令和2年度倉敷ニューロモデュレーションセンター外来担当医の紹介【牟礼英生医師・岡崎三保子医師・岡崎洋介医師・佐々木達也医師】】

令和2年度も早6月半ばとなりました。毎日暑い日が続きます。新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言も解除され、新しい生活様式に沿って私たちの日常生活が戻ってきつつあります。感染防止のため、不急の手術を延期しておりましたが、徐々に解除の方針が示されています。医師会・脳神経外科学会の指針に沿ってまいります。

 ニューロモデュレーションセンターですが、以前に牟礼英生(むれ ひでお)医師と岡崎洋介(おかざき ようすけ)医師をご紹介しましたが、他のお二人の先生のご紹介ができておりませんでした。
外来診療担当表月曜日午後は、岡崎三保子(おかざき みほこ)医師

第4週水曜午後は、佐々木達也(ささき たつや)医師です。お二人とも岡山大学脳神経外科の所属です。

初診の方は、牟礼英生医師の診察となります。診察は全て予約制となります。事前にお電話でご予約下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 外出自粛中も運動は大切

  2. パーキンソン病とフレイル

  3. 上利センター長ありがとうございました

  4. 鳥取大学 神経内科 教授花島律子先生はじめ3名が倉敷ニューロ…

  5. 【徳島大学脳神経外科 講師 牟礼英生先生がニューロモデュレー…

  6. 土居充 脳神経内科診療部長はじめ鳥取医療センタースタッフの方…

PAGE TOP