カテゴリー別アーカイブ: 事務部

外国人技能実習生の受け入れを開始しました

カテゴリー: 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

2020年12月より、全仁会初となる外国人技能実習生の受け入れを開始しました。

外国人技能実習制度とは、開発途上国等の経済発展を図るため海外から技能実習生を受入れ、日本で学んだ技能・技術・知識を習得し、母国で活かす技能移転を目的とした国際協力のための制度です。

この度ベトナム人技能実習生4名を受入れ、現在は倉敷老健入所にて介護の業務習得に励んでいます。日本語の理解はまだ十分とは言えませんが、スタッフとも積極的にコミュニケーションを図ろうと努力しています。
介護技術に関しては、わからないことは質問し繰り返し練習するなど、向上意欲も感じられます。ベトナム人の持つ「真面目で勤勉で優しい国民性」は、介護職にとても向いているのではないでしょうか。

日本での慣れない生活面のサポートもしっかりと行いながら、各々の今後の成長に期待しています。

人事課 H

しっかり換気をしましょう!

カテゴリー: 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

本格的な冬を迎え、気温と湿度の低下により、新型コロナウイルスの感染リスクが高くなっています。感染拡大防止のため特に注意することとして「マスク着用」「手指消毒」「3密回避」「換気・湿度」がよく挙げられますが、今回は「換気・湿度」についてご説明したいと思います。

新型コロナウイルスは気温により感染力維持期日が変化し、低温ほど感染力維持期日が長くなることが判っています。「気温が低い」「湿度が低い」環境は避けて室内は定期的に換気をして下さい。目安として室温は18度以上、湿度は40%以上を保つこと、換気は30分に1回、5分程度すると良いです。

年末年始は特に家にいる時間が増えますが、上記の感染拡大防止対策を徹底しましょう!自分や家族が「うつらないため」「うつさないため」にも、今年は「静かな年末年始」を過ごし新年を迎えましょう。

人事課 M.N

コロナ渦での人事課の取り組み

カテゴリー: 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!人事課です。
11月も近づき肌寒い日も増えましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は今年度猛威を振るっているコロナウイルスの影響の中、人事課の取り組みを一部ご紹介致します。

このコロナ禍で私たちも求職者に向けて見学会・説明会が実施できない期間があり、学生をはじめとする皆様には不安な思いをさせてしまい大変申し訳なく思っております。

最近では以前に比べ状況も少しずつではありますが落ち着き、感染対策を考慮しながら県内在住のご希望の方には院内での説明会をご案内しています。
また、県外在住の方にはリモートでの説明会を開催しております。当初は人事課にとってもリモートでの説明会は初めての経験ということもあり、画面越しでの対応に不慣れな部分も多く学生さんにはご迷惑をお掛けすることもありましたが、今後も試行錯誤を繰り返し、当グループの情報をしっかりと伝えられるベストな方法を考えていきたいと思っています。

就職活動が難しい今だからこそ学生さんにはたくさんの情報を収集してもらえるよう、一人でも多くのお問合せをいただきたいと思っております。
当グループに興味のある方はぜひ求人にお気軽にお問合せ下さい。私達人事課も全仁会の魅力をお伝え出来るよう精一杯対応させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

※宣伝です
この度、人事課・秘書広報課で協力し理学療法士の方向けの紹介動画を作りました。
YouTubeにアップしておりますので是非そちらも見ていただければと思います。
倉敷平成病院リハビリテーション部理学療法士募集動画】はこちら


よろしくお願いいたします。

 人事課 Y

倉敷平成病院 新救急棟 2F手術室・中央材料室 のご紹介

カテゴリー: お知らせ, 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

倉敷平成病院では、2019年3月より30周年記念事業として、新救急棟の増築工事を開始いたしましたこのたび、8月末に新救急棟が完成し、引き渡しが行われました。

9月より部門ごとに、移転が行われ、新手術室へは、9月18日~22日の連休に引っ越し作業が行われ、9月25日に最初の手術が行われました。

今回は、新築移転した新手術室と中央材料室についてご紹介いたします。

まず、手術室について紹介します。新手術室のコンセプトは「常に最先端の手術を行うために、将来の環境・運用の変化にフレキシブルに対応」です。新手術室の運用は現2室から3室となっています。将来、手術件数が増加となれば、4室目も確保しています。

手術室1・2は整形外科・脳神経外科等の大型医療機器を扱う手術室となっています。手術室1は薄い青、手術室2は黄緑のラインを壁に描き、落ち着いて手術を受けることができるようにしています。
米国連邦規格においてクラス1000とし、日本医療福祉設備協会規格を十分に満たしています。主な手術として、人工関節手術や脳動脈クリッピング手術、ニューロモデュレーション手術などを予定しています。面積では現手術室の1.5~1.7倍と十分な広さを確保しています。電源設備も充実しています、医療用コンセントの増設、過電流・漏電対策が備わった設備を各手術室内に設置しました。多くの医療機器を使用することもあり、電気設備の充実にて様々な手術への対応し、停電対策強化で安全に手術を実施することが可能です。

手術室3は薄い赤のラインを壁に描いています。婦人科や形成外科など、女性に配慮した和やかな部屋とさせていただきました。米国連邦規格ではクラス10000ですが、手術実施においては十分規格を満たしており、安全対策も手術室1・2と同様に実施しています。

手術室は2Fに配置となりました。1Fは救急室、既存棟2Fの入院病棟と連結することで、患者搬送やスタッフの導線が簡便となり、周術期管理や緊急手術などに適切に対応できるようにしています。
より多くの手術が実施することとなれば、4室目が稼働することになります。将来はまた違った手術室をお披露目することになるかもしれません。

次に中央材料室を紹介します。当院の中央材料室の役割ですが、手術室や救急・病棟にて使用する器材の洗浄・滅菌を行います。また、法人内で使用する医療消耗品の管理と払い出しを行っています。
新しい中央材料室は拡張され、新たな装置を導入しました。高圧蒸気滅菌装置は1台から2台へ増加、低温蒸気ホルムアルデヒド(LTSF)滅菌装置は今年発売された最新式を導入しました。超音波ジェッド式洗浄装置や乾燥機、作業台も更新しました。今後も手術件数増加や新しい手術にも対応することが可能です。

今回の中央材料室については設計から機器購入について働くスタッフの意見を参考にしました。手術室と兼務しているため、スタッフと手をなるべく省けるよう、わかりやすい操作や一度に多くの滅菌洗浄ができる機器とさせていただきました。

医療消耗品の保管・管理スペースも充実しています。
中央材料室のスタッフと病棟スタッフが交わらないような動線とし、受渡方法はパスボックスを導入しました。医療消耗品は清潔管理が必要となります。他施設でも同様の流れを取っており、今回の増築にて当院も導入を決めました。

 手術室に関わるスタッフや患者さんが安心して手術ができるように環境配備に努めました。9/25(金)より新手術室が稼働します。
スタッフ一同、新たな職場となり楽しみですが、安全第一で頑張っていきます。将来、当院にて手術をしたい医師やスタッフがいらっしゃいましたら是非見ていただきたいです。

手術運営委員会(※原稿は9月11日に執筆されたものです)

思いやりの心 忘れずに

カテゴリー: 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

秋風が心地よく、日が沈むと秋の虫の声が鳴り響き、朝夕は肌寒さを感じる季節となりました。季節の変わり目で体調を崩しやすくなります。体調管理には気を付けながら秋の訪れを楽しみたいと思います。
さて、今月の接遇目標は、

「お大事に」「ありがとう」思いやりの心 忘れずに

となっています。「お大事に」という言葉は医療従事者として忘れてはいけない言葉です。「ありがとう」は、人として忘れてはいけない気持ちだと思います。
どちらの言葉も私たち医療に携わるものは忘れてはならない大切な言葉だと思います。患者さんへの思いやりの気持ちや、一緒に働く仲間への思いやりの気持ちを大切に、これからも日々過ごしていきたいと思います。

人事課 こちょ

「夜間出口のご案内」YouTubeに動画アップしました

カテゴリー: 事務部, 秘書・広報課 | 投稿日: | 投稿者:

救急棟増築工事と感染防止対策により、夜間出口を変更しています。
夜間受付→夜間出口→駐車場(正面玄関)までの案内動画を作成しました。
夜間・時間外受診の際にご参考にしていただければ幸いです。

※一度出られますと、夜間出口からは再入場できません。
再入場の際は夜間入口へお回りください。

倉敷平成病院 YouTubeチャンネル「夜間出口のご案内」
https://youtu.be/SqMTUTIlkLU

【夜間出口ご利用時間】
・月~金:17時~翌8時
・土曜:12時30分以降
・日・祝:終日

夜間受付から駐車場まで徒歩約2分
(2020年8月現在)

秘書・広報課

「ぜっとくん」の応援お願いします!

カテゴリー: 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

全仁会グループの施設・部署での様々なイベントや部活動の応援、求人募集などで活躍している「ぜっとくん」ですが、今年は新型コロナの影響で出番が少なくなってしまいました。
しかし、地域の方、全国の方へ全仁会グループの魅力を伝えるために今年で最後の開催となる「ゆるキャラグランプリ2020 THE FINAL」に出場しています。
8/24 8時現在、144位(800PT)です。
投票締め切りまで残り1か月となりました。
「ぜっとくん」への投票よろしくお願いします。

【投票について】
投票締切:9月25日(金)18時
投票方法:PC・タブレット・スマートフォン・携帯電話からの投票
一日一回、一人何度でも投票可能

※各端末からの投票、投票方法についての詳細は当院ホームページ上部の「ぜっとくん」をクリック、または上記のQRコードを読み取るか、ゆるキャラグランプリのホームページを確認ください。

人事課

イラっときたらまず6秒とは

カテゴリー: 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

当グループには、「わかりやすいやさしい医療推進委員会」という接遇委員会があります(通称わかやさ委員会)。委員会では毎月接遇に関する標語を決めていて、私の所属する部署でも朝礼で毎日読み上げています。今月は「ちょっと待て イラっときたら まず6秒」という標語ですが、こちらの意味を皆さんご存知でしょうか?
6秒というのは、怒りが持続する時間で、長くて6秒と言われています。2019年3月に当院で実施した、わかやさ委員会主催のアンガーマネジメントの勉強会でも教えていただきました。
皆さんも生活する中で、ついついイラっとしたときにすぐに他人にあたってしまったり、声をだして叱ってしまい、衝動的な行動によって後々後悔をしてしまうことがあると思います。しかし、そんなイラっとしたときから6秒を耐えるとだんだん怒りが収まり落ち着いて物事を捉えることができるそうです。6秒を待つためには、①指で手のひらに落ち着く言葉を書いてみる(自分で落ち着く言葉を考えておく)②カウントバックを行う(例えば100から7ずつ引き算をしていく)③深呼吸をする、といった方法があります。
怒りにもいろんな種類・性質がありますが、怒りは伝染しやすく負の連鎖を起こしやすいものです。こういった「怒りをコントロールする方法」を日常生活に取り入れてみることで、自分自身や大切な人のためにも怒りの連鎖を断ち切って、良好な人間関係を構築していきましょう。

人事課 H

検温カメラでの体温測定実施中

カテゴリー: 事務部 | 投稿日: | 投稿者:

当院では新型コロナウイルス感染防止の対応として、6月18日より検温カメラでの体温測定を実施しています。病院正面玄関口に設置しており、カメラの前をゆっくり歩いていただくと自動で体温が測定されるシステムです。

新型コロナウイルスの影響は私たちの身近な地域でも飲食業や施設の閉鎖、店舗の営業自粛など多方面で出ています。もしこのまま収束の方向に向かったとしても次に問題となるのが「再発」です。第2波、第3波、ポストコロナの恐れも囁かれております。ウイルス感染の主要症状とされる発熱者を検温カメラで検知することで病院内においての感染リスクを0に抑えるべく、発熱の疑いがある人を効率的に検知、高速かつ非接触のスクリーニングを実現します。
ご利用いただく全ての方の安全を最優先に、職員一同努めて参りますので今後も何卒ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。

人事課 M

「介護職募集案内」パンフレット改訂しました

カテゴリー: 事務部, 秘書・広報課 | 投稿日: | 投稿者:

介護職希望の方向けのパンフレットが新しくなりました。
気になる職場の環境や福利厚生、最新のデータや全仁会グループで働いている介護スタッフの声などを掲載しております。

新型コロナウイルスの影響で就職フェアへの参加や職場見学を行うことが難しい状況ですが、このパンフレットを通して当グループに興味を持っていただけたらと思います。

郵送での配布も行っておりますので、介護の仕事をお考えの方は気軽に電話やメール、介護職募集サイトお問い合わせフォームからお申込みください。
担当:人事課 日笠(ひかさ) 米村(よねむら)

「介護職員募集案内」パンフレットのPDFデータはこちらからダウンロードしていただけます。

秘書・広報課