝統医学の理論では経絡は体の正気(エネルギーや栄養物質)の通路です。経絡の通りが良ければ、正気が邪気のある所に届きやすく、速やかに邪気を排除したり、消滅したりしやすいです。経絡の通達を保つために、適切な運動や気功、漢方、鍼灸などの方法が有効です。実証されていませんが、経験から言えば、膏肓(こうこう)、気海(きかい)、足三里(あしさんり)などのツボに鍼灸を実施すれば、新型コロナウイルスの感染予防に効果があると思います。

さまざまな方法がありますが、正しい信念を強く持ち、安定した精神状態を保つことは一番重要かもしれません。「病は気から」ということはここにも通用します。

ヘイセイ鍼灸治療院  甄 立学

鍼灸院からの感謝

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

だんだん寒くなり冬らしくなりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。鍼灸院スタッフは現在のところ風邪にもコロナにも負けておりません。
さて、これが2020年最後のブログになります。今年が始まった時には、オリンピック楽しみだなと呑気に浮かれておりましたが、残念ながらコロナ一色の1年になってしまいました。そのような1年の中、無事に鍼灸院で施術が行えたことは当然ではなく、患者さんの協力があり成り立ったと、感謝の気持ちで今年のブログを締めくくりたいと思います。
まず、確保が難しい中マスクの着用をしていただきました。現在では入手しやすくなりましたが、当初は品薄で大混乱の中でも確保してくださったり、手作りでの対応など大変ご迷惑をかけました。当然、こちらの勝手なお願いにお叱りがあるかと身構えておりましたが、世間でニュースになっていたような着用拒否などで騒ぎにもならず、患者さんの協力がとても嬉しかったのを思い出します。
次に空調です。夏場の時期はマスク着用で、更に暑い思いをしている中窓を開けさせていただきました。近年の殺人的な暑さには当然冷房が効くわけもなく、辛い思いをされた方もいらっしゃっるのでは無いでしょうか。現在の冬にも言えますが、窓を開けると寒いです。気持ちの良い温度でお迎えしたいと心がけていますが、このような環境でも理解してくださり、患者さん各々に対応してくださって感謝をしております。
挙げ続けると長くなってしまいますのでそろそろ最後にします。スタッフや病院の心配、個々の独自対策での防衛など、我々鍼灸院は患者さんの心遣いに大変救われました。来年もどうなるかは誰にも解りませんが、皆様も我々も元気に、そしてノビノビ活動ができるよう願っています!!
それではよいお年をお迎えください!!

ヘイセイ鍼灸治療院 shima

 

胃の不快感の鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

胃の不快感を訴える患者に鍼灸治療で症状が改善されました。

患者さんは40歳代の女性で、以前から疲労が溜まると胃のムカムカ感や体がふわふわする感があり、さらに症状が悪化すると食欲もなくなり、時には腹満、下痢になることもあったそうです。

この患者さんの舌は淡白色で大きく舌周囲には歯痕があり、腹部の触診では胃のあたりに冷たくて、打診では高音調のガス音があり、腹部全体にガスが張っているようです。

漢方医学の理論では、脾は消化器の機能を管理する臓器であり、脾の働きが正常であれば、飲食物の消化吸収がうまくできますが、脾が弱ければ消化吸収はうまく働かなくなります。腹部の張り感、軟便などの症状が現れます。さらに水分代謝の異常で、水湿停滞を招きむくみや冷えなどを引き起こすこともあります。以上のことを踏まえて分析してみれば、この患者さんの場合は脾の機能低下による水湿停滞が考えられます。

これに対して、治療は、脾経の「陰陵泉」「三陰交」「公孫」などのツボを中心に、胃腸を整える「足三里」「曲池」「内関」「中脘」「天枢」、冷えに対して「陰交」などのツボを合わして鍼と灸を施しました。

治療直後から胃のムカムカ感は軽減し、腹部の張り感も緩和されました。しかし、日にちが経てば、また症状が現れます。週一回治療しているうちに、胃の症状は現れにくくなり、延べ5-6回治療した後、症状は再現しなくなり、毎日胃がすっきりしていて日常生活が過ごしやすくなったと喜んでくれました。

慢性の胃腸症状で悩まれている方が多くいると思いますが、薬などの治療法以外に、鍼灸治療も選択肢の一つであるかもしれません。

ヘイセイ鍼灸治療院 MK