東海大学医学部脳神経外科講師馬場先生が倉敷ニューロモデュレーションセンターを視察され、手術見学と意見交流をされました

7月22日(月)、東海大学医学部脳神経外科馬場胤典(たねふみ)先生が、倉敷平成病院を訪問され、上利崇センター長が行うDBS手術(パーキンソン病に対する脳深部刺激療法)の見学と意見交流がなされました。

馬場先生より「レコーディング無しで実施するDBSですが、より早くより正確な手技に驚きました」とのコメントをいただきました。

東海大学医学部脳神経外科は機能的脳神経外科領域において、日本のトップリーダーの一つに数えられる施設となっています。

このような交流を持てたことに心より感謝し、今後も意見交流で得られたことなどを診療の充実に活用してまいりたいと思います。馬場先生ありがとうございました。

ニューロモデュレーションセンター スタッフ

関連記事

  1. 第3回S8の会~S8&BurstDR参加報告

  2. 医療秘書の業務

  3. 札幌医科大学脳神経外科助教江夏先生が倉敷ニューロモデュレーシ…

  4. 第22回 日本臨床脳神経外科学会参加報告

  5. 6月4日上利崇倉敷ニューロモデュレーションセンター長 が世…

  6. 小牧市民病院脳神経外科部長種井隆文先生が倉敷ニューロモデュレ…

PAGE TOP