カテゴリー別アーカイブ: ヘイセイ鍼灸治療院

陰部痛の鍼灸治験例

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

暫く前に、陰部痛の症状を訴える70代の女性患者が当鍼灸院に来られました。病歴を尋ねてみたら、次のように教えてくれました。

「この数年に、孫のことで常に心配ごとがあり、来院時の約半年前から、陰部の痛みを感じるようになりました。婦人科を受診し、諸検査を受けましたが、特に異常は見られなかったので、精神的な問題だと判断されて、精神安定剤を処方され、服薬後、陰部痛の症状は改善したので、薬をやめました。

薬を止めてから1か月後に症状は再発して、再び同じ薬をもらって治療しましたが、今度は全く効果がありませんでした。その後、泌尿器科を受診し、検査した結果、やはり異常は見られませんでした。本人は痛みがあると強く訴えたので、先生はしぶしぶ抗生剤を処方しましたが、結局、本人はこの薬を殆ど飲みませんでした。その後、ペインクリニックに受診するようになりました。そこからリリカ(神経障害性疼痛、全般性不安障害)、サインバルタ(うつ病、うつ状態に加え、糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症に伴う疼痛)などの薬を処方されて、服用していますが、効果が全く感じません。持病として高血圧・高脂血症があり、服薬もしています。また、胃の調子は良くなく、もたれたり、痛くなったりします。そのため、さらに多くの薬を服用しています。調剤担当の薬剤師は、長期にたくさんの薬を服用していることを見て薬の副作用を心配し、鍼灸治療を薦めたので、痛み止めの薬を止めて、鍼灸院に来ました。」

舌診から見たら、舌質は暗瘀、脈は滞渋。腹診は臍の周辺と上腹部の中心に硬く、抵抗が強い。体質は気滞血瘀、肝脾不和だと判断しました。長期の心配ごとと精神的なストレスで、気機の乱れが起こします。肝臓は気機の疏泄を主っているため、気機の乱れは、肝気鬱滞を起こし、さらに気の滞りによって、血の循環障害を起こし、瘀血を形成していまいます。肝の経絡は陰部をめぐりますから、肝経の気滞血瘀により、陰部に症状が現れることも不思議ではありません。また、五行の生剋関係から、肝経の気滞により、脾胃の機能障害を起こしやすいので、胃の症状が現れても、理の中のことだと考えられます。

これに対して、理気活血、疏肝健脾の治療方針を定め、肝経の太衝(たいしょう)、蠡溝(れいこう)、中都(ちゅうと)、脾経の三陰交、商丘(しょうきゅう)、胃経の足三里、大腸経の合谷、任脈の曲骨、背部の肝兪、次髎などツボを取って治療を行いました。

一回目治療した後、3日間陰部の痛みが出なかったが、その後、また痛みが出ました。一週間後に2回目治療した後、さらに一周間後の3回目に治療するまで、痛みは殆ど出なかった。そして3回目の治療は、胃腸症状を中心にして行いました。それで、胃の症状が改善されたが、陰部の痛みはまた現れました。4回目から最初の治療方法に戻り、治療を継続して行くと、陰部の痛みは殆ど感じなくなりました。その後、症状の反復がありましたが、程度はかなり軽減されているそうです。

ヘイセイ鍼灸治療院  甄 立学

ノドの症状

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

寒い寒い季節が過ぎ、春らしくなってきましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか。新しい年度も始まり、鍼灸院スタッフは気持ち新たに、そして元気に施術中です!!
さて、今回は咽喉症状についてお話していこうと思います。まず、咽と喉は「ノド」の事ですが、違いを簡単に言うと、「咽」は食べ物が通る道、「喉」は空気が通る道です。ですから、ノドの症状といえども、何処に原因があるのか判断する必要があります。しかし、分類が多くなりすぎるのを考慮して、大きなくくりで咽喉(ノド)の話を進めますね。

ノドの症状と聞いて、よく思いつくのが炎症や痛みがあるのではないでしょうか。実際鍼灸院でも、これが困っていると患者さんの訴えが出ます。炎症を抑えるツボとして手足の指先のツボがあります。様々な原因で炎症や痛みが起こりますが、それらに対応できるツボが揃っています。もちろん、ノド周辺にも良いツボがありますが、そこ以外でも効果が出るのが鍼灸の面白いところです。僕が最近経験した患者さんでは、肘の辺りや、手首の周りのツボで、ノドの痛みの症状が改善されたのが、記憶に新しいです。ノドに鍼をしていないのに良くなるなんてと、ビックリされていました。
この春の時期は「風」の季節でもあります。風が邪気となって体内に侵入し咽喉を痛めることもあります。それらの症状も鍼灸の施術で改善が目指せるので、この時期体調が優れないという方はご相談ください。

最後になりましたが、咽喉の症状といっても、たくさんの種類があり、原因も複雑です。紹介したものも一部で、全てがこれには当てはまりません。一人一人の患者さんのお話を聞いて原因分析をして施術を行っていますので、ヘイセイ鍼灸治療院へ来院された際はしっかり患者さんの事を聞かせて下さいね!!

鍼灸治療院 shima

頑固な便秘症の鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

先日、70歳代の男性が慢性の便秘症を訴えて当鍼灸院を訪れました。
10年前から便秘症になり酸化マグネシウムなどを服用していましたが、長く服用している内に効果が現れにくくなりました。他の薬に変えたり体操も頑張っていましたが、あまり効果がなく、3日ぐらい便が出ない状態が続くと腹部が張って食欲もなくなることもあり困っていました。

腹部を触診と打診でガスが多く溜まっていることと便が大腸の下端ではなくより上の部分に溜まっていることがわかりました。胃腸にガスが多いということは腸の蠕動運動うまく働いておらず、便を押し出す力が弱くなっていると考えました。

東洋医学の考え方では張ってくる状態を気が滞った状態(気滞(きたい))といいます。原因は様々でストレスや冷えなどが影響することもありますが、気の流れが乱れたり、気の動く力が弱くなって気が停滞すると考えます

治療は胃腸の働きを活発にし気の流れをスムーズにできるように、胃腸を整えるツボとして足三里、上巨虚(じょうこきょ)、天枢、中脘、温溜(おんる)、合谷などに加えて、大腸と表裏の関係にある肺経のツボで経渠(けいきょ)、尺沢(しゃくたく)や気の流れの改善に気海や照海(しょうかい)などのツボを使い鍼灸を行いました。

治療の翌日から便が少しずつ出るようになり2日後にはしっかり出てくれたと教えてくれました。慢性的な症状でしたが、1回の治療で効果があったので患者さんも喜んでくれました。

鍼灸院 M.K

実は意外と多いかもしれない?後鼻漏

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

皆さんこんにちは。平成鍼灸治療院のmarupeiです。

立春が過ぎ、しばらく経ちましたが昨日は倉敷でも今年初めての雪景色。まだまだ寒い日が続きますが春はもうすぐそこに来ていますね。季節の変わり目には体調が崩れやすい方も多いと思います。

そこで今回は身近で起こるかもしれない、後鼻漏の事例を紹介したいと思います。

 鼻水の一部がのどに回るのは誰にでもある生理的な現象ですが、その量が多くなったり粘りが強くなってべったり付着したりすると不快感を伴うものを後鼻漏といいます。アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎でよくみられる症状ですが、とくに副鼻腔炎に伴う後鼻漏は痰や口臭の原因になるだけでなく、のどや気管を刺激して咳の原因になることもあります。

ある患者さんは、後鼻漏のため夜の眠りが浅くなるのが辛いので治療に来られました。

患者さんを東洋医学の観点から診察し、治療は胃腸の調子を整えるツボを多く配穴し治療しました。曲池(きょくち)、手三里(てさんり)、合谷(ごうこく)などの大腸経のツボ、足三里(あしさんり)、陰陵泉(いんりょうせん)、三陰交(さんいんこう)、公孫(こうそん)など体の水分を調整してくれるツボを選びました。そして鼻通(びつう)という鼻の両サイドにあるツボが治療効果を高めてくれたおかげか、患者さんは2回目に来院した時から「日中過ごすのが楽になり、夜も咳の回数が少し抑えられている気がする」と効果を実感されていました。現在は体質改善を目標として治療を継続されています。

冬になると鼻をすする音がよく聞こえてきますが、放っておくと辛い病気へと発展してしまうこともしばしば…。皆さんは暖かくしてこの冬を乗り越え、病気にかからない2019年にしましょう。

 

ヘイセイ鍼灸治療院 marupei

冷えによる慢性膀胱炎

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

40代の女性患者が冷え症・肩こり・めまい・気分不良などの症状で当鍼灸院に訪れました。
また、数年前から頻尿・残尿感・排尿痛などの症状が繰り返し現れて、病院で慢性膀胱炎と診断されて、その都度、抗菌剤を投与されてきました。薬を飲めば症状が改善されますが、薬を止めてしばらくしたら、また症状が再発するような状態でした。

鍼灸院に訪れた当初は、腹部と四肢末端の冷えは非常に目立っていました。飲食習慣を聞いてみると、年中冷たい飲み物を飲んだり、アイスクリームを食べたりしているようです。

漢方医学の理論から考えれば、患者さんの諸症状は全部冷えに関連しています。治療は冷えの改善から行うべきだと判断しました。その理由を患者さんに説明し、冷たい飲食を控えるように治療の協力を求めました。

 この患者さんは非常に協力的で、それから一切の冷たい飲食を断ち、真夏でも温かいものを飲食するように努めるようになりました。その上、鍼灸と漢方を合わせて治療してから3か月後に、冷えは次第に改善されて、それに伴い諸症状も改善されました。繰り返し発生していた慢性膀胱炎の症状も、次第に再発しなくなりました。

患者本人としては、冷えと慢性膀胱炎は何のつながりもないことだと思っていました。今まで病院から冷たいものを控えるように指示してくれたこともなかったようです。しかし、冷えの改善とともに慢性膀胱炎も再発しなくなった結果から、冷えと慢性膀胱炎の繰り返し発生はやはり関係があることが確信しました。

現代医学では、慢性膀胱炎は感染症であり生活習慣病に属しませんが、しかし、漢方医学の概念から考えれば、生活習慣による病気とも言えます。「病は口から」という諺がありますが、飲食の習慣を正しく保たれば、多くの病気の予防に役に立つかもしれません。

この患者さんは漢方と鍼灸のお陰で良くなったと言われていますが、私は患者さん本人の努力によって良くなったと思っております。

ヘイセイ鍼灸治療院 甄 立学

迎春?

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

12月に入り今年も残り少なくなってきました。1年が経つのは早い!!そして、これが今年最後の鍼灸院ブログです!!スッキリとした締めくくりを目指して、今回は急性副鼻腔炎のお話をします。
先日、この症状を訴えられた患者さんは、現在別の症状で、ヘイセイ鍼灸治療院の施術を受けている女性の方です。「今日は頭が痛くて目の奥が痛くて困る」と突然来院されました。
このような症状には有効な手段があるのですが、鍼や灸が怖いと言う方にはおススメできません。なぜなら、顔に鍼を刺し込み、そこにお灸をするからです。字にするとさらに怖さが増しますが、力を抜いてゆっくりと寝ていれば安全に施術を受けることができます。この患者さんは鍼灸に慣れていましたから、説明は簡単でしたが、初めての患者さんにはビックリされるかもしれませんね。
では、顔のどの部位へ刺すのかというと、両鼻の横側に「迎香(げいこう)」というツボがあり、そこに先ほどの鍼と灸をするだけで施術はほぼ完成。少しお腹のツボも使いましたが、お灸をしている最中「気持ちいいし、鼻が通っていく」とすぐに効果が現れ、施術後は頭痛も取れスッキリして帰られました。念のため次の週に確認で来院してもらいましたが、スッキリ症状は無くなっていましたので安心しました。
色々なツボがありますが、顔のツボもなかなかやります!!ただ、内出血のリスクもあるのが事実で、お互い納得した場合のみ、このような施術は行います。無理やり刺したりはしませんので安心してくださいね。
最後になりますが、今回紹介したツボは「迎香」です!!少し気が早いのですが、新年を迎えるのは「迎春」です。なんとビックリ!!ちょっとだけ字が似ている気がしませんか?
スッキリと、時期に合ったオチがついた所で、今年も一年大変お世話になりました。来年も皆様を気持ちよく、迎えられるように精進致しますので来年も鍼灸院をよろしくお願いします。

ヘイセイ鍼灸治療院 鍼灸師 shima

舌のしびれの鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

今年の春ごろ、舌のしびれを訴えて、当院を訪れた50歳代の女性がいました。この患者さんは、約1年前から舌の真ん中がしびれ始め、徐々に舌先までしびれてきました。その後、舌の渇きも感じるようになり、だんだんと強くなって痛みも感じるようになりました。ステロイド剤を塗布して痛みは緩和されますが、しびれと渇きは変わりませんでした。
症状が現れる頃は家庭内で忙しく、心配事も多く抱えていたそうです。子供の頃から胃腸が弱く、いつも胃が張っていて便秘と下痢を繰り返しており、この1年は寝つきが悪く、身体の疲労を感じることも多いです。舌は淡紅で歯痕があり、真ん中に裂紋があります。手首の脈で左側は弱く、右側は速い脈が診られました。

鍼灸医学の理論では、舌は五臓六腑の営養を受けているので、臓腑の病変を反映する鏡だと言われています。さらに舌は血絡が豊富であり、血脈を主る「心」と気血生化の源である「脾胃」とはとくに密接に関係しています。また舌の部位によって異なる内臓の状況が反映されていると考えられており、舌根部は腎・膀胱、舌中部は脾と胃、舌尖部は心と肺、両側舌縁部は肝と胆に関連しています。

以上の理論と患者さんの症状、舌や脈から、この患者さんの証は「脾気虚(ひききょ)、陰虚内熱(いんきょないねつ)」と考えました。体質的に脾胃が弱く、気血の生成が不十分だったため舌を営養できず、またストレスを長く抱えていたことで気鬱(きうつ)が起こり、気が停滞することで熱が現れ、舌の潤いも阻害されて今回のような症状が現れたと考えられます。

施術は、胃腸の働きを改善する足三里(あしさんり)、豊隆(ほうりゅう)、中脘(ちゅうかん)、天枢(てんすう)、合谷(ごうこく)などのツボを使い、清熱と陰を補う三陰交(さんいんこう)、陰交(いんこう)、内庭(ないてい)、労宮(ろうきゅう)などのツボに鍼灸を行いました。
施術を開始してから効果はすぐ現れなかったが、週1回のペースで数回施術をしていく内に舌のしびれと口の渇きが落ち着いてきて、日中はほぼ症状が気にならなくなりました。最近では長年の胃の張りも和らいで、精神的にも穏やかになれると喜んでくれています。

 

鍼灸院 MK

のぞみの会「鍼灸コーナー」

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

のぞみの会まであと数日と迫ってきています。
今年の鍼灸のブースでは、鍼灸を知らない方・興味のある方に鍼灸のこと知ってもらうための相談コーナーを設けています。普段気になる症状や鍼灸に関する疑問があれば、ぜひ寄ってみて下さい。

また漢方茶も用意しております。今年は「金銀花(きんぎんか)」と「酸棗仁(さんそにん」の2種類の漢方茶です。「金銀花」は一昨年提供させて頂いたお茶で、風邪予防などの効果があり大変好評でした。「酸棗仁」は心身の疲労を改善したり、精神安定などの効果があります。どちらも大変飲みやすいお茶になりますので、こちらも楽しみにして頂けたらと思います。

鍼灸コーナーは老健新館2階で行いますので、皆様のご来場をお待ちしております。

 

ヘイセイ鍼灸治療院 MK

小児の滲出性中耳炎に鍼灸治験

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

3か月ほど前に5歳の男の子が滲出性中耳炎で当鍼灸院に来られました。お母さんは長年当鍼灸院を利用しており、小さい子も鍼灸を受けられることを知っていました。お子さんは1か月前から、中耳炎を患っており、服薬治療でなかなか良くならないので、手術治療をするように決めました。手術の予定日までには2か月ほどの時間があり、その間に鍼灸治療を受けてみて、良くなれれば、手術を受けなくてすむし、良くなれなくても体質が向上できて、術後の回復が早くできるのではないかとお母さんはそう思い、お子さんを鍼灸院に連れて来られました。
このお子さんは、滲出性中耳炎以外に、数か月前にかぜが引いてから、なかなか良くならず、今でも咳、鼻づまり、睡眠中のいびきなどの症状が残っています。また、胸部と腹部に水イボが数個出ています。
これに対して、足の陽明胃経、足の太陰脾経、手の太陰肺経、手足の少陽三焦経と胆経のツボを取って鍼灸治療を施しました。数回治療した後、咳、鼻づまり、いびきなどの症状が良くなり、イボも消えました。2か月未満の間に12回治療した後、耳を再検査したら、中耳の滲出液も消えたので、手術しなくて良いと耳鼻科の医師に言われて、予定した手術をキャンセルしました。
この子供さんの例には、二つの特徴があることを強調したいと思います。一つ目はお母さんが鍼灸に対して非常に良く理解しています。一般的に中耳炎で鍼灸治療を受けてみようと思う人は非常に少ないと思います。二つ目はお子さんの勇気です。普通、小児に小児鍼(皮膚摩擦)で治療しますが、この子は最初からまったく怖がらないので、大人に刺入する鍼を使いました。以上の2点があるから、治療がスムーズに行うことができ、早いうちに良い効果が得ることができたと思います。

ヘイセイ鍼灸治療院 甄立学

痛みが強い変形性膝関節症

カテゴリー: ヘイセイ鍼灸治療院 | 投稿日: | 投稿者:

8月も半ばですがまだまだ暑い日が続く日々。涼しいクーラーの中でのんびりテレビでも見ながら過ごしていたいですね。ですが子供たちは夏休み。「子供と遊びに~」「私も夏休みでどこか旅行でも~」と考えている方もおられるのではないかと思います。子供を遊びに連れて行くにしても、旅行先で観光するにしても、外出するならば歩かないといけません。でも足が痛いと外に出たくないですよね。せっかく外に出るなら楽しみたい!そこで今回は痛くなりやすい膝についての鍼灸治療を紹介したいと思います。
先日40代の女性患者さんが来院されました。今年の4月から変形性膝関節症が悪化し膝が抜けて痺れるような痛みがあると言われ、足を一歩踏み込む度に激痛が走り痛み止めが効かず、歩き方も膝を庇って歩いている状況でした。強めの痛み止めを処方してもらって対処しているけれどなるべく薬は飲みたくないし、早く楽に歩けるようになりたい。と言われていました。「変形は元に戻りませんが、膝の痛みは楽になると思いますよ」と説明納得した上で治療を開始しました。治療で主に使用したツボは膝周りの「足三里(あしさんり)」「鶴頂(かくちょう)」「陰陵泉(いんりょうせん)」です。この3つのツボは膝痛によく効いてくれます。2日続けて計2回治療し、患者さんが自覚する痛みを、NRS(直線を〈痛みがない:0〉から〈最悪な痛み:10〉までの11段階に区切って、患者さん自身に現在の痛みに相応する数値を示してもらい、痛みを評価します)を用いて評価したところ10→2にまで減少しました。女性患者さんは治療後に、痛みが少ないから膝を庇うことなくスタスタと歩いて帰れる!これなら仕事も頑張れそう!と嬉しそうに帰られました。
痛みが少し楽になるだけで日常生活の質は向上します。猛暑を振るった夏も残すところあとわずか。涼しい部屋でテレビを見るだけではなく、十分な熱中症対策をした上で外にお出かけや、この夏やり残したことを楽しみたいですね!

ヘイセイ鍼灸治療院 鍼灸師 marupei