徳島大学脳神経内科 宮本亮介先生がニューロモデュレーションセンター外来を視察されました

 9月初旬、徳島大学脳神経内科(外来医長)の宮本亮介先生が、倉敷平成病院 ニューロモデュレーションセンターの外来診療視察にご来院されました。患者さんの了解を得て、パーキンソン病やジストニアの患者さんの外来診療を視察されたとのことです。
宮本先生からは「これまで、牟礼先生と一緒に運動障害の患者さんを診療するなかで、外科的治療の考え方について多くのことを教えて頂きました。ニューロモデュレーションセンターの取り組みは興味深く、また手術室等もリニューアルされるそうで、ますますの発展を期待しています」とのお言葉をいただきました。ニューロモデュレーションセンターでのは、手術をしたら終わりではなく、脳神経内科の医師と共に患者さんをきめ細やかにフォローしていく症例も多くあります。ご指導いただきながらしっかりと連携していけたらと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
ニューロモデュレーションセンター スタッフ

関連記事

  1. 第44回関東機能的脳外科カンファレンス発表報告

  2. 新体制になって

  3. 第22回 日本臨床脳神経外科学会参加報告

  4. スウェーデンよりブロムステッド教授が倉敷ニューロモデュレーシ…

  5. 第59回日本定位・機能神経外科学会参加報告

  6. 第13回 パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 参加報告…

PAGE TOP