カテゴリー別アーカイブ: デイサービスドリーム

夏と言えば、ハワイ☆☆☆

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

新型コロナウイルス感染予防の為、外出自粛の日々が続いていたので、ご利用の皆さんの気分も下がりがちで「どこか出かけたいわ」「遊びに行きたいわ」という声があり、外出出来ないからこそ、気分だけでも旅行に出かけよう!!夏らしさを感じよう!!ということで、この壁画作りに取り組む事になりました。

出来るだけ華やかにと色鮮やかなハイビスカスをたくさん作りました。
ハイビスカスは、お花紙を2回折って角を丸く切り、芯にモールを差し込むだけの単純な作業ですが、ご利用の皆さんにとっては、「どこを切るんじゃったかな?」「芯はここで良かったかな?」と思いのほか難しい様で、良い手先のリハビリにもなりました。

ハイビスカスがたくさん出来たら、葉っぱを型通りに切って、海は絵の具で塗って…と順調に進めていき、ヤシの木・グラマラスなフラダンサーも登場☆フラダンサーの首にかけているレイも小さなお花をたくさん付けています。

細部にいたるまで手を抜かず、それぞれの部品を組み合わせて完成です♪
仕上がりを見て、皆さん「ええのが出来たわ」「ハワイに行ったみたい」「明るくて元気になるね」と喜んでくださいました。

まだまだ新しい生活様式にも慣れませんが、出かけられなくても様々な工夫をすることで気分転換し、楽しく生活していただけるようにプログラムを考えています。

               デイサービス ドリーム 介護士 S

開設10周年を迎えました

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

梅雨に入り真夏のような暑さに体がついていかず、少々ばて気味な今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さてデイサービスドリームでは、6月1日(月)に開設10周年の記念式典を行いました。
式典の後は、アイサービスさんの心のこもったお祝い御膳を皆様と一緒にいただきました。

開設時の利用者は3人だったそうです。開設時より今まで10年ご利用頂いている方が1名だけいらっしゃいます。時々開設当初の話も聞かせてくださいます。

デイサービスドリームは、『キラキラ輝く』をモットーに10年という節目を迎えました。職員は、ご利用者様の毎日がキラキラするよう、楽しいだけでなく、体を動かしたり、脳活性が出来るようにとプログラムを工夫し、皆様の生活がキラキラかつ活動的である様、お手伝いさせていただいています。

悲観的な発言の多かった方の笑顔が増えたり、訓練を続ける事で外出出来る様になったり、

元々お好きな趣味活動(手芸・園芸・脳トレなど)がより活動的になったり、中には『ここへ来るだけで、精神的に落ち着くんだ。』と言ってくださる方もおられます。

手取り足取りではなく、困った時に少し手を差し伸べて、そばで気持ちに寄り添い支えていくことが出来る。そんなデイサービスでありたいと考えています。

デイサービスドリーム  介護福祉士N

 

春の園芸活動  

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:
高齢者の園芸療法には以下のような効果があります。
・自然と体を動かす機会になる
・高齢者の自発的な活動を引き出す
・他者とのコミュニケーションにつながる
・気分転換の機会になる
・季節感を味わうことができる
デイサービスドリームでは、今年も園芸活動として利用者様と一緒に野菜を植えました。一昨年はゴーヤだけでしたが、昨年はオクラ・パプリカ・キュウリ・みょうがなどの夏野菜を植え、たくさん収穫できて、利用者様と美味しくいただきました。そして、今年は、オクラ・みょうが・きゅうり・ナス…そして、新たにスイカにも挑戦してみることになりました。スイカは『黒皮赤肉大玉スイカ 3Xブラックジャック』と言う高級スイカです!!
何度か経験しているとは言え、私たち職員も野菜作りは素人なので、農業をされていた方や趣味で野菜作りをされていた方に教えていただきながら作業しました。取り掛かるまでは、「今の時間は暑い」「どうでもいい」などと言われていた方も、いざ始めると、手に怪我をして包帯を巻いているにも関わらずそんなことはお構いなしで土いじりをされたり、普段は足や腰が痛いと言われているのに、無我夢中で立ったまま作業をされていました。大丈夫かな?と私は気が気ではありませんでしたが、そんな私の心配をよそに皆さん生き生きと作業されていました。また、指導者がたくさんいて(笑)、私はこうしていたとか、こうした方がいいとか、少々意見の食い違いがありながらもワイワイとみなさん楽しそうでした。やはり、園芸活動は普段見られないような一面を引き出すようですね。
5月5日に植えたナスは、たったの2週間でもすくすくと成長を見せてくれています。毎日、利用者様と一緒に水やりをしています。ナスが好きな私は、大きく成長することを願い、そして、味見できることを楽しみにしています。余談ですが、私がもっと大好きなのはスイカです!今年の夏はドリームスイカを味わえるのではないかと密かに楽しみにしています。利用者みなさ~ん、私にも1口分けて下さいね。よろしくお願いしま~す(笑)
大きくな~れ! 美味しくな~れ!
デイサービスドリーム 看護師 Y

桜の癒し

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

春と言えば、デイサービス ドリームでは毎年桜の開花時期に合わせ、屋外機能訓練としてお花見ツアーに出かけていました。今年は残念ながらコロナウイルスの影響を受け、中止せざるを得ませんでした。

皆さん出かける事もままならず、部屋にこもる時間が大半となり、ストレスの溜まる生活を強いられています。

 

 

 

 

しかし、ありがたいことにケアハウス敷地内には立派な桜の木があります。桜はコロナウイルスなどお構いなく、今年もたくさんの花を咲かせてくれました。花見に出かけることは出来ませんが、室内から見える満開の桜で少しでも皆様の心を癒せたら。。。と、園庭の桜を眺めながらお花見御膳を頂く事にしました。
お花見御膳には桜の葉に包れた《鯛の桜蒸し》や《お花見団子》が入っており、春を感じさせてくれるメニューで、本当に皆様喜んでくださいました。

今年はお花見ツアーに行けず、残念ではありましたが、1日でも早くコロナウイルスが落ち着き、平穏な日々を取り戻せることを願っています。

 

デイサービス ドリーム 介護士 K

ひな祭り会

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:
デイサービスドリームでは、3月3日に「ひな祭り会」を開催しました。

まずは、「うれしいひな祭り」を歌って場を温めます。その後は、ひな祭りに関するクイズです。「お内裏様が手に持っている物はなんでしょう?」など次々に問題を出していきます。知っている様で知らない。分かっている様で分からない。といった感じで、皆さんを悩ませていきます。そして眉間にシワをよせながらケアハウスの玄関にある7段飾りを一生懸命思い出そうとされていました。答えが分かった瞬間「あぁ、そうじゃった、そうじゃった」とあちらこちらから声が出ていました。

    クイズの後はひな祭り会のメインイベント「トントン相撲」です。トントン相撲(紙相撲)は力士を模した(今回はお内裏様とお雛様)紙で出来た人形を紙箱の土俵の上に乗せ、指で箱を叩いて振動させることで動かし、相撲の取り組みに似た動きをさせて勝敗を競う遊びです。一見、地味な遊びですが「はっけよいのこった」の掛け声と同時に皆さんの闘志にスイッチが入ります。「あぁ負けたー悔しい」「やった勝った」「もう1回やらせて」など、とても盛り上がりました。
最後はひなあられと豆乳甘酒をいただき楽しく会を終えました。童心に返りほっこりした時間を過ごして頂けたのではないかと思います。

デイサービスドリーム 介護士S

ドリーム学校

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

2月7日ケアハウスではお雛様の飾り付けが行われ、7段飾りの立派な雛壇が玄関ロビーにお目見えしました。同日デイサービスドリームでは、毎月午後のプログラムに組み込んでいるドリーム学校創作の日でした。ご利用の皆様に指先のリハビリを兼ねて、手作りの作品を制作し、お部屋に飾ってもらっています。中にはお孫さんやご家族にプレゼントするのを楽しみにしていらっしゃる方もおられます。

ドリーム学校では『お雛様』作りに挑戦しました。今回の手作りお雛様はお花紙を使ったとてもかわいらしいもので、赤とピンク、青と水色のお花を開くところからスタートです。指先を上手に使って1枚ずつ開いていくとふんわりかわいい姿に変身です。力を入れすぎて破れてしまうアクシデントもあちらこちらでありながらも、そこはうまくごまかして何とか形を整えます。人形は顔が命。皆さん顔を書く時は少々緊張しつつ、「難しいなー、どうやって書いたらいいかわからんわー」等とざわざわしながらも、それぞれ個性的なお雛様が誕生しました。後ろに見える小さな飾りは、糸に付ける作業が大変でした。最後にアーチ状に飾り付けをして完成です。少し時間オーバーしてしまいましたが、無事に皆様のお部屋にお持ち帰りとなりました。

昔の様に立派な7段飾りは飾れないけれど、手作りのこんなに可愛いお雛様で、昔を思い出して季節を感じて頂ければ嬉しく思います。

次は何を作ろうかな?

介護福祉士N

昨年同様…

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

新年始まりのプログラムと言えば
昨年もやりました、《絵馬の奉納・書初め・福笑い・色かるた》

『私、字が下手だし・・・』や『うまく出来ないし・・・』とあちらこちらで聞こえてきました。
これも毎年、恒例です(笑)

いざ始まると、皆様、真剣な眼差しで取り組まれます。

そして、時々、笑いあり。
なぜだか、急に感動あり。
いつしか、皆で大笑いに。

終わった時には、『早速、新年の初笑いをさせてもらったわ♪』と良い笑顔でした!

今年もデイサービスドリームは、ご利用の方々・職員共々、笑いの絶えない時間を過ごせる様に、たくさんの工夫を凝らしたプログラムを提供して参ります。

デイサービスドリーム K

粒江ふれあいフェアに参加して

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

12月8日(日)に毎年、粒江小学校で開催されている地域の行事「粒江ふれあいフェア」に行ってきました。参加希望者を募り、毎年楽しみにされている方、今年初めて参加される方、それぞれの思いを乗せてケアハウスを出発しました。

「粒江ふれあいフェア」では、つきたてのお餅(なんと格安3個入り100円)、そのお餅を使ったぜんざい(無料)、フランクフルトやイカ焼き、地元で採れた野菜やみかん、カレーやうどんの販売、また、お菓子釣りやしめ縄作り、健康チェックやプラ板作りなど盛りだくさんのイベントが開催されています。

このような賑わいのなか、デイサービスドリーム今年は輪投げのコーナーを設けました。景品はデイサービス利用者の皆さんと一緒に子供たちへ向け気持ちを込めて作ったクリスマスツリーやアイロンビーズ、アクリルたわしなど。なかでも、クリスマスツリーがダントツの人気でした。今年ケアハウスで発足した奉仕活動グループ「ドリームクラブ」のメンバーにも輪投げのお手伝いをして頂きました。子供たちに輪っかを渡したり、人数が増えてくると「1列に並んでね」と声をかけたりと思っていたより大忙しでした。普段のケアハウスでは味わうことのない、多くの人々との交流を持つことが出来ました。皆さん、それぞれ会場を回った後には両手にたくさんの荷物が。お餅やみかん等々。

ケアハウスに到着してからは「楽しかったわぁ」「天気が良くてよかった」「また、来年も連れて行ってね」などと、とても喜んでおられました。ケアハウス内だけでは難しい地域との交流が図れたこと、多くの子供たちと触れ合えたことはケアハウスの入居者さんにとって良い機会になったと思います。

今年も残りわずかとなりました。体調を崩すことなく、よいお年をお過ごしください。

デイサービス ドリーム 介護士 S

防災への意識

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

朝、晩とめっきり寒くなってきましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

先日、11月6日(水)にデイサービスドリームではケアハウスと合同での避難訓練を行いました。毎年2回、前回の反省から改善点を見直し、ご入居の方をはじめ職員、当直者などあらゆる関係者と連携しながらの訓練を心がけています。今回の訓練では「当直帯での非火災による感知器作動」と「日勤帯での火災による避難訓練」を想定しご入居の方に安全に避難して頂く適切で最善の方法の習得と、火災発生時の対応方法を理解して頂く機会の提供を目的として行いました。今回の訓練を通して感じたことは、ここ最近の日本各地で起こった今までに経験したことのないような自然災害や、台風被害による悲惨な被災状況を目にする機会が多かったせいか、今まで他人事だと思っていた状況が自分の身にも起こるかもしれないというひとりひとりの心の変化です。訓練終了後にはご入居の方にも集まっていただき、全体の流れや防火設備についておさらいし、最後にはご入居の方々から質疑応答、たくさんのご意見を頂きました。私自身も自分は大丈夫という根拠のない思いを反省し、防災への意識を高めたいと強く思いました。

今日本では、どこで何が起こっても不思議ではない状況です。備えあれば憂いなし、、、大切な家族や、職場を守るために、一人ひとりが日頃からしっかりと考えていきたいものです。

 

デイサービスドリーム 介護福祉士 N

デイサービス ドリーム 食欲の秋と芸術の秋を体感する旅

カテゴリー: デイサービスドリーム | 投稿日: | 投稿者:

10/17(木)、秋のバス旅行へ出掛けて来ました。
少し心配していた天気は朝から良い天気となりました。

まず向かった先は、和食処。こちらでは刺身や稲庭うどん、うな重などのセットから、お好きなセットを選んで食べていただきました。メニュー決めでは「どれも美味しそうで悩むわ~」と頭を悩ませておられました。
以前より、「うなぎを食べたい」という声が多く、今回はうなぎを食べられるお店を選択しました。食事が始まると、美味しくていつもは小食な方が完食されていたので、ご本人さんも驚いたようで「明日は雪が降るわ」と笑っておられました。

昼食後、一行は矢掛へ向けて出発。総社の五重塔を横目にバスを走らせ、その後は昨年豪雨被害の大きかった真備町へさしかかりました。
皆さん、昨年テレビでは見たであろう被災地の姿を真剣な眼差しで見つめ、職員の説明に耳を傾けておられました。
真備町出身の方は、真備町の復興中の姿を目の当たりにして少し安心されたようでした。

その後、矢掛町に到着。芸術の秋を体感していただこうと訪れたのは、矢掛郷土美術館です。期間限定で開催されている【本手描友禅 秋山章の世界展 卒寿記念 代表作を初公開】にお邪魔しました。
ご利用の方のほとんどが手描友禅を生で見るのは初めてとのことでした。私自身も初めて目にしましたが、圧巻の美しさに茫然としました。皆さんも本当に熱心に見入っておられました。「来て良かった。これは、わざわざ来なければ見れなかったものね」と大変喜んでいただきました。

その後は近くの矢掛町家交流館に立ち寄り、お買い物を楽しまれました。矢掛町名物の柚餅子を試食すると、とっても美味しく、こぞって柚餅子を購入しておられました。

バスの階段を上り下りすることは、ご利用の方々にとっては、とても大変なことです。一段一段を一生懸命に上り下りしなければなりません。店や美術館の出入りではスロープや段差を上がり下りしなければなりません。
帰り道に皆さんにお話ししました。今回、無事に旅行に行けたのは、皆さんの日々の努力(訓練)の成果であること。少しずつでも訓練することで、身体の機能が維持されていること。訓練は疲れることもあるけれど、頑張ればまたこのような楽しみが待っていること。
春にはお花見へ行く為に、また明日から訓練や体操を頑張りましょう!と。

デイサービスでの訓練・体操が皆さんの生活を支え、機能訓練で自信につなげ、日々の生活にハリや目標が出来、楽しく過ごしてもらえることを願っています。

デイサービス ドリーム 介護士 K