日別アーカイブ: 2019年1月21日(月曜日)

【山陽新聞メディカ181号 当院リハビリテーション部理学療法科山下昌彦科長の記事が掲載されました】

平成31年1月21日(月)付けの山陽新聞朝刊、メディカ181号に当院リハビリテーション部理学療法科山下昌彦科長の記事が掲載されました。

是非ご一読下さい。

http://medica.sanyonews.jp/article/10108

 

 

 

 

 

 

秘書・広報課

 

屠蘇を楽しむ

カテゴリー: 医師, 平成南町クリニック | 投稿日: | 投稿者:

新しい年になりました。新年を迎えるにあたって皆様は屠蘇を楽しまれたでしょうか。我が家では毎年少しだけ屠蘇を味わっています。屠蘇は屠蘇散を浸した酒や味醂であり、1100年以上前に中国の蘇明が和唐使として日本に来た時に伝えたとのことです。江戸時代には医者が薬代の返礼に屠蘇散を配る事があったようです。

屠蘇散は数種類の生薬を混ぜたもので、以下の組み合わせが多いです。

防風 セリ科ボウフウの根   発汗・解熱・抗炎症作用

山椒 サンショウの実      健胃作用・抗菌作用

肉桂 肉桂の樹皮(シナモン) 健胃作用 発汗・解熱作用 鎮痙作用

桔梗 キキョウの根       咳・痰を鎮める、鎮痛作用

白朮 キク科オケラ または オオバオケラの根 利尿・健胃・鎮静作用

陳皮 みかんの皮       吐き気止め

健康のための妙薬と言えますが、摂る量は少ないので薬効を期待するのは難しそうです※。

さて生薬と言えばこれらの組み合わせが漢方薬であり、健康に益することが多いのですが時に副作用を起こすことがあります。医薬品であれば薬害被害の救済対象になります。一方、医薬品でないサプリメントや健康食品はそのような救済制度はありません。これらを摂り続けることによる肝障害などを認めた患者さんを時に経験します。

一人は糖尿病の方です。肝障害を認めることはありませんでしたが、ある日の検査で初めて肝障害があり尋ねてみると、血糖値が下がるとの触れ込みで○酵○茶の摂取を開始されていました。中止して間をおいて再検査すると改善していました。知らずに続けていると肝障害が悪化していたと思われます。

もう一人は、スポーツジムで血圧上昇を指摘され来院された初診の方です。初診時の検査で軽度の肝障害がありました。血圧はその後、薬剤なしで安定しましたが、2ヶ月後の再検査で肝障害が悪化していました。尋ねるとサプリメントを2種類開始されていたようです。肝炎ウイルスは陰性であり肝臓専門医を受診して頂きましたが、画像的にも問題なくサプリメントが肝障害の原因だろうということでした。

肝障害以外にも、日本での医薬品漢方薬での低カリウム血症、間質性肺炎・肺線維症や中国製のアリストロキア酸を含む伝統的製剤(関木通・細辛・防已・木香などウマノスズクサ科の植物を原料とする)による腎障害(急性尿細管壊死)などがあります。

自覚症状のない時点でも異常所見が出ていることがあるので、医薬品でない漢方薬・伝統的製剤・サプリメント・健康食品を継続的に摂る場合には注意が必要です。私たち医療者側も患者さんの薬剤歴のみでなくサプリメントなどの摂取歴を忘れずに確認しなければなりません。

平成南町クリニック  玉田

※屠蘇は少量を1~2日しか飲みませんでしょうから、薬害はまず起こらないと思います。