大腸がん検査 精密検査の重要性

カテゴリー: 平成脳ドックセンター | 投稿日: | 投稿者:

平成脳ドックセンターに今年の4月より入職し、約8か月が経ちました。少しずつ新しい環境にも慣れ、毎日期待と不安を抱えながら業務についております。

先日、倉敷平成病院では研究発表大会があり、私の部署では大腸がんをテーマに取り組みました。そのため、大腸がんについて詳しく調べる機会を得ました。大腸がんの患者数が胃がんや肺がんを抜き、1位であることには大変驚きました。また、部位別死亡者数で大腸がんは女性第1 位・男性第3位で年間約5万人の方が亡くなっており、生活様式の変化から今後益々増加傾向であると見込まれています。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0大腸がんの特徴として初期症状がなく、無症状のまま進行していくので、腹痛や出血を伴った便などの症状が出た時にはもう手遅れになっている可能性もあるのです。

そのために大腸がん検査の項目として便潜血検査(検便)を実施しており、潜血の有無でスクリーニングをし、陽性者には大腸内視鏡検査をお勧めしています。しかし、早期発見すれば治癒するのにも関わらず、平成27年度の要精密検査者の内、実施者は46.8%でした。少しでも多くの方に精密検査を受けていただき、大腸がんの早期発見につながればと思います。そのために、リーフレットを作成したり情報コーナーを設置したりしていますので、ぜひ脳ドックセンターに来られる際は一度ご覧ください。

検診や人間ドック等で、大腸がん検査の精密検査を指示された場合には早めの受診をお願いします。

脳ドックセンター T.Y

栄養科通信vol.112 『食事はまず心を整えて』

カテゴリー: 栄養科 | 投稿日: | 投稿者:

syokuji 忘年会やクリスマス、年末年始と何かと気ぜわしい12月。食べ過ぎ、飲みすぎに注意したい時期でもあります。
フィンランドの研究ですが、糖分の多い清涼飲料、デザート、ポテトチップス類、加工肉などを多量に摂取している中高年男性はうつ病の発症が増える傾向にあったとういう結果が出ています。食事の内容は体だけではなく心にも影響してしまいます。
場の雰囲気が楽しくてお酒が進む、美味しい料理についつい手が伸びる…といった時もあれば、イライラして甘いものをむさぼり食べる、嫌なことがあったから気分を紛らわすためにお酒を飲む…といったマイナスな気持ちに流される事もあると思います。
心と食事は密接に関係しており、健康な心があるからこそ楽しく食事ができると言っても過言ではありません。
では、心を健康な状態にするにはどうすればいいのでしょうか?それは現代社会を生きる人々の1番の悩みかもしれませんが、そのヒントをくれる本を今回は紹介したいと思います。

『反応しない練習』著者:草薙龍瞬 KADOKAWA出版 です。
僧侶である著者がブッダの教えを引用しながら悩みを消す方法を指南しています。
ブッダの教えとは『心のムダな反応を止めることで、いっさいの悩み・苦しみを抜ける方法』のことです。これはヨガや瞑想に通ずるものでもあります。
生きていると悩みはつきものです。悩みを消そうとするからまた新しい悩みが出てきてしまいます。
悩みを消そうとするのではなく、「理解」する。そして合理的に考える。
そして、
・余計なことを判断しない。どんなときとも、自分を否定しない。
・不満やストレスといった「マイナス感情」で苦しまない。
・他人の視線を気にせずに、自分らしく生きる。
・勝ち負けや優劣にこだわってしまう性格を、もうやめる。
・心から納得いく人生を、ここから目指す。
といった内容がわかりやすく書かれています。
私たちは日々、誰かの言った言葉やSNS、メディアの情報などの自分の外側の事や、とりとめのない妄想などに反応して一喜一憂してしまいます。まずはその反応を受け止め理解する。それだけの行為でも気持ちの持ちようが変わってくると思います。
心身ともに健やかに、美味しい食事を楽しくいただき素敵な2017年を迎えましょう。

P.N S.N

よろしくおねがいいたします~通所リハビリ~

カテゴリー: 通所リハビリテーション | 投稿日: | 投稿者:

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9fここ数か月の間に、倉敷老健通所リハビリテーションに、新しい仲間が三人増えました!!
左から甲谷智子さん・佐藤希望さん・赤木法子さんです!!!
まず最初に甲谷智子さんからインタビューをしていきたいと思います。
Q1 通所リハビリで働いてみてどうですか?
以前に通所リハビリで働いていましたが、グランドガーデンに転属となり働いていました。今回また通所リハビリに配属となり縁を感じております。また、以前関わらせて頂いたご利用の方や職員もおられとても懐かしく思っています。%e7%94%b2%e8%b0%b7%e3%81%95%e3%82%93
Q2 これから頑張りたいことは?
初めて関わる方もおられるのでどんどんコミュニケーションを図り、早くお名前を覚えていきたいです。また、その方にあった介護が提供できるように頑張りたいと思います。
Q3 意気込みをお願いします。
日々初心にかえったつもりで学び、利用者さまの為にできることを追求していきたいと思います。どうかよろしくおねがいします。

続きましては佐藤希望さんです%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93
Q1 通所リハビリで働いてみてどうですか?
職員さんとご利用者様の人数が多い事で、最初は圧倒されましたが、先輩方のサポートを頂きながら業務にあたっています。
Q2 これから頑張りたいことは?
まだ入職して一ヶ月弱ですが、これから沢山経験を積みスキルアップしていきたいです。いつまでも初心を忘れず、常に利用者様の立場に立って行動できる様に頑張りたいです。
Q3 意気込みをお願いします。
まだまだ未熟な面が多いですが笑顔で元気に頑張りますので、皆様宜しくお願いします。

お次は赤木法子さんです%e8%b5%a4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93
Q1 通所リハビリで働いてみてどうですか?
以前は全仁会のグループホームで勤務していました。今年の7月から通所リハビリで働かせて頂いています。通所は初めてなので最初はとても困惑しましたが、先輩職員やご利用の皆さまのおかげでだいぶ慣れとても楽しく働かせて頂いています。
Q2 これから頑張りたいことは?
現在3人の子供に恵まれ家事に育児、仕事と頑張っています。今後も周囲の協力も得ながら両立をしていきたいです。また、利用者さま主体の介護ができるように日々精進していきたいです
Q3 意気込みをお願いします。
楽しく通所リハビリに通っていただけるように、笑顔でその方にあった介護ができるように支援していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

三人とも元気で明るい方ばかりです。これからも全職員で通所リハビリを一心で盛り上げていきたいと思います。

倉敷在宅総合ケアセンター(倉敷老健)通所リハビリテーション
石橋美穂(介護士) 守谷薫(介護士)

より良いかかわり(心理・コミュニケーション編)とは

カテゴリー: 認知症疾患医療センター | 投稿日: | 投稿者:

前回は個人ごとの不自由さに沿った援助とはという視点でお話ししました。今回は、より一般的に、よりよいかかわり方とは?という視点でお話ししたいと思います。よりよいかかわりについての具体的な話に入る前に、まずは下の図をご覧下さい。

20161206-1

これは、国際アルツハイマー病協会(ADI)が、認知症を患っても幸せに生きるために必要な権利に関して述べたものです。さらに、これを実現させるのは、家族、介護者、友人、医療・福祉専門職、地域社会、行政、つまり「認知症と共に生きる私」自身と、「認知症とともに生きる私」を取り巻くすべての人々である、としています。
ここで重要なのは「認知症とともに生きる私」が主役であるということです。
これは他の疾患であればごく当たり前のことのようにも思えますが、認知症という疾患のケアにおいては「認知症とともに生きる私」の主体性、権利擁護という観点に議論が及んだのは20世紀末になってからのことでした。
イギリスの心理学者であるトム・キットウッドは、それまでの認知症ケアの視点に大きな変革をもたらしました。彼が提唱した認知症ケアの視点は、パーソンセンタード・ケアと呼ばれ、文字通り「認知症とともに生きる私」が主体となるケアを意味しています。ここではその一部を説明する事とします(詳細は彼の著書を是非ご覧下さい)。
20161206-2

認知症の人が求める心理的な欲求にはいくつかの要素があり、これらを十分に発揮した状態であれば、認知症の人が主体的に楽しく幸せに生きることができる、としています。これらの要素の単語を反対語(例:心地よさ・安定性→不快さ・不安定)にして具体的に想像してみると、上の図をより理解しやすくなると思います。
話しがだんだんと難しくなってきたので、より具体的なよいかかわり方についてお話ししましょう。下の図をご覧下さい。
20161206-3

認知症のあるなしにかかわらず、他者からこのように接してもらえると、とてもうれしい気分になったり、安心した気分になれますよね。上の図を下の図でより具体的に説明します。
20161206-4
この中にはすぐに実践できそうなこともあれば、実践する人の練習や心理的なゆとりが必要とされるものもあります。すぐに100%達成を目指そうとすると大変ですので、ゆっくりだんだんと70パーセント程度を目指すつもりで臨んでみるのも良いでしょう。
下の図は脳の機能(記憶)の特徴から、より良いかかわりについて説明したものです。
20161206-5

裏を返すと・・・。
20161206-6

今回は、よりよいかかわり方(心理・コミュニケーション編)とは?というお話しをしました。それと同じくらい重要なよりよいかかわり方として、体調管理という視点からもお話を次回はしたいと思います。

「もの忘れ」は早期発見・早期治療が重要であり、診断・治療のためには、地域のかかりつけ医師との情報共有が非常に重要です。ご家族や身近な方、またはご自身のもの忘れが気になるという方は、まずはかかりつけ医師にご相談下さい。

認知症疾患医療センター相談室 直通電話番号:086-427-3535

認知症疾患医療センター CP阿部

冬の運動のすすめ

カテゴリー: 予防リハビリテーション | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!先週からだんだん冬らしくなってきましたね。暖かい日があったかと思えば、急に冷20161205え込みだして、みなさん体調は崩されていないでしょうか。
さて、話は変わりますが、みなさんは先月開催されたおかやまマラソンはご覧になりましたか?平成病院のスタッフや、私の友人も何名か出場されていて、とても盛り上がったと聞きました。「食欲の秋」に少し食べ過ぎていたことや、そのようなマラソンのお話を聞く機会が重なって、この時期は家に閉じこもって運動不足になりがちな私も、今年は少し身体を動かしてみようかなと思い始めています。
そこで、冬場の運動について調べてみると、少し意外な発見がありました。なんと、健康維持のための運動や、ダイエットの効果は夏より冬の方が出しやすいそうです!その理由には、人が生命活動を維持するために必要なエネルギー(=基礎代謝)が、気温の低い冬の方が高くなりやすいことがあるとされています。冬の方が太りやすいと思っていましたが、寒さを理由に、ひきこもって食べては寝て、を繰り返しているからなのでしょうか…反省です。というわけで、ますます運動への意欲も高まってきたのですが、実際に運動する前に気をつけなくてはならないポイントもあるそうです。それが以下の2つです。

ポイント① 運動前のウォーミングアップ
部屋の中など暖かい場所から急に寒い場所へ出ると、身体中の血管が収縮し、血圧が上がりやすくなります。そうすると、脳や、心臓の血管への負担が増大し、脳卒中や心筋梗塞を発症するリスクが高まってしまうのだそうです。そのため、まずは暖房やヒーターを切って、身体を寒さに慣らし、ストレッチや腕振り、足踏みなど、ウォーミングアップをしてから外に出ることが大切です。

ポイント② ストレッチを忘れずに
ストレッチをすることで、寒さでこわばった筋肉や関節周囲の組織を軟らかくすることができます。冬場は捻挫や肉離れなどの怪我が起こりやすいといわれていますが、運動前にストレッチをすることで、これらの予防につながります。

私が勤務させてもらっている、倉敷平成病院通所リハビリでも必ず上記の2つのポイントを守って、みなさん寒さに負けず運動に取り組んでくださっています。秋に食べ過ぎてしまった方、これから年末にかけて飲み会や外食の機会が増える方はもちろん、健康維持のために運動をしたい方、畑仕事や大掃除などで屋外での労働が増える方、冬場の運動のポイントをおさえて、この冬を元気にのり越えましょう!

倉敷平成病院通所リハビリ 理学療法士 H・H

平成28年度 老松小学校 「福祉体験(車いす体験)」講師を経験して

カテゴリー: リハビリテーション部 | 投稿日: | 投稿者:

この度、平成28年11月8日に老松小学校の4年生を対象として行われた車いす体験に、倉敷平成病院所属の理学療法士5名が講師として参加させて頂きました。
20161130-1

主には、実際に車いすへ乗車し介助をされる体験、そして車いすを介助する側の体験となりました。児童への「車いすに乗ったことがある人?」という質問には、複数人の児童の手が挙がり、小学生でも意外と経験者がいることが分かりました。

児童たちは、日常では乗ることのない車いすを前に、はしゃぐ気持ちを抑え、しっかりと私たちの話しに耳を傾けてくれました。ブレーキなどの基本的な注意点に加え、車いすへ乗っている人へ話しかける際、目線を合わせることや、カーブや方向転換時には「右へ曲がりますね」などの声かけを行うことで、相手に安心感が生まれることなどを伝えていきました。実際に体験している場面では、優しくパートナーに声かけする様子や、真っ直ぐな道のりでも速度を出し過ぎないように工夫するなど、基本的な注意点以外にも重要なことを感じてくれている様でした。
20161130-320161130-2

 

 

 

 

 

 

 

 

この体験を通して、自分の周囲の人が車いすでの生活となった時に相手の立場になって、どんなことが協力できるのか。また、車いすに関わらず、普段の生活の中で友人や親・兄弟、相手の立場になって、自分ができることを見つめ直す機会になってくれればと、密かに願っています。]

20161130-4

 

 

 

 

 

 

 

私自身、児童たちが笑顔で声かけする様子に、普段の車いす介助を見つめ直す良い機会となりました。

倉敷平成病院 理学療法士M.T

不安な事・困ったことは老松・中洲高齢者支援センターまで!

カテゴリー: 地域包括支援センター | 投稿日: | 投稿者:

‚—îŽÒŽx‰‡ƒZƒ“ƒ^[‚¿‚炵•現在、倉敷市の総人口約48万5千人に対して65歳以上の高齢者は約12万4千人、高齢化率は25.6%です(2015年9月の調べ)。高齢者の約20.4%の方が介護認定を受けておられます。65歳以上の認知症の診断がある方は11.7%。担当エリアの老松・中洲学区地区で見ても介護認定者率20.4%、認知症者11.2%とほぼ同じ結果です。

介護保険の認定は要支援1~要介護5まで7段階ありますが、要%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b01支援1~要介護1の認定者に関しては、実際は介護保険サービスを利用していない方もたくさん居られます。

支援センターでは元気な高齢者を対象に、認定を受けなくても自立した生活を送れるように、医師、認定看護師、管理栄養士、PT、OT等と連携して各地域で健康教室を行っています。今年になって嬉しいことに、住民の方からの依頼で開催する教室が増えつつあります。

私たちは、地域の方の健康意識が高まり、今後住民同士の声掛けでいろいろな集まりの場が増え、皆が繋がっていつまでも住み慣れた場所で安心して自分らしく暮らせる地域づくりを目指しています。

倉敷市老松・中洲高齢者支援センターは、倉敷平成病院の駐車場西側の倉敷総合ケアセンター1Fにあります。何か不安なこと、困ったこと、気になるご高齢の方がおられましたら支援センターまでご相談ください。

高齢者支援センター OH!

お問合せ:地域包括支援センター
倉敷市老松・中洲高齢者支援センター
TEL:(086)427-1191 FAX:(086)427-0188
〒710-0826 倉敷市老松町4-4-7

通所リハビリの作品を外来へ飾りました~12月「クリスマスリース」~

カテゴリー: 通所リハビリテーション | 投稿日: | 投稿者:

gairai12月ですね。スーパーに行くとクリスマスソングが流れていたり、正月のお飾りが店頭に並べてあったり、一年の終わりに気忙しくなりますね。
通所リハご利用の皆様の共同作品を紹介します。12月は「クリスマスリース」です。「クリスマスらしいリースを作ろう!」とテーマはすぐに決まったのですが、立体的にするためにはどうしたらよいのか、葉っぱの形や重ね方に頭を悩まされたそうです。risu

重なりをだすために、ただ糊などで接着するのではなく、目打ちで穴をあけて、針金でとめてあります。
創作を継続していると、ご利用の方々同士が助け合って作業をされる姿がみられるようになったとのことです。作品が外来に飾られるということでモチベーションもアップしていますと担当のO介護福祉士が語ってくださいました。
ご来院の際は是非ご覧ください。

秘書広報室

乳歯②

カテゴリー: 歯科 | 投稿日: | 投稿者:

%e4%b9%b3%e6%ad%af我が家の次男は今月1歳6か月になり、口腔内はと言うと、上下左右とも第二乳臼歯の萌出を待つだけとなり、乳歯の萌出完了も近くなってきました。

だいぶ乳歯が生え揃ってくると、フッ素塗布をとお考えのお母さん方も多いのでは?

フッ素塗布も大事ですが、我が家ではそれ以前に歯磨きの習慣化させる訓練真っ最中です。

ところで、ご家庭で使用されている歯磨剤にはフッ素が配合だと思いますが、歯磨きをする時にハブラシは水で湿らせて磨かれていませんか?

ハブラシを湿らせて歯磨剤を塗布すると、その分だけ歯磨剤が薄まり、フッ素効果も半減するため、乾燥したままのハブラシに塗布して磨いてみてください。
また、むし歯になりやすい奥歯から磨くとより効果的です。
そして、最後のうがいはしすぎず、ほどほどに!!

歯科 コバ子

第60回院内コンサート開催のご案内

カテゴリー: お知らせ, 秘書・広報室 | 投稿日: | 投稿者:

60consert

12月になりました。スーパー等ではクリスマスソングが流れる今日この頃です。
倉敷平成病院でも好例の院内コンサート(クリスマスコンサート)の開催日が決まりました。

第60回院内コンサート「メリークリスマス2016」で
12月26日(月)の10時30分~11時
演奏は、「アンサンブル倉敷」のトリオ演奏で
ヴァイオリン 松本悠子さん、
チェロ 江島直之さん、
ピアノ 土肥隆弘さんの3名です。

平成20年4月に第1回が開催された院内コンサートですが、記念の第60回を迎えます。
入場無料です。どうぞお楽しみに。

秘書・広報室