慢性疼痛(神経障害性疼痛)とはどのような病気?

慢性疼痛とは、特定の原因がなく、痛みが慢性的に続くものをいいます。けがや病気などが完治した後も3か月以上痛みが続く場合や、がん、関節炎、糖尿病、線維筋痛症などの慢性疾患や治らないけがが原因の痛みが続く場合などが慢性疼痛に該当します。

神経障害性疼痛とは、感覚神経が障害されて生じる痛みです。神経が過敏になり、痛みの信号が出過ぎてしまう状態です。神経障害性疼痛は、通常の痛み止めの効果が期待できず、難治性の痛みになりやすい傾向があります。

慢性疼痛(神経障害性疼痛)の主な症状

慢性疼痛は原因が無いのに鈍い痛みが広がっている症状を言います。自律神経徴候(睡眠障害、食欲減退、味覚減退、体重減少など)をしばしば引き起こします。持続的な痛みがあることで、抑うつや不安を引き起こし、日常の活動を妨げる可能性があります。痛みのことばかり意識して不活発になり、引きこもりに陥ったり、健康状態ばかり気にしたりするようになります。心理的および社会的障害が重度であるために、社会的な機能をほぼ失ってしまうこともあります。

痛みの中には「どこが痛いのかわからない」ものもあります。検査でもどこにも異常が見当たらないことがほとんどです。このような痛みに何十年もの間付き合っている人の場合は感覚が麻痺してしまい、痛みが分からなくなってしまっている人もいます。仮に痛みがあったとしても「この痛みは痛いと言えるレベルかわからない」と捉えている人もいます。

慢性疼痛は持続性のある痛みですが、しばしば短く激しい痛みが再燃することがあります。定期的に痛みをコントロールする慢性疼痛の治療中に突然出現するために、突出痛と呼ばれます。突出痛には個人差があり、多くの場合は予測不能です。

慢性疼痛(神経障害性疼痛)の病因

慢性疼痛の原因は様々です。急性の痛みが発生した時に適切な治療を行わずに、そのまま放置してしまった場合には、痛みが別の痛みを誘発させて、慢性化することがあります。痛みが長引くと血行が悪くなり血管は収縮します。血管が収縮するとさらに血行が悪くなって、痛みを起こす物質が発生し、慢性的な疼痛になります。

慢性疾患(がん、関節炎、糖尿病、線維筋痛症など)が引き起こすことがあるほか、けがや不安などの心理的要因が原因になることもあります。心理的要因により悪化する慢性疼痛は、慢性疼痛症候群と呼ばれることもあります。

慢性疼痛(神経障害性疼痛)の診断

中枢神経または末梢神経に関してはMRI・CTなどの画像検査や、神経伝導検査などの神経生理学的検査を行います。三叉神経痛では血管などによる三叉神経の圧迫がないかMRIなどで確認します。

幻肢痛では頸部神経による痛みや狭心症など他の疾患の関連痛ではないか、また、心理的要因が疑われる場合にも、まず身体的な検査を行い、うつ病などの精神障害が痛みの原因であった場合、または痛みが原因でこれらの精神障害にかかった場合は、正式な精神医学的評価が行われます。

慢性疼痛(神経障害性疼痛)の治療法

薬物療法

リハビリテーション

神経ブロック

SCS治療(脊髄刺激療法)

SCS治療(脊髄刺激療法)で脊髄を電気刺激することで、慢性化している神経性の痛みや虚血性の痛みを和らげることが可能です。

SCS治療(脊髄刺激療法)

PAGE TOP