新体制になって

倉敷ニューロモデュレーションセンターが新体制になって4か月目に入りました。外来は牟礼英生医師・岡崎三保子医師・岡崎洋介医師・佐々木達也医師が担当され、入院は脳神経内科の医師とも協力し、パーキンソン病の方の薬物管理も行っております。手術については、牟礼医師を中心に適宜行われています。

倉敷ニューロモデュレーションセンターの専用サイトでは医師紹介がリニューアルされ、牟礼医師からのメッセージが掲載された他、外来を担当されている先生方の紹介もされています。またブログでは牟礼医師の今までの研究やインタビューがまとめられています。インタビューはYouTubeで視聴でき、牟礼医師が脳深部刺激(DBS)療法のことについても語られています。

診察において、初対面の医師には緊張される場合もあると思います。動画を視聴すると牟礼医師に親しみをお持ちいただけ、初診でもお話がしやすくなるのではないでしょうか。皆さん是非ご覧ください。

倉敷ニューロモデュレーションセンター 医療秘書 M

関連記事

  1. 東海大学医学部脳神経外科講師馬場先生が倉敷ニューロモデュレー…

  2. 令和2年度倉敷ニューロモデュレーションセンター外来担当医の紹…

  3. 第8回中四国臨床工学会参加報告

  4. 鳥取大学 神経内科 教授花島律子先生はじめ3名が倉敷ニューロ…

  5. 6月4日上利崇倉敷ニューロモデュレーションセンター長 が世…

  6. 当院の脳神経外科専門医3名が日本定位・機能神経外科学会機能的…

PAGE TOP