カテゴリー別アーカイブ: デイサービスドリーム

夏本番!“流しそうめん”を行いました!

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

連日気温30度を超える暑さが続き、蝉の声が次第に大きくなってきた7月17日、海の日。デイサービスドリームでは、夏の風物詩、流しそうめんを開催しました。

中庭の水道からホースを引き、ホールをバーンと横切って竹が組まれると、「わぁー、ここからそうめん流すのー?」「早く食べようやー」利用者の方々の興奮は次第に上昇。いよいよ、竹を挟んで両脇に、おつゆと箸を持って皆さんスタンバイ。

「さぁ、お待たせしました。行きまーす!」T管理者のかけ声に皆さん息を呑んで竹の上方を見つめます。来たー、と思ったら最初に流れてきたのは氷。コロコロコロ・・・「えー!?こりゃ挟めんよー」あたふたと箸を動かす様子を見て、そうめんを流す係のO管理栄養士が笑顔で一言。「今のは練習!はい、これからよー」よし!と気合を入れたところへ、今度こそゆらゆらと踊るようにそうめんが・・・「よっしゃ~、つかまえた~♪」ひたすら黙々とそうめんを捕まえては、食べる事は二の次としておつゆの中にどんどん入れていく人、一回すくったらのんびりと味わって食べ、後のそうめんには見向きもしない人、皆さん自分なりの流しそうめんを満喫されたようです(^O^)

ところで、流しそうめん発祥の地をご存知ですか?ふと気になって調べたところ、宮崎県の高千穂峡なんだそうです。偶然にもこの3月に縁あって私は初めてそこを訪れました。数キロに渡ってそそり立つ断崖と崖上に繁る緑の木々。青い澄んだ水に浮かぶ数々のボート。神秘的な光景は記憶に新しい所です。昭和30年頃、野良仕事の合間に外で茹でたそうめんを高千穂峡の冷水にさらして食べた事が言われだそうです。

美しい高千穂峡の光景を思い出しながら頂いた今年のそうめんは、私にとっても又格別なものでした。

「みんなでワイワイ食べるとおいしいね」「冷たくて不思議といっぱい食べれるよ」皆様方の嬉しい感想に、私たち職員もほっこり気分(^^)早くもこの夏の第2回目の流しそうめんに向け、もっと喜んでいただけるよう、あれこれと思いを巡らすのでした。これから暑さも一段と増す事でしょうが、そうめんの力で、どうか皆さんが元気いっぱいにこの夏を乗り切っていけますように!

看護師兼機能訓練指導員 Y.M

デイサービスドリームより~共に七夕づくり~

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

日が経つのは早いもので、1年の前半が過ぎ、後半がスタートしました。7月に入って更に暑さが増し、暑気払いをしたくなる季節になってきました。水分や睡眠・食事をしっかりとって、暑い季節を乗り越えて行きたいですね。
7月といえば七夕ですね。沈みがちな気分を吹き飛ばすかのように今年も、デイサービスでは、提灯や、天の川・吹流し・鶴・スイカなどの飾りを作る時間を設けたところ、皆さんとても楽しく過ごされていました。ご利用の方同士が力を合わせて同じ物を作り上げることで更に仲良く、お互いの距離を縮められる良い機会になった様に思います。大袋一杯になるほどたくさんの飾りができました。最後に皆様おひとりおひとりの願い事を、したためて頂きました。
短冊の中に面白い願い事がありましたので、一部ご紹介しますと、『美しい女性に会えますように』『白馬の王子様が迎えに来るのを待っています』『かかあ天下になりたい』というものがありました。私は『ドリームご利用の皆様が笑顔で楽しく過ごせますように』と短冊にしたためました。
そちらをケアハウスとデイサービスと合同で、立派な笹3本に、飾りつけを行いました。
まずテーブルを3箇所準備して、その上に1本ずつ笹を横に寝かせて、テーブルごとに準備をしていた飾りを分け、飾る前の準備は完了です。
約30名の利用者様方が飾りつけに参加して下さいました。利用者様には思い思いのテーブルについてもらい、スタッフも各テーブルに別れ、飾り付けスタートです。
思い思いに飾り・短冊を飾っていきました。口々に何処がいいとか、何処が足らないとか伝え合い、終始笑い声も絶えず、1時間とかからないうちに楽しい飾りつけは終わりました。完成した笹を見ると、笹一杯になるほど飾られており、見違えるようになっていました。
七夕の当日は曇りがちで、天の川は見えず残念でしたが、皆様の願い事は天に届いたのではないかと思います。

デイサービスドリーム 介護職О

ケアハウスで笑いヨガ始めました

中国地方も梅雨入りし、毎日うっとうしい日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
ケアハウスでは今年の2月から、入居者ご家族様からのボランティア申し出があり、笑いヨガ教室を開催しています。
ところで、皆様は、笑いヨガって知っていますか?最近テレビや新聞などでも取り上げられている、健康に良いと話題の笑いの健康体操です。おかしさや、ユーモアを使わず、体操として笑います。そのうち不思議な事に、自然に笑えるようになって来ます。笑いにはリラックスしたり、肺を大きく膨らませる等の健康効果がありますが、自然な笑いでも、体操としての作り笑いでも、人間の脳は区別がつかず、身体への健康効果は同じであると、科学的に実証されているそうです。どうせ同じなら、笑わにゃ損ですよね!私が笑いヨガに最初に興味を持ったのは、2年ほど前の高尾代表の講話で、入居者の方から、笑いヨガをやってほしいとの要望があったときです。その時は、笑いヨガって健康にはよさそうだけど、どうやっていいものかまったく見当がつきませんでした。その後テレビやインターネットで笑いヨガを目にする機会があり、これなら、体操や行事にあまり参加されていない入居者の方にも、今までとはちがうアプローチができるのではないかと考え、自分なりに笑いヨガについて積極的に勉強するようになりました。デイサービスのプログラムの準備体操代わりに、少しずつ取り入れるようにしたり、ケアハウス内の勉強会で、他の職員にも笑いヨガの素晴らしさを知ってもらいたくて、実際に体験してもらったりと、いろいろ取り組んでいたところ、思いがけず笑いヨガ教室の話があり、私も、サブとして一緒に参加させて頂き、ますます笑いヨガの魅力にはまっていきました。そんな時に「笑いヨガリーダーの認定講座を受けてみないか」との嬉しい話を頂き、2日間の研修を終え、晴れて笑いヨガリーダーの認定を受ける事ができました。
そして5月25日。初めて自分が主となって展開するケアハウスでの「笑いヨガクラブ」を開催する事ができたのです。あの時の入居者の方からの一言から、時間はかかりましたがやっと約束を果たすことが出来ました!当日はケアハウス、デイサービス合わせて、31名の参加があり、大いに盛り上がることが出来ました。終了後は、「楽しかったよ」「また来るからね」とうれしい言葉を頂き、なにより嬉しかったのは、体操等の参加を拒んでいた車イスの入居者の方が初めて参加され、喜んで頂けた事です。来月もまた、皆様に喜んで頂けるような、楽しいプログラムを考えたいと思っています。毎月第4木曜日に開催しています。興味をお持ちの方は是非遊びに来て下さい。

ケアハウス ドリームガーデン倉敷 介護福祉士 N

笑顔いっぱいのこいのぼり

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

5月5日はこどもの日。こどもの日と言えば屋根より高いこいのぼり!と言うのはもしかしたら今は昔なのかもしれません。
住宅事情なのか、はたまた現代人はこいのぼりを上げる時間すら惜しいのかはわかりませんが、昔に比べて街を泳ぐこいのぼりが減ったのも事実で私自身寂しく思っているところです。

皆さんのおうちの近所ではこいのぼりはあがっていましたか?わたしたちデイサービスドリームはないなら自分たちで作るをモットーに5月5日こどもの日当日こいのぼりの壁画作りにチャレンジしました。

私は4月にデイサービスドリームへ異動してきたばかりですが、定員20名という規模は思った以上にアットホームな雰囲気で、創作をする際も皆さん心の距離が近い!そして、なじみの方ばかりの関係性がそうさせるのか、自然に役割分担もできていて、「〇〇さんはこれして」などと指示を出す方がおられれば、黙々と作業を進める方、楽しくこいのぼりの歌を口ずさむ方もいて、この人数ならではの一人一人の顔が見える現場を新鮮に感じているところです。

ご利用の方々とスタッフで協力してあっという間に完成したこいのぼりの壁画は、デイサービスドリームの玄関で新しく5月の顔になりました。写真は、完成を記念しての1枚ですが皐月晴れの空を悠然と泳ぐこいのぼりをバックに皆さん満面の笑顔です。

これから、デイサービスドリームをもっと「良くなる、感動する、楽しい、キラキラ輝く、デイサービス」にできるよう私も頑張っていきますのでよろしくお願いします!

デイサービスドリーム 介護福祉士S.T

ドリームガーデン倉敷「お花見食事ツアー」開催

 平成29年4月5日(水)、今年もケアハウスドリームガーデン倉敷とデイサービスドリームと合同でお花見食事ツアーへ行ってきました。49名がご参加くださり、バスで日帰り旅行の先導役、職員恒例のバスガイドの面白おかしい話を聞きながら、最初にたどり着いたのは岡山いこいの村です。出迎えたのは大きな「しだれ桜」。満開の桜を眺めていると、気分も華やかになり、ますますこの旅が楽しくなりました。
岡山いこいの村では、身が分厚いお刺身が盛ってある『お刺身御膳』を食べました。もちろん、お花見に欠かせないビールや焼酎などのお酒も忘れずに注文。さらに、今年は特別に『鶏鍋』も追加注文し、皆さん仲良く昼食を頂きました。ケアハウスで食べる機会が少ないお刺身は、皆さんに大人気で「分厚い刺身だ。嬉しいなあ。」、「入れ歯じゃなかったら、よく噛めてもっと美味しいよ!」と喜んでいただけたようです。昼食時間が、ちょっとした宴会のようでした。まさに、お花見宴会です!
次に向かった先は、道の駅一本松展望園です。ここでは、お買い物タイム。野菜や果物、佃煮、お菓子を買う方もおられれば、有名な塩アイスを召し上がられたり、カフェでコーヒーを楽しまれる方もおられ、自由なひと時を過ごしていただけたようです。
少し残念だったのは、昨年満開だった桜がまだ咲いていなかったことでした。でも、こうして一緒に一日旅行に行けたことは良い思い出となり、「また来年も行こう!」という楽しみが増えました。
出発前は「足が弱ってるから、楽しめるかな~。」と心配される方も、いざツアーへ行ってみると「リハビリ頑張ってたおかげかな?なんだかんだで行けたわ~。また行けるかな。」と最後まで自分の足で歩けたことが喜びと自信に繋がったようです。
また来年も参加できるよう、リハビリも頑張って下さいね。
ケアハウス ドリームガーデン倉敷
介護福祉士 Aさん

(※許可を得て写真を掲載しています)

ドリーム音楽療法修了式

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

平成29年3月29日水曜日、待ち望んだドリームガーデンの桜がついに2〜3輪ほころんだその日。デイサービスドリームでは、一年間の過程を修了した節目として音楽療法の修了式が執り行われました。(音楽療法は隔週水曜日に日本音楽療法認定の音楽療法士の先生に来ていただいて行っています。)
   歌が大好きな皆様は、いつも水曜日になると「今日は音楽療法あるんよね?」「午後から楽しみ!歌の先生来てくれるんじゃろ?」 と朝からニコニコ顔です。 ときには体の調子が悪かったり、気持ちが重かったり、気乗りしないまま参加される方もあります。それでも歌は 癒しであり希望なのでしょう。音楽療法士の先生の楽しいトークの効果も抜群で、音楽療法が終わる頃にはいつも全員が晴れやかな笑顔に変わっています。
一年間頑張り続けたそんな皆様へのささやかなお祝いとして、修了式に毎年職員手作りの造花のコサージュを贈らせていただいています。出席されるお一人お一人の顔を思い浮かべながら、今回選んだメインの花は桜・・・それは万人に愛され、希望をもたらしてくれる花です。

華やかな薄ピンク、かわいらしい濃いめのピンク、少しずつ趣の異なる桜のコサージュを胸につけて修了式にのぞまれ、お一人ずつ厳粛に修了証書をいただきました。「仰げば尊し」「蛍の光」を気持ちを込めて合唱される皆様の顔は、少し緊張しているようでもありましたが、とても誇らしく輝いて見えました。

どうかこれからも皆様がますますお元気で、桜の花のようにみんなに希望をもたらしてくれるきれいな歌声を、ホールいっぱいに響かせてほしいと願いを込めて・・・
デイサービスドリーム看護師兼機能訓練指導員        Y.M

~デイサービスドリームに異動して~

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

平成29年3月1日よりデイサービスドリームに異動になりました、О です。全仁会グループに入職して、9年間倉敷老健で働いていました。老健は重度の方の介護もあり、目まぐるしく働いていました。その合間を縫って入所者の方と会話をすることで楽しく過ごせ、色々と勉強になることもありました。そう過ごしている中、入職後3年経ち大体の業務を覚えてきた矢先、ヘルニアを悪化させ手術し、その後体力も回復、無事に復帰しました。ただ自分の腰を含め、身体を庇い仕事をするようになり、中々自分の思うように動けず悩むようになっていきました。その時には悩むことが大きく、運動をして体力アップを目指そうとまでは思えませんでした。そして何より業務に追われて、自分にとっては一番大切にしていきたいと思っていた、利用者とのコミュニケーションを取る事ができていないのが大きな課題でした。毎日、どのようにしたら業務をスムーズに行いながら、入所者とコミュニケーションを確保できるか考えていました。でもゆっくりと話を聞いてあげられる時間まで確保するには至りませんでした。このままで良いのだろうかと考えるようになり、介護福祉士としてステップアップをする必要があるのではないかと思っていた矢先に、デイサービスへ異動となりました。

今までデイサービスでの勤務はしたことがなく、戸惑うばかりの毎日です。でも利用者様方と接していく時間が増え、職員の皆様方も面白く、楽しく、優しい方々なので、笑顔で働けています。利用者の方々にしっかりと、挨拶やコミュニケーションをとりながら、気持ちよく過ごして頂けるように、目配りや気配りも大切にしています。創作活動や集団体操・個別機能訓練など、皆様お元気で活発的な姿にびっくりしました。ここでならば自分の課題であったコミュニケーションをしっかりととれ、老健ほどに業務に追われることなく仕事を行っていけると思いました。そして徐々にではありますが、体力の維持・向上を目指そうと思える様になってきだしています。

上司より通所や入所などの経験を重ねていけば、今後の自分の強みになると教えて頂きました。少しでも、ドリームの職員として力になれるように頑張っていきたいと思います。

デイサービスドリーム 介護職О

新しい一年の始まりに向けて

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

「しばらくデイに来れんで寂しかったよ~」「やっぱしデイサービスがないと身体の調子がイマイチじゃわ~」と新年明けてのデイサービスは、利用者の皆様のにぎやかな声と笑顔の花がたくさん咲いていました。
中には「昨年からあまりいいことなかった。」と、少し寂しい気持ちの方もあるようですが・・・安心してください!? 昨年デイサービスの壁画として誕生したドリーム神社には、今年新たに七福
神が加わりました(^^)20170116-2
この七福神は利用者の皆様が一生懸命に色紙をちぎり、協力しながら貼り合わせて作って下さったものです。それぞれの想いがぎゅっと詰まって完成した七福神。今度はきっと皆様のことを暖かく見守り、多くの福をもたらして下さるに違いないと私は確信しています!
「良くなる、感動する、楽しい、キラキラ輝く、デイサービス」を目指して、私たち職員にとっても又新たな一年。
デイサービスでお友だちができた。素敵な作品が作れた。体の 調子が良くなった。みんなで作ったご飯やおやつがおいしかった。今日はこんなこと勉強になった。なつかしい歌を歌えた。久しぶりに庭の土に触れた。無理だと思っていた外出ができた。皆様のそんな声と笑顔こそが最高の宝物だと思っています。
さあ、今年は、今日は、どんなワクワクが待っているでしょうか?20170116-1
晩秋に皆様が植えて下さったチューリップは、早くも10本ばかりが芽を出し、暖かな春を待ち望んでいます。皆様にとって最高の一年でありますように願いを込めて。 今年も夢多きデイサービスドリームをよろしくお願いします!

デイサービスドリーム         看護師兼機能訓練指導員        Y.M

温かい春を目指して~チューリップを植えました~

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

20161212-2 寒さが強さを増し年末も近づいた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?デイサービスドリームでは先月11月に屋外機能訓練の一環で、ドリームガーデン倉敷の一角を活用して、ご利用の皆さんと一緒にチューリップやムスカリ等の球根植えを行いました。
この日は天気もよく持参された帽子や上着を着て準備万端、職員と軽い体操を行い体をしっかり温めてから作業を行いました。事前に職員が畑を耕し、土を柔らかくして準備していたのですが「これじゃ深さが足りんよ」「きれいに整えんとだめよ」と何人かの方がシャベルをもって土を耕され、あっという間に綺麗なウネを完成させてくださいました。
球根植えの際も球根をお渡しすると、普段は杖を使われている方も、杖を置いて膝を曲げてしゃがみ20161212-1一つ一つ球根を植えていかれました。普段の訓練の際には「訓練はしんどいからやだ」とおっしゃっておられる方も、土を耕している間は笑顔で「昔はよくこうやってガーデニングをしていました」「野菜を育てていた時を思い出すわー」と懐かしい話で盛り上がりました。球根植えが終わると最後は職員が土をかぶせ、みんなで三本締めを行いました。
球根を植えた「小さな畑」は訓練室から見えるので、チューリップの小さな芽が土から顔を出すと、「目がでてきたなー」「寒いのにたくましいわ」と話題が尽きません。
これからもご利用の皆様が元気に楽しく体を動かせられる機会を考えていきます。

デイサービスドリーム 介護福祉士H.T

デイサービスドリーム 秋の蒜山バス旅行

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

デイサービスドリームでは、10月27日に屋外機能訓練の一環として秋のバス旅行に行って来ました。今回は2回目の蒜山へのお出かけです。10月に入って、ポスターが貼られた頃から、「楽しみじゃなー!」「今度は蒜山に連れて行ってくれるん?」「紅葉が見れるかな―?」など利用者さんから心待ちにする声が多く聞かれました。

週間予報では、ちょうどその日は雨の予報。少し心配されましたが、皆さんの日頃行いのおかげでしょうか。当日は、みごとな快晴で快適な旅行日和となりました。

ケアハウスの職員に見送られ、大型バスにゆられ、いざ蒜山に出発です。職員の紹介の挨拶が終わ20161114-1ると、皆様お待ちかねの、美人で?安上がりのバスガイドさんの登場です。バス旅行に際しての注意点や時間の説明など軽妙なトークと、3ヶ国語でのアナウンスで、車内は笑いと拍手で大いに盛り上がりました。もちろん、車内でできる体操や合唱もおこないました。

楽しい時間であっという間に過ぎ、蒜山に到着です。おいしい匂いに誘われてレストランに入ると、蒜山おこわに蒜山そば、天ぷらにお刺身など、美味しそうな昼食が、テーブルで皆さんを待っており、

さっそく頂く事にしました。とてもおいしく、皆様秋の味覚を味わい、大満足のご様子でした。

しかし、隣の席からはジンギスカンの匂いや大きなカニを目にして、「今度は焼き肉やカニが食べたいな~」と言われる方も。今回は予算都合で仕方ありませんでしたが、次回の参考にしたいと思いました。

お腹が満たされた後は、お買い物の時間です。おまんじゅうや、お漬物など、家族やお友だちにと20161114-2皆さんそれぞれにたくさんのお土産を買われたようです。最後に、お楽しみのソフトクリームを頂いて、バスへと戻りました。

蒜山は少し寒かったですが、体調を崩される事もなく、無事旅行を終える事ができ、ほっと一安心しました。準備の段階から、酔いやすい方や歩行に不安がある方への配慮や、○○さんと一緒の席にして欲しい、というリクエストがあったり、当日気持ちが変わりキャンセルがあったりと、大変な部分もありましたが、このバス旅行を機会に、訓練の目標を持って頂き、皆様に喜んで頂けるよう、職員一同頑張りたいと思います。
20161114-3

 

 

 

 

 

 

 

デイサービスドリーム 介護福祉士N