カテゴリー別アーカイブ: 放射線部

脳深部刺激療法(DBS)におけるCT検査の役割 技術編

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

先月(開発編)に引き続き倉敷ニューロモデュレーションセンターで行われている脳深部刺激療法(以下、DBS)におけるCT検査の役割についてお話しします。

前回は3分割になった指向性のあるディレクショナル電極の方向を知るための概要を述べましたが、今回は、実際の画像と方向の求め方をご紹介します。

このディレクショナル電極の方向を知るにはCT検査で「コ」の字の形をしたディレクショナルマーカーを精密に撮影し、高精細に画像化する事がポイントになります。
当院では2社の製品を扱っていて、撮影してみるとマーカーの形が少し違うのがわかり、方向を計測するのに別々の視点から判別しなければなりませんでした。

まずA社から、

左図から前・右横・上の方向から見ています。
電極を前から見ると「I」の形に見え、右横から見ると「コ」の字に見え、この2画目にあたる縦の線が電極の前にあたります。そして上から見ると卵形に見え細くなっている方が電極の前に当たります。
この上からアングルで電極の真正面を判別します。前・横からのアングルでは角が丸くなっているので判別は難しいです。

では、B社では、

左図から前・右横・上の方向から見ています。
先ほどのA社と何となく似ているのですが、決定的に違うのは上からのアングル。
卵形ではなく丸の形をしています。この上からのアングルでは電極の真正面は分かりません。
よってB社だけは電極の部分だけを更に細かくCT撮影し、マーカーの形をレントゲン画像と同じ位の角張った形を再現させ、前・横のアングルで電極正面を判別するようにしています。

あとは、脳と電極の正中線との角度を求めれば電極の方向・角度が分かります。
実際の計測画像が右端の画像です。上段がA社。下段がB社となります。

この方向・角度は、脳内の特定の部位だけに効果的に刺激を与え、副作用が生じるおそれのある部位には刺激を与えることなく効果的に患者様の症状を緩和することの目的に対し役立つ事になります。

放射線部はただ検査を行い画像を提供するのでなく、診断に役立つ画像を提供する事を念頭に置いて検査を行っております。これからもよろしくお願いします。

放射線部 とんかつ

脳深部刺激療法(DBS)におけるCT検査の役割 開発編

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

当院、倉敷ニューロモデュレーションセンターで上利医師が行っている脳深部刺激療法(以下、DBS)は、パーキンソン病、本態性振戦、ジストニアなどの運動障害を対象に治療を行っています。

このDBSシステムから脳内の特定の標的部位に微弱な電気パルスを送り、運動制御に関与する組織を刺激し症状を緩和します。その電気パルスは脳内にDBSリードから送出されます。

当院ではディレクショナルDBSリードと呼ばれる電極から送出される電流に指向性を持たせることが可能なリードを使用しています。

このリードは脳内の特定の部位だけに効果的に刺激を与えることにより副作用が生じるおそれのある部位には刺激を与えることなく効果的に患者の症状を緩和することができます。

放射線部での役割としては、手術前に高精細な頭部MRIを撮影することにより刺激部位の位置の把握をする事、手術後には頭部CTでリード周辺の脳内の状態を観察します。

そのCT撮影時に、電極がどの方向に向いているかを特定します。

この電極は1本のリードに3つ存在し、さらにその1つずつは3方向に分割されていています。この方向を特定するため指標としてディレクショナルマーカーと呼ばれるものがセットで存在します。

このディレクショナルマーカーは径が1.3mm、長さが3mmほどのとても小さなものです。

レントゲンで撮影しさらに拡大して見れば、電極の真横は「コ」の形に観察され真正面では「I」の形に観察されます。この真横から見た「コ」の字の2画目にあたる縦の線が正面となります。しかし真正面から見ると前後が分かりません。さらに脳内で具体的にどの方向に向いているのかも分かりにくいです。

 

その、3分割の電極が脳内でどの方向に向いているかを特定するのがCT検査の役割の一つになります。

先に述べたようにとても小さな電極ですので大変な作業と時間を要しました。

当院の80列マルチスライスCTの性能をフルに発揮し、ワークステーションと呼ばれる解析装置を駆使して可能となりました。

当院ではディレクショナルDBSリードを2種類扱っています。このディレクショナルマーカーのCT画像から方向を特定していくのですが、この2種はレントゲンで見るとよく似ているのですが、CT画像ではマーカーの方向の指標となる特長が全く違っていたので別々の方法で解析を行いました。

さらに一方は方向を特定するための特長が分かりにくく、さらに細かく撮影し特定方法も変えないと分かりませんでした。

もっと分かりやすくするためには線量を多くすれば良いのですが、電極留置後は定期的に何度も撮影するので被ばくに関しても留意しないといけません。そのため特定できる最低限の線量を探る事で被ばく低減にも努めました。

また、精度維持・作業時間短縮・技師間のバラツキを無くすため、作業のマニュアル化・解析効率を高めるアシスト機能の作成・撮影技師の教育をすることにより現在では撮影から解析まで正確で迅速に結果のバラツキ無く行えるようになりました。

では、実際の電極のCT画像と行きたいのですが、今回は熱くなりすぎたので次回お見せしたいと思います。

放射線部 とんかつ

一般撮影装置更新しました

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

現在、当院では一般撮影装置が2台稼動していますが、そのうちの1台が新しい装置に更新されました。
以前の機械に比べて様々な改善点があります。

・検査時間の短縮
撮影後、画像が瞬時に確認できるように変わったため、短い時間で検査が行えるようになりました。

・低被ばく
高感度に装置なので、少ないX線量で高画質な診断画像が得られるデジタルX線画像診断装置になり患者さんの被ばくが抑えられます。

・撮影体位の負担軽減
装置の可動性が上がったので以前よりもポジショニングの調整が可能になり、つらい姿勢を取ってもらうことが少なくなります。

これらによって患者さんにやさしく精度の高いレントゲン写真が提供できるようになりました。装置の機能も上がったので我々も撮影技術の向上に努めていきたいと思います。

放射線部 A.M

日焼けについて

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

8月も終盤にさしかかっていますが、まだまだ暑いですね。厳しい日ざしによる日焼けに悩まされている人も多いかと思います。
日焼けには2つのパターンがあります。皮膚が炎症を起こして赤くなる「サンバーン」とそのあとに黒くなる「サンタン」です。B波と呼ばれる紫外線が影響するサンバーンは、ヒリヒリ痛い状態になりまるでやけどのような症状が起こるのでとても辛いです。また、炎症が進行するとシミや皮膚がんになってしまうこともあるため、普段から紫外線対策をすることも大切ですし、日焼けしてしまった場合でもこまめにアフターケアすることが大切です。
日焼け直後は炎症を抑えるためになるべく早く冷やします。氷水で濡らしたタオルや布で巻いた保冷剤などで患部を冷やしてください。その後は痛みや痒みを和らげるためにしっかり保湿します。もし痛みが引かない場合や、水ぶくれが出来てしまった場合は皮膚科を受診してくださいね。
また日焼けを予防するために紫外線が多い時間帯はこまめに日焼け止めを塗り直すようにしましょう。紫外線は窓ガラスも通過するので室内でも注意が必要です。また雲も通過するので曇りの日でも油断しないようにしてください。
日焼け対策をしっかりして残りの夏を快適に楽しんで下さい!

放射線部 T.F

熱中症に気をつけて

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

7月も半ばを過ぎこれからどんどん暑い日が増えていきます。
暑い日が続くと熱中症に気を付けないといけません。
熱中症といえば真夏にかかるものと思っていませんか。実は、熱中症は毎年、梅雨明けの7月下旬~8月上旬に多く発生します。特にまだ暑さに慣れていない梅雨明けには、熱中症によって救急車で運ばれる人や亡くなる方が急増します。
熱中症の発症にはその日の体調が影響するので、同じ人でも体調によっては熱中症にかかる危険が高まることがあります。
食事を抜いたり、寝不足になると熱中症になるリスクが高くなるのできちんと食事・睡眠をとるようにしましょう。

また、汗をかく習慣をつけておくと、梅雨の後の急な暑さにも慣れやすくなり、熱中症にかかりにくくなります。30分程度のウォーキングなどで熱中症になりにくい体を作りましょう。
熱中症にならないためにも水分補給・適度な運動・食事をしっかりととり夏を楽しく過ごしましょう。

放射線部 M.K

カビ対策で病気予防

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

6月となりました。6月と言えば梅雨入りし蒸し暑くうっとうしい時期というイメージが強く気分的にも滅入ってきますね。

さて梅雨など湿気の多い時期にはカビが繁殖しがちです。カビは食品を腐敗させるだけでなく、実は病気も引き起こします。最近では、こういったカビによる病気が増えているといわれています。カビが増殖してから対策を行うより、できるだけカビが生えない環境をつくることが一番です。そのためには、湿気をできるだけ抑えることがカビ対策の基本です。いずれにせよ「たかがカビ」とは侮れません。私たちの周辺には常にカビが舞っています。ちょっと免疫力が落ちた時に、カビが原因となって病気にならないとも限りません。だからこそ、日頃の対策が重要となります。そういった観点からもカビの生えてないきれいな家で生活したいものです。

 

放射線部 ろん

放射線科医と放射線技師との関係

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

みなさん、こんにちは。
4月にきれいに咲いていた桜も散り葉桜に変わり、天候も温かい日が増えてきました。
さて、今年度に入り元号が「平成」から「令和」に変わったり、GWが10連休あったりなど様々なことがありました。
当院にも4月に新しく我々、放射線技師と関係が深い放射線科医が着任されました。
今回のブログでは当院の放射線科医と放射線技師との関係について簡単に説明させて頂こうと思います。

まず、診察に出られているお医者さんと比べて、放射線科医は直接患者さんを診ることはほとんどありません。その代わり、CT検査やMRI検査といった画像検査を見て、画像上で病気を見つけたりします。
また、画像の知識を多く持っているため、画像を確認した上で患者さんの検査の追加を主治医に提案したりすることもあります。

つまり放射線科医が読影する画像はとても大事であり、そこで画像を提供する私たち放射線技師との連携は重要であり、日常のCT・MR検査でも適宜、放射線科医と相談して追加画像を撮影したり、3D画像を再構成したり連携を取りながら仕事をしています。
また、我々放射線技師側が疑問に思ったことを質問すると丁寧に教えて頂けるので、勉強をさせてもらっています。

このように患者さんと実際に会うことは多くありませんが、とても重要な医師の一人です。
これからも連携を密に持ちながら、患者さんに少しでも有益な治療や診断を提供出来るように努力していきたいと思います。

放射線部 スーパー

一年を振り返って

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは、放射線部TKです。
桜の花も散り始め、春風が心地よい季節となってまいりました。みなさんどうお過ごしでしょうか。
とはいえ、まだまだ朝晩は冷えますので体調を崩さないようにしてくださいね。

さて、私事ですが、昨年度に診療放射線技師として入職して、今年の4月で一年が経過しました。時間の経過がとても早く感じられ、もう一年が経過したのかという驚きもあります。
この一年間を振り返ってみると、入職当初、まだ何も業務を分かっておらず、覚えることに必死でした。迷惑をかけてばかりだった私に、
先輩がご指導やアドバイスを親身になって続けていただきました。放射線部は、私一人だけの入職だったのですが、困難な時も周囲の方々に支えられ、少しずつ業務を覚えていくことができ、
一人で救急の患者さんや病棟の患者さんの撮影を行う、当直業務も11月より出来るようになりました。
とはいえ、全ての業務を一人でこなすにはまだまだ知識も経験も浅く、もっと成長していかないといけないとも感じながら日々業務に取り組んでいます。

今年度、放射線部には新入職員の入職はありませんでした。他部署では多くの入職があったと聞き、後輩ができることが羨ましく感じると共に、自信を持って後輩に教えるようになるにはまだまだだとも感じています。
今後後輩が出来たときには、先輩として、自分がしてもらったように手助けするために、自身のスキルアップに励み、これからもどんな業務にも真摯に取り組んでいこうと思っております。

放射線部TK

透視装置が更新されます

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

現在、当院では透視装置が2台稼動していますが、そのうちの1台が新しい装置に更新されます。

前回の装置には、約10年間頑張ってもらいました。医療の進歩は日進月歩と言われますが、医療機器も同じで次々と新しい技術を兼ね備えた機器が登場してきます。私たち技師も装置の特徴を理解し、その性能を最大限に活かしながら検査に臨まなければならないため、日々努力です。

装置の更新に伴って検査室もリニューアルされます。工事期間は約1か月の予定です。

期間中は工事のための騒音等で患者さまにはご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、ご協力の程よろしくお願いします。

放射線部 千

インフルエンザ

カテゴリー: 放射線部 | 投稿日: | 投稿者:

2月になるにつれて寒さが増してきましたが、風邪やインフルエンザなどにはかかっていないでしょうか。
今年はニュースにも取りあげられる程インフルエンザが流行しています。
当院でもほぼ毎日インフルエンザの検査が行われています。
現在ではA型が過半数以上を占めていますが、まだB型が流行していないのでこれからも注意をして過ごしてください。

 

そう言っている自分も中学以降、初めてインフルエンザにかかってしまいました。
例年通り予防注射はしていたのですが、それでもかかってしまうほど今年のインフルエンザは流行しているのだと身をもって痛感しました。
薬も飲んだため早めに回復しましたが、予防することが大事だと改めて思いました。
常日頃から手洗い、うがいをしてマスクも出来るならば着用して一人でも多くの方が元気に過ごすことができればいいなと思っています。
また発熱があったり、いつもと比べて体調が悪いときは無理をせず病院受診をしてください。
体調管理には気をつけて冬を無事乗り切り、春を迎えましょう。

 

放射線部 スーパー