カテゴリー別アーカイブ: ヘイセイ鍼灸治療院

小児の滲出性中耳炎に鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

3か月ほど前に5歳の男の子が滲出性中耳炎で当鍼灸院に来られました。お母さんは長年当鍼灸院を利用しており、小さい子も鍼灸を受けられることを知っていました。お子さんは1か月前から、中耳炎を患っており、服薬治療でなかなか良くならないので、手術治療をするように決めました。手術の予定日までには2か月ほどの時間があり、その間に鍼灸治療を受けてみて、良くなれれば、手術を受けなくてすむし、良くなれなくても体質が向上できて、術後の回復が早くできるのではないかとお母さんはそう思い、お子さんを鍼灸院に連れて来られました。
このお子さんは、滲出性中耳炎以外に、数か月前にかぜが引いてから、なかなか良くならず、今でも咳、鼻づまり、睡眠中のいびきなどの症状が残っています。また、胸部と腹部に水イボが数個出ています。
これに対して、足の陽明胃経、足の太陰脾経、手の太陰肺経、手足の少陽三焦経と胆経のツボを取って鍼灸治療を施しました。数回治療した後、咳、鼻づまり、いびきなどの症状が良くなり、イボも消えました。2か月未満の間に12回治療した後、耳を再検査したら、中耳の滲出液も消えたので、手術しなくて良いと耳鼻科の医師に言われて、予定した手術をキャンセルしました。
この子供さんの例には、二つの特徴があることを強調したいと思います。一つ目はお母さんが鍼灸に対して非常に良く理解しています。一般的に中耳炎で鍼灸治療を受けてみようと思う人は非常に少ないと思います。二つ目はお子さんの勇気です。普通、小児に小児鍼(皮膚摩擦)で治療しますが、この子は最初からまったく怖がらないので、大人に刺入する鍼を使いました。以上の2点があるから、治療がスムーズに行うことができ、早いうちに良い効果が得ることができたと思います。

ヘイセイ鍼灸治療院 甄立学

痛みが強い変形性膝関節症

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

8月も半ばですがまだまだ暑い日が続く日々。涼しいクーラーの中でのんびりテレビでも見ながら過ごしていたいですね。ですが子供たちは夏休み。「子供と遊びに~」「私も夏休みでどこか旅行でも~」と考えている方もおられるのではないかと思います。子供を遊びに連れて行くにしても、旅行先で観光するにしても、外出するならば歩かないといけません。でも足が痛いと外に出たくないですよね。せっかく外に出るなら楽しみたい!そこで今回は痛くなりやすい膝についての鍼灸治療を紹介したいと思います。
先日40代の女性患者さんが来院されました。今年の4月から変形性膝関節症が悪化し膝が抜けて痺れるような痛みがあると言われ、足を一歩踏み込む度に激痛が走り痛み止めが効かず、歩き方も膝を庇って歩いている状況でした。強めの痛み止めを処方してもらって対処しているけれどなるべく薬は飲みたくないし、早く楽に歩けるようになりたい。と言われていました。「変形は元に戻りませんが、膝の痛みは楽になると思いますよ」と説明納得した上で治療を開始しました。治療で主に使用したツボは膝周りの「足三里(あしさんり)」「鶴頂(かくちょう)」「陰陵泉(いんりょうせん)」です。この3つのツボは膝痛によく効いてくれます。2日続けて計2回治療し、患者さんが自覚する痛みを、NRS(直線を〈痛みがない:0〉から〈最悪な痛み:10〉までの11段階に区切って、患者さん自身に現在の痛みに相応する数値を示してもらい、痛みを評価します)を用いて評価したところ10→2にまで減少しました。女性患者さんは治療後に、痛みが少ないから膝を庇うことなくスタスタと歩いて帰れる!これなら仕事も頑張れそう!と嬉しそうに帰られました。
痛みが少し楽になるだけで日常生活の質は向上します。猛暑を振るった夏も残すところあとわずか。涼しい部屋でテレビを見るだけではなく、十分な熱中症対策をした上で外にお出かけや、この夏やり残したことを楽しみたいですね!

ヘイセイ鍼灸治療院 鍼灸師 marupei

逆子の鍼灸

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げております。なんとか鍼灸院スタッフは声を掛け合いながら頑張っています。
さて、今回は同期の話をしようと思います。入職してとても仲良くなり、そして頼りになる仲間です。最近結婚して子供を授かり、おめでたい事が続き喜んでいたのですが、逆子になってしまったと連絡があり、鍼灸で何とかならないかと言われました。
もちろん、治る可能性がありますし、挑戦することになった同期と、その赤ちゃん。33週目で、もっと早くだと治る可能性は高くなるのですが、治ることを信じて熱いお灸に耐えてもらいました。
鍼を数本、そして、至陰という足の小指の外側にあるツボに直接お灸をして、おしまい。施術中赤ちゃんの動きが活発になり治る事を期待したのですが、1週目はダメ。2週鍼灸してダメなら諦めようと話をしていましたが、最後の最後になんと治っていました。検診を終えた同期がすぐ連絡をくれ、とても嬉しく思いました!!合計4回施術をしましたが、ほんとに治って良かった!!
元気な赤ちゃんを産んでもらって、この暑い日々を吹き飛ばすような笑顔を2人分見せてくれる事を待っています!!

ヘイセイ鍼灸治療院 鍼灸師 shima

 

抗うつ治療後に現れためまい

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

40歳代の男性がめまいやふらつきなどを訴え、当鍼灸院に来院されました。8カ月前にストレスから不安感や胸の圧迫感が現れ、心療内科で抗うつ剤の治療を開始しました。5カ月後には症状が落ち着いてきたので減薬し始め、それから2カ月後に症状の再発はないので、すべての薬を止めました。しかし、完全に薬を止めてから1週間後に、めまい、ふらつき、思考力低下などの症状が現れました。この患者さんは抗うつ剤の治療を再開せずに鍼灸治療で症状を改善したいと思って、当鍼灸院を訪れました。

この患者さんには上に述べた症状以外に、腹部に冷感があり、時々下痢をし、右の脈は緊、舌質は暗く、舌苔は薄白、舌面に水分が多い。以上の状況からこの患者さんには、胃腸に水湿と寒邪の停滞があると考えました。

治療は、胃腸の働きを良くして水分代謝を促すツボとして曲池(きょくち)、上廉(じょうれん)、足三里、中脘(ちゅうかん)、天枢(てんすう)を取り、冷えに対して三陰交、陰交を取り、頭脳の気血運行を改善するために下関(げかん)、攅竹(さんちく)、百会(ひゃくえ)などのツボを取って鍼灸を行いました。

1回目の治療後の翌日からすべての症状が軽減し、週1間隔、数回治療した後、症状が完全に治まりました。
うつと診断された患者さんですが、胃腸の機能改善を中心に治療した結果、症状は完全に良くなりました。症状だけにとらわれず、体質の判断から治療を施すことの重要性は改めて認識できました。

ヘイセイ鍼灸治療院 MK

 

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の鍼灸治療

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

眼瞼痙攣はよく見られる症状ですが、症状が軽い場合、病院にも行かず、自然緩解を待つ人は少なくないようです。まれにこのような患者さんは鍼灸院に訪れる場合もあります。
先日、眼瞼痙攣のため、当院に訪れた30代の女性患者さんがいました。この患者さんは一週間前から右目の下眼瞼がビクビクして、気持ちが悪いと訴えました。
鍼灸医学の理論では、目全体の機能は肝臓との関係が密接であり、目の周囲の筋肉の痙攣は、肝血虚による虚風内動(きょふうないどう)の症状だと考えられます。さらに五輪説の分類から言えば、眼瞼は肉輪(にくりん)に属して脾に関係が強く、目頭の血絡は血輪(けつりん)に属して心に関係が強く、白目は気輪(きりん)に属して肺に関係が強く、黒目は風輪(ふうりん)に属して肝に関係が強く、瞳仁(瞳孔)は水輪(すいりん)に属して腎に関係が強いなので、眼瞼の症状は脾の機能不調にも関係していると考えられます。
以上の理論に基づいて、さらに患者さんの関連症状と脈や舌の情報を参考にして分析した結果、この患者さんの眼瞼痙攣は、「肝脾(かんひ)不調、血虚生風(けっきょせいふう)」によるものだと判断しました。
これに対して、「調和肝脾、養血熄風(ようけつそくふう)」の作用がある風池、曲池、内関(ないかん)、合谷(ごうこく)、足三里(あしさんり)、三陰交(山陰港)、太衝(たいしょう)、膈兪(かくゆ)、肝兪(かんゆ)などのツボを取って、鍼治療を施しました。治療後、眼瞼の痙攣が止まりました。

慢性化になれば、治療は難しくなる場合もあります。
症状は軽い段階で早期に治療すれば、早く効果が得られます。

ヘイセイ鍼灸治療院  甄立学

原因不明のめまいの鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!ヘイセイ鍼灸治療院のmarupeiです!今回は、めまいやフワフワしている感じ、難聴と耳鳴りなどの症状の事例を報告したいと思います。

Mさんは5年前に左側の突発性難聴にかかり左耳が聞こえなくなりました。併発して耳鳴りもするようになりました。その3年後、ストレスの影響もあってか朝起きると天井が回るようなめまいが起こるようになりました。毎日ではないですが朝起きた時に天井が回っていると1日中、目が回っているような感覚がすると言われていました。病院で検査しても異常はなく、鍼灸で少しでも症状が改善すればと思って来院されました。顔色や舌、脈などから、Mさんの体質を脾気虚と腎陽虚と判断しました。脾の気を補う為に「陰交」というツボにお灸をしました。腎に冷えがあったので補腎を目的とし「復溜」「太渓」というツボを主軸として選穴し全身の治療をしていきました。

Mさん自身鍼灸治療は初めてでしたが、実際に治療を受けてみると「思っていたより意外と痛くない」らしく全身の治療はスムーズに終了しました。1回目の治療後に入眠しやすくなり、そこから週に1回、合計6回治療した現在は「朝起きた時に天井が回ることがここ2週間なくなっている」と言われました。Mさんはゴルフが趣味らしく、今まではゴルフの日にめまいが起こるとキャンセルせざるを得なかったけれど、最近行ったゴルフでは不安無く行くことができたそうです。また、ゴルフの後はいつも右足の筋肉が引きつるようになるけれど、前回行ったゴルフ後には筋肉が引きつるような症状が起きなかったそうです。
鍼と灸の治療で全身のバランスを調節した為か、いい治療効果が得られた事例だと思います。まだMさんの難聴と耳鳴りの症状は残っているので、徐々に治ってくれるよう治療に尽力します。

僕のゴルフのスコアも鍼灸治療でいい方向に伸びてくれるといいのですが,,,余談を失礼いたしました。
すでに1年の1/3が過ぎてしまいましたが、朝晩は寒く、昼は暑いこの時期。体調管理は難しいですが、衣服で上手く体温調節をして体調を崩さないように、新社会人の皆さんのフレッシュさに負けないよう元気に生活を送りましょう!

ヘイセイ鍼灸治療院 marupei

腫れにも鍼灸

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

厳しい寒さも過ぎ温かい日が増えてきましたが、皆様はいかがお過ごしだったでしょうか。僕自身は元気だったのですが、鍼灸院のブログを書くのが久しぶりになってしまい、心配や心待ちにしてくださる患者さんも居られたみたいで、駄文が読まれていると思うと顔が火照り腫れ上がるほど恥ずかしい気持ちになります。
顔が腫れ上がるといえば、1人の患者さんを思い出します。その患者さんは20代の男性で、農業を営んでいる方でした。「10日前から銀杏の汁にかぶれて顔がこんなに腫れてしまい・・・」奥様に連れられパンパンの状態で来院されたのが印象的でした。触れてから2日後症状が激しくなり、病院で3日間連続炎症を抑える点滴をしてもなかなか治まらない。それどころかさらに、顔のみだった症状が首や手や下腹部、下半身に広がり、痒みで目が覚めてしまい、冷やして症状を抑えていると聞きました。本人曰く、1番症状がきつかったのは目の周囲らしく、確かに赤み、腫れが顕著に表れていました。「これでも悪いときより良い。」と言われ驚いた記憶が残っています。
さて、今回話をしたいのはこの患者さんに鍼をした際の反応です。施術をした後、数分経つと発汗してきて、着ていた服だけでなく、ベッドの上に敷いたタオルまで届いてしまいました。実は、このような反応は起こりうる事で、他にも咳が出たり、小便が出たり、下痢になったりと、外に何かが出ようとする事があります。その何かは『邪気』と言われるものとされ、我々の体調を犯す悪い気で(風・寒・暑・湿・燥・火)と種類があります。この患者さんは湿が邪魔をしていてそれが抜けたと考えています。患者さんにその説明をして、その後、症状がどうなるのか楽しみにしていました。4日後に来院した際には、赤み、腫れ、痒みはかなり落ち着き、皮膚の損傷も治りかけていました。この時ビックリしたのが、別人のように小顔になっていて、本人確認が必要かと思ったほどで、いかに症状が強かったのか思い知らされました。
一見、鍼の途中に具合が悪くなったように思えるこのような反応は、身体が良くなる為に必要な事もあります。このような場合は無理に止めてしまうよりも、出してしまう方が良いでしょう。僕は汗っかきでたくさんの汗が出ますし、恥ずかしい気持ちも落ち着いてきたのに、どうしてでしょう。僕の顔やお腹の腫れがひかないのは。元々腫れた身体を棚に上げて、今回はこの患者さんが作られた、ジャガイモを食べ過ぎたせいにしたいと思います。

ヘイセイ鍼灸治療院 shima

冷えによって悪化した神経痛

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

鍼灸院に40歳代の男性の患者さんが腰下肢の神経痛を訴え来院されました。
2ヶ月前から右大腿外側に違和感と右足首の屈伸困難の症状が現れて、3日前から右腰殿部から下肢外側に強い痛みを感じるようになりました。どの姿勢でも症状が現れるので、睡眠中も痛みで目が覚めます。後日、MRI検査で腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。
話を聞いていくと、もともと腰痛症で仕事ではよく重いものを持つなど腰下肢は疲労していたのと、半年前に左足首を痛めてから右側の負担は増えていたそうです。冷えの自覚がなく、汗もよく出て暑がりだと思っていたそうで冷たい飲食物を好んでいました。

体質判断の情報として、腰殿部に筋緊張、腹部には冷えと筋緊張があり、四肢末端も冷えます、舌は大きく水分は多い、色は青く薄い白苔があり、脈は左側が弱い。以上のことから、この患者さんの体質には『寒湿停滞』があると考えました。
寒湿が体内で滞ると気血循環が妨げられ陽気を損ないます。陽気には全身を温める作用や気血水の循環を促す作用があるので、不足すると手足の冷えや水分代謝の低下などが現れます。水は陰性で停滞することで冷えの原因にもなります。また寒邪が筋脈に停滞すれば筋緊張を強くするので、突然強く神経症状が現れた原因の一つではないかと考えました。

治療は腰部の命門(めいもん)、腰陽関(こしようかん)、大腸兪(だいちょうゆ)、環跳(かんちょう)、下肢の委中(いちゅう)、殷門(いんもん)、陽陵泉(ようりょうせん)など陽気を補い腰下肢の循環を良くするツボを使い鍼と灸を行ったら、夜中の症状は緩和されました。ただ日中はあまり変わりなく、3回目からは腹部の陰交(いんこう)、関元(かんげん)・肓兪(こうゆ)、下肢の足三里(あしさんり)、陰陵泉(いんりょうせん)、三陰交(さんいんこう)、風市(ふうし)、懸鐘(けんしょう)など寒と湿に効くツボ、陽気を補うツボを使い鍼と灸を行いました。全体的に症状が軽くなってくれたのと右足首が少し屈伸できるようになり、日中が動きやすくなったと喜んでくれました。また冷えを自覚してからは冷たい飲食物などは控え、日常生活でも温めるように過ごしてくれているので、以前より冷えが穏やかになっています。
今回のような神経痛の原因は腰部にあるとはっきりしていますが、体質を改善することで症状が緩和できることを改めて実感しました。

ヘイセイ鍼灸治療院  MK

痰飲(たんいん)による不安神経症の鍼灸治療

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

40代の女性、めまい、動悸、不安、睡眠が浅い、パニック発作、肩こり、頭痛などの症状でヘイセイ鍼灸治療院に来られた。
病歴を聞いてみると、家族が転勤族で、30代の前半に子供が生まれてから、不安定な生活環境の中で子育てをしていたため、ストレスが強く感じ、次第に気分不良、めまい、手足の痺れ、動悸、不安、肩こり、頭痛、人込みの中にいるとパニック発作、電車や飛行機に乗ると、気分不良など、多岐の症状が現れました。病院では「不安神経症」や「うつ」などとして抗うつ治療を受けまして、一時症状が改善されましたが、薬を減らすと、症状が再発しました。抗うつ剤をやめるために、鍼灸院に来られました。
体質判断の情報としては、痩せ型、顔色が白くて艶はない、舌が青くて薄い白苔、腹筋がやや緊張で胃のあたりに押さえると「振水音」(水を振動させる時の音)がある、四肢末端が冷えている。飲食習慣では、冷たい飲み物をよく飲む。
以上の状況から、この患者さんの症状は胃に痰飲の停滞によるものだと判断しました。痰飲は水分の代謝障害による産物で、「水毒」とも言われます。このような患者さんは病院での検査では異常が見られず、多岐に症状が見られます。
漢方の古典『傷寒論雑病論』に収載される苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)は、痰飲(水毒)による諸症状を治療する代表的な処方です。この処方の適応症状には、めまい、ふらつき動悸、神経質、ノイローゼ、息切れ、頭痛などが見られます。これらの症状は、この患者さんの症状とよく似ています。
胃中痰飲を治療するため、胃の陽気を強くしなければなりません。そのために、まず、患者さんに冷たい飲食を控えるように説明しました。さらに腹部の水分、陰交(いんこう)、天枢(てんすう)、上肢の曲池(きょくち)、下廉(げれん)、内関(ないかん)、合谷(ごうこく)、下肢の足三里(あしさんり)、陰陵泉(いんりょうせん)、三陰交(さんいんこう)、公孫(こうそん)などのツボに鍼灸を実施しました。
治療を開始から3か月後に、諸症状は殆ど改善され、抗うつ剤もほぼやめました。1年後に電車での長い旅でもできるようになりました。
精神、神経的な症状は胃腸の水毒によって起こる時もあります。鍼灸治療は、抗うつ剤のような副作用はありませんので、長く患っている患者さんは、選択肢の一つとして考えても良いかと思います。

ヘイセイ鍼灸治療院 甄立学

頑固な耳鳴りと神経痛

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!ヘイセイ鍼灸治療院のmarupeiです。最近は気温の冷え込みが厳しく、南国宮崎で育った僕は毎朝温もった布団が恋しいと思いつつ、今日も震えながらも冷え込む歩道を歩いています。さてさて、今回はそんな「冷え」にまつわる話をさせて頂きたいと思います。
70歳台の女性患者さんは、耳鳴りと帯状疱疹の神経痛が、右の太ももと左右の踵にあり、胃がずっとムカムカしていました。耳鼻科に行っても耳鳴りは一日中鳴り止まず、神経痛は踵にあり病院に行っても症状は変わらない。痛いから外出する気にもなれない。胃はムカムカするから食べ物も美味しく食べられない。とにかく毎日生きるのが辛いと言って来院されました。診てみると患者さんは胃が冷えていました。胃が冷えているから体の気が滞って血が上手く巡らないでいる状況だと分かり治療を開始しました。足陽明経(胃経)と督脈を温める治療を中心に行い約2ヶ月が過ぎようとする頃、患者さんから「胃が良くなってきて美味しくご飯が食べられるようになってきたよ」と効果を実感する声が。さらに2ヵ月後、「耳鳴りも夕方に少し鳴るだけでよく眠れるし、神経痛も右の踵に少しあるだけ。これで旅行も行けそうだわ」と嬉しい一言が聞けました。患者さんは元気になったからお正月は淡路島に女子会をしに行かれるそうです。
今回の患者さんは冷えが原因で起こった少し厄介な症状でした。冷えが原因で起こる病気はさまざまあります。肩が凝る。腰が痛い。むくみやすい。何か元気が出ないという方、もしかしたら冷えが原因かも。年末で忙しいから自分に時間をかけている暇が無い...体が悲鳴をあげる前に予防しましょう!まずは冷たいものをなるべく控えて、温かい湯船でリラックスしてみてはいかがでしょうか。

来年の干支は戌ですね。写真の戌は元気になった患者さんが作ってくださりました!僕も戌年生まれなので庭を駆け回るくらい元気に、来年はもっと成長してワンダフルな1年になるように頑張ります。

ヘイセイ鍼灸治療院marupei