パーキンソン病とはどのような病気?

脳の中の「ドパミン」と呼ばれる神経細胞が減少し、振戦(ふるえる)、動作緩慢(動きが小さく・鈍くなる)、筋固縮(筋肉がこわばる)、姿勢保持障害(バランスがとりにくくなり、転びやすくなる)を主な運動症状とする病気です。

加齢に伴って発症しやすくなりますが、40歳未満で発症することもあり、「若年性パーキンソン病」と呼ばれます。珍しい病気ではなく、およそ1000人に1人~1.5人、60歳以上では100人に約1人の患者さんに発症し、人口の高齢化に伴い患者さんは増加しています。

進行性の病気であり、一旦発症すると自然によくなったり治ったりすることはありません。

パーキンソン病の主な症状

多くの患者さんでは左右どちらかの手足のふるえや動作の鈍さで最初のはっきりとした症状が始まりますが、それ以前に筋肉の固さを感じてマッサージや整骨院に行かれることもよくみられます。

ふるえや動作の鈍さはやがて反対側に拡がるとともに、すり足やちょこちょこ歩きなどの歩行の変化も生じ、次第に進行していきます。


パーキンソン病の病因

脳は心身の状態をコントロールする総合司令塔です。脳が出す指令は「神経伝達物質」によって次から次へと伝言ゲームの様に伝えられ、体を動かしたり、いろいろな刺激を感じたりします。

脳内では、神経伝達物質が細胞間の情報伝達を介在していますが、パーキンソン病を発症すると、脳内の神経伝達物質「ドパミン」が減少し、それによって体の運動機能に障害が出るとされています。

パーキンソン病の症状の原因と考えられているドパミンの減少は、中脳の中にある「黒質」と呼ばれる部分で起こります。パーキンソン病の患者さんでは、黒質の中のドパミン神経が変性して剥がれ落ち、その部分に異常なタンパク質が集まることが確認されています。ドパミンの減少についてはごく一部の患者さんは遺伝子に関連した変異が原因と見られていますが、大多数の患者さんは原因が明らかではありません。

パーキンソン病の診断

問診 「どんな症状か」「いつからか」など、手足のふるえや歩きにくさなどの症状について質問します。
神経学的診察 患者さんの関節の動きやバランスをチェックして、筋固縮や姿勢反射など、パーキンソン病に特徴的な症状があるか調べます。
検査・画像診断 尿検査・血液検査などの臨床検査、MRIやSPECT による画像診断で脳を詳しく調べます。

パーキンソン病の重症度分類

ホーン・ヤールのパーキンソン病重症度分類

Ⅰ度 Ⅱ度 Ⅲ度 Ⅳ度 Ⅴ度

障害は身体の片側のみで、日常生活への影響はほとんどない

障害が身体の両側にみられるが、日常生活がやや不便となる

すくみ足などの歩行障害が現れ、バランスを崩し転倒しやすくなる

日常生活の動作が自力では困難で、その多くに介助が必要となる

車椅子または寝たきりで、日常生活では全面的な介助が必要となる
Ⅰ度
障害は身体の片側のみで、日常生活への影響はほとんどない
Ⅱ度
障害が身体の両側にみられるが、日常生活がやや不便となる
Ⅲ度
すくみ足などの歩行障害が現れ、バランスを崩し転倒しやすくなる
Ⅳ度
日常生活の動作が自力では困難で、その多くに介助が必要となる
Ⅴ度
車椅子または寝たきりで、日常生活では全面的な介助が必要となる

パーキンソン病の治療法

DBS治療(脳深部刺激療法)で脳の深部を電気刺激することで、お薬では効果が得られないパーキンソン病の不随意運動症の症状を改善することができます。

DBS治療(脳深部刺激療法)

パーキンソン病の症状が現れたときの対処法

薬で症状を抑えるほか、症状についてそれぞれ注意して対応していくことで症状を和らげることができます。

すくみ足

足の裏が地面に張り付いたようになって足が前に出ない状態です。足だけでなく、手や言葉のすくみなどもあります。歩き始めや方向転換時、狭い場所、混雑している場所で現れやすく、足が動かず前に進めなくなったり、転倒しやすくなります。対応としては「いちに、いちに」の号令をかけて聴覚を刺激する、地面の模様など目印になるものをまたぐように踏み出す、赤外線杖を使用する、などがあります。

首下がり

パーキンソン病そのもの、抗パーキンソン薬、その他の原因で生じる、頭部がうつむいたように下がって、挙がりにくくなる症状です。 抗パーキンソン薬の調整をしたり、その他の原因が判ればその治療をしてみます。

よだれ

唾液の量はむしろ減少するという報告がありますが、無意識に唾を飲みこみにくくなること、頭や体が前かがみになること、口が開きやすいことなどからよだれが出やすくなります。飴やガムをかんで一時的に唾液を減少させる対策や、意識して唾を飲み込む、口をしめる、頭を上げるなどのリハビリを行います。

便秘

90%以上の患者さんに見られる非常に多い合併症です。腸の動きが悪化しておこります。対策としては適当な運動、水分・食物繊維の多い食品の摂取、腸内細菌の改善(乳酸菌、牛乳など)、必要に応じて便秘薬を使用します。

幻覚・妄想

約30%の人に生じると言われます。人の気配を感じる、ないものが見える幻覚や悪口が聞こえる幻聴、思い込み(被害妄想)もあります。症状が強い場合には内服薬による治療を行い、順番に減量、中止していきます。

起立性低血圧

立ちくらみを起こすことがあります。特に食直後や飲酒後、長湯で注意が必要です。貧血や脱水などに注意し、日常生活の中では一気に立ち上がらずに座ってから立つ、立ちくらみを自覚したらすぐ座り、転倒を予防します。

PAGE TOP