デイサービス ドリーム 食欲の秋と芸術の秋を体感する旅

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

10/17(木)、秋のバス旅行へ出掛けて来ました。
少し心配していた天気は朝から良い天気となりました。

まず向かった先は、和食処。こちらでは刺身や稲庭うどん、うな重などのセットから、お好きなセットを選んで食べていただきました。メニュー決めでは「どれも美味しそうで悩むわ~」と頭を悩ませておられました。
以前より、「うなぎを食べたい」という声が多く、今回はうなぎを食べられるお店を選択しました。食事が始まると、美味しくていつもは小食な方が完食されていたので、ご本人さんも驚いたようで「明日は雪が降るわ」と笑っておられました。

昼食後、一行は矢掛へ向けて出発。総社の五重塔を横目にバスを走らせ、その後は昨年豪雨被害の大きかった真備町へさしかかりました。
皆さん、昨年テレビでは見たであろう被災地の姿を真剣な眼差しで見つめ、職員の説明に耳を傾けておられました。
真備町出身の方は、真備町の復興中の姿を目の当たりにして少し安心されたようでした。

その後、矢掛町に到着。芸術の秋を体感していただこうと訪れたのは、矢掛郷土美術館です。期間限定で開催されている【本手描友禅 秋山章の世界展 卒寿記念 代表作を初公開】にお邪魔しました。
ご利用の方のほとんどが手描友禅を生で見るのは初めてとのことでした。私自身も初めて目にしましたが、圧巻の美しさに茫然としました。皆さんも本当に熱心に見入っておられました。「来て良かった。これは、わざわざ来なければ見れなかったものね」と大変喜んでいただきました。

その後は近くの矢掛町家交流館に立ち寄り、お買い物を楽しまれました。矢掛町名物の柚餅子を試食すると、とっても美味しく、こぞって柚餅子を購入しておられました。

バスの階段を上り下りすることは、ご利用の方々にとっては、とても大変なことです。一段一段を一生懸命に上り下りしなければなりません。店や美術館の出入りではスロープや段差を上がり下りしなければなりません。
帰り道に皆さんにお話ししました。今回、無事に旅行に行けたのは、皆さんの日々の努力(訓練)の成果であること。少しずつでも訓練することで、身体の機能が維持されていること。訓練は疲れることもあるけれど、頑張ればまたこのような楽しみが待っていること。
春にはお花見へ行く為に、また明日から訓練や体操を頑張りましょう!と。

デイサービスでの訓練・体操が皆さんの生活を支え、機能訓練で自信につなげ、日々の生活にハリや目標が出来、楽しく過ごしてもらえることを願っています。

デイサービス ドリーム 介護士 K

便秘薬「酸化マグネシウム」について

カテゴリー: 薬剤部 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは、10月も終わりに近づいてきました。朝晩寒くなってきましたが体調は崩されていないでしょうか。

さて、“○○の秋”と聞くと、読書の秋や食欲の秋など様々なものが思い浮かびますよね。みなさんは今年の秋はどのような秋を過ごされていますか?“
○○の秋”で一番に思い浮かぶのは食欲の秋ですね。味覚の秋。秋の食材には、たくさん美味しいものがあります。
しかし、便秘だと美味しいものもたくさん楽しめませんよね。
そこで今回は、テレビCMでもよく見かける便秘薬「酸化マグネシウム」についてお話ししたいと思います。

便秘解消には水分摂取、食物繊維や発酵食品を取り入れた食事、運動などが大切だとされていますが、それでも解消できない場合に便秘薬を服用されている方も多いと思います。
「酸化マグネシウム」は、腸内に水分を引き寄せ、硬くなってしまっている便を軟らかくします。
水分を吸収するため、便のかさが増大しその刺激により腸の運動が活発になり排便を促します。腸を直接刺激する刺激性便秘薬とは異なり、習慣性が少ないことも特徴です。
水分を吸収するため、「酸化マグネシウム」はコップ一杯の水で飲むようにし、こまめに水分摂取を心掛けてください。

比較的安全性の高い薬として「酸化マグネシウム」は昭和25年から広く使用されています。お近くの薬局やドラッグストアでも簡単に購入できるようになりました。
しかし、「酸化マグネシウム」は医薬品です。特に病院で腎臓が悪いと言われた方、高齢者の方、病院で「マグミット」や「酸化マグネシウム」を処方されている方は、注意が必要です。
個人の体質や間違った飲み方により高マグネシウム血症など副作用が起きることがあります。
高マグネシウム血症の初期症状として吐き気・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈などがあります。また、他のお薬との相互作用もあります。

便秘に悩まれている方、市販の「酸化マグネシウム」を飲まれている方は今飲んでいるお薬との相性なども確認させていただきますので、ぜひ医師や薬剤師にご相談ください。

 

薬剤部 MN

倉敷老健 地域貢献活動のお知らせ

カテゴリー: お知らせ, 倉敷老健 | 投稿日: | 投稿者:

倉敷老健では地域貢献活動の一環として11月16日(土)に、マットレスをテーマにした勉強会を行います。参加は無料で、対象は倉敷市内に在住の方、または倉敷市内で勤務している方です。マットレスと言ってもいろいろと種類がありますので、実際に数種類のマットレスを準備して体感していただく予定です。興味のある方は是非お越しください。申込締切は11月8日(金)までです。詳しくはチラシをご覧ください。

<参加申し込み方法>
①メール:kularow2@heisei.or.jp
②FAX:086-427-1196
③電話(代表倉敷平成病院):086-427-1111 倉敷老健
①②③の何れかの方法で、参加者のお名前、連絡先(電話番号)を
倉敷老健 地域貢献担当 高見にお伝え下さい

 

ケアセンターショートステイから秋の便り

少しずつ秋の気配を感じるようになり、
ケアセンターショートステイの秋は、トトロが運んできてくれました。

ショートステイでは毎月、誕生日会、行事会を行っており、今月は10月3日に
ご利用中の6名の方のお誕生日をお祝いしました。
誕生日者の中にはショートステイ最高齢の105歳の方がおられ、紹介をすると
皆さん、「おお~すごいな~」と驚かれていました。
誕生日プレゼントとして、バースデイカードを贈らせていただき、カードを手渡すと、涙ぐみながら、写真を見ている方もおられ、作成したカードを喜んで頂けて、私も嬉しく思いました。

誕生日会のあとは皆さんと遊びりテーションを取り入れて行事会を行いました。
もみじチームとくりチームに分かれて、棒と輪っかを使い、隣の人に送る簡単なゲームですが、「こっち、こっち」や「早よ、早よ」と自然に笑顔や、声がでて落とさないように奮闘しながら積極的に参加してくださり盛大なもりあがりでした。

短い時間でしたが、利用者さんとレクレーションを楽しむことが出来きたと思います。
来月の行事会は秋の大運動会を予定しています。

ケアセンターショートステイ 介護福祉士 E

 

第54回のぞみの会だよりー14ー

カテゴリー: のぞみの会 | 投稿日: | 投稿者:

みなさんこんにちは!
日中の気温も下がり、過ごしやすい季節になってきました。朝晩は肌寒くなってきていますので、体調を崩されないようお気をつけ下さい。
さて、のぞみの会まであと25日となりました。院内の手作りポスターの他に、院外にも
30か所ポスターを掲示させて頂いています。スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなど、様々な場所にのぞみの会のポスターを掲示していますので、外出の際にはぜひチェックしてみて下さい。

11月10日(日)のぞみの会当日、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

★第54回のぞみの会 令和元年11月10日(日)10時~12時『令和時代の地域医療 ~全仁会の取り組み~』★


★ポスターは歯科が作成したものです

のぞみの会実行委員会 栄養科 M

令和元年度 JA岡山西 健康フェアに参加しました

10月4日(金)、JA岡山西、庄支店で開催された「健康フェア」に体操指導という形で参加しまた。健康器具を実際に体験するブースが設けられていたり、健康食品の試飲や試食が行われていたりと「健康」に興味や関心を寄せられている方々が多数参加されていました。

体操の時間は30分間と短めでしたが、来場された多くの方に参加していただくことができました。
体操は座位での全身のストレッチ、立位での筋力トレーニング、脳活性を意識した脳トレーニングという順に行いました。ストレッチではひとつひとつの筋を意識してもらうため、筋の場所やストレッチの際どの部位を意識するかなどを説明しながら行いました。
筋力トレーニングでは目新しい運動は取り入れず、筋トレとしてなじみの深いスクワットなどが自宅でも正しく行えるよう、注意点などを皆さんと確認しながら行いました。
スクワットの様子を見て回っていると、ご参加の方から「スクワットが正しく行えているか見て欲しい」と声をかけていただく場面もありました。
多くの方々が自宅でも自主トレなど運動を行っておられたり、普段から100歳体操などに参加しておられたりと健康への意識の高さが伝わってきました。

最後の脳トレでは左右の手で別の動きを行ったり、あえて混乱しやすい設定で手を動かしてもらったりとゲームのような感覚で参加していただけました。初めて体験される方が多く、間違える場面もありましたが、間違ったことを皆で笑い合いながら、楽しんで参加していただくことができました。体操終了後に「家でも運動だけじゃなくて認知症予防もせんといけんな」とお友達と話されていたことがとても印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

今回の健康フェアを通して、地域の方々の健康に対する意識の高さを改めて感じることができました。また地域に目を向け、健康促進のための活動を発信することの大切さも学ぶことができました。今後もこのような場に積極的に参加し情報発信していきたいです。

予防リハ PT S

中高年の失明の原因を知っていますか?

カテゴリー: 糖尿病療養指導士, 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

1位は緑内障、2位は糖尿病網膜症で、夜盲をきたす網膜色素変性症、最近増えている加齢黄斑変性がそれに続きます。

糖尿病網膜症は高血糖の持続による細小血管障害を原因とする網膜症です。糖尿病罹患後、数~10年で発症し、単純網膜症→増殖前網膜症→増殖網膜症の順に進行していきます。初期は自覚症状がほとんどなく、症状が出現するころには網膜症がかなり進行していることが多いです。

糖尿病網膜症の発症ついて

糖尿病の発症は、糖尿病の罹患期間と密接に関係しており、未治療で放置した場合、7~10年で約50%、15~20年以上で約90%に網膜症が発生します。

糖尿病患者は1000万人を超え、そのうち糖尿病患網膜患者は140万人と推計されています。糖尿病網膜症は適切な血糖コントロールと眼科治療により、発症・進行を抑制できるようになってきていますが、初期の段階では自覚症状が全くないため重症になるまで眼科を受診しないことが問題となります。

糖尿病網膜症はとにかく血糖コントロールが重要です。当院の生活習慣病センターでは糖尿病網膜症を早期に発見するために、年に1度は眼科を受診するようにおすすめしています。当院は同じフロアに眼科が併設されています。糖尿病網膜症の予防・治療のために連携を図っています。待ち時間の間に受診される方も多くいらっしゃいます。

食欲の秋です。この時期は、ブドウや柿など果物がとてもおいしくて、ついつい食べる量が増えて体重が増えやすくなります。糖尿病網膜症にならないために食べた後は体を動かして血糖コントロールをつとめていきましょう。

「RUN伴2019」に参加しました

10月5日(土)「RUN伴2019(らんとも)」に参加しました。
RUN伴とは、認知症の人や家族、支援者、一般の人がリレーをしながら、一つのタスキをつなぎ、認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域づくりを目指すイベントです。

倉敷エリアは、玉島地区、早島地区、グループホーム吉岡からスタートし、それぞれの地域でタスキをつなぎ、最後は昨年被災した真備支所までタスキをつなぎました。

倉敷平成病院からは認知症疾患医療センター長 涌谷先生をはじめとする5名が参加し、倉敷美観地区を走り、倉敷商店街までタスキをつなぎました。
途中、沿道で応援してくださる方もおられ、応援が力となり、最後まで走ることができました。

認知症の人がタスキを渡している笑顔や、頑張っている人を応援している姿を見ることができました。小さなことでもできた達成感や、一人では難しいことでも周りの人の手助けでできることもあると思います。できないことばかりに目を向けるのではなく、できること、できていることに目を向け、地域全体で支え合い、誰もが住みやすい町づくりの一助になれればと思いました。

倉敷老健 介護福祉士 T

注文をまちがえるかもしれないカフェ?!「のぞみカフェ」初開催報告

カテゴリー: ピースガーデン倉敷 | 投稿日: | 投稿者:

令和元年8月3日(土)13時30分~15時の1時間30分の限定で、「グループホームのぞみ」主催の「のぞみカフェ」がオープンしました。グループホームのぞみは、「ピースガーデン倉敷」にある18名の認知症の方々が暮らす施設ですが、会場を1階の「リハビリステーションピース」で、地域の方々やご家族をお招きし、交流することを目的に開催いたしました。

開催にあたっては、地域に案内を配布しました。初めての試みだったので、いったい何人来て下さるのかわからずとても不安でした。
メニューも皆で考え、フレンチトーストとセットドリンク(ドリンクはコーヒー、紅茶など全8種)、かき氷(いちご・レモンなど全4種)でご用意しました。受付、注文、調理、配膳、片付けなど、全てをご利用の方々に担当していただきます。当日は、地域から5組、ご家族5組の計10組のお客様にご来店いただきました。
この企画は、津山市で今年5月に岡山の津山市で「注文を間違えるかもしれないレストラン」が、開店したことをスタッフが知り、当施設でもやってみよう!と実施したものです。
私たち職員も戸惑いながら、手探りでの行事でしたが、皆さんの活き活きとした笑顔に、心からやってよかったと思いました。
今後定期的に開催できればと思っています。
またこの場をお借りしてご案内いたします。

ピースガーデン倉敷
グループホームのぞみ 介護福祉士 YT

※許可を得て画像を掲載しています

第104回 糖尿病料理教室

カテゴリー: 糖尿病療養指導士 | 投稿日: | 投稿者:

10月5日(土)倉敷生活習慣病センターにおいて「第104回糖尿病料理教室」を開催しました。今回のテーマは「体スッキリ!便秘解消ランチ」。暖かい日が続いていますが、秋本番になると気温が下がって血行が悪くなり、腸の働きが低下し便秘になりやすいと言われています。今回は、サツマイモやサンマなど秋の味覚や食物繊維を多く取り入れた献立で、きっと皆さんの腸内環境も良くなったのではないでしょうか。

次回は12月の開催です。3回目のカンバセーションマップ体験後、お弁当を食べる予定です。調理はありませんが、皆様のご参加をお待ちしております♪

【デザートタイム】
バルサミコ酢とはちみつを使った餡で洋風に仕上げました。秋の夜長、お月見をしながらお召し上がりください。

【本日のメニュー】
○ さいまいもペンネ:皮ごとさつまいもで食物繊維たっぷりと。ソースにもさつまいもを使いました。
○ さんまのタプナード:薄切りなすでサンマとプチトマトを巻きアンチョビやオリーブのソースで風味良く。
○ オレンジサラダ:塩麴とヨーグルトで作ったシーザー風のヘルシーなドレッシングをかけて頂きました。
○ チコリボート:コロコロに切った大根や人参をチーズと混ぜ、チコリに乗せるだけでおしゃれに。
○ ゴマ味噌スープ:ゴマと味噌をしっかりすり合わせ、野菜とキノコもたっぷりのスープです。
○ 洋風お月見団子:白玉粉と豆腐を混ぜた生地でモチモチに。
○ ジンジャーエール:しょうがを煮出して作ったシロップで香りの良い辛口ジンジャーエールに。

計576kcal
たんぱく質19.9g、脂質18.2g、糖質91.2g、食物繊維10.4g、塩分2.4g

※メニューご希望の方は倉敷生活習慣病センター受付にてお訊ね下さい。