6月4日上利崇倉敷ニューロモデュレーションセンター長
が世界パーキンソン病学会にて講演します

2019年6月4日~7日で、第5回世界パーキンソン病学会が京都で開催されます。

世界パーキンソン病学会は、パーキンソン病に関する新たな発見、治療法、介護方法等について国際的に話し合う場とされており、内科医、科学者、看護師、理学療法士、介護福祉士、パーキンソン病患者が一堂に集うことにより、難病であるパーキンソン病との付き合い方、治癒の方法を見出すことをミッションとした会議です。

国際本部は2004年に設置され、本会議は2006年より開催。これまで、第1回はワシントン(米国)、第2回はグラスゴー(英国)、第3回はモントリオール(カナダ)、第4回がポートランド(米国)で開催されており、アジアでの開催は初と なります。

この学会に、当院 上利崇 ニューロモデュレーションセンター長が「効率的なディレクショナルリードのプログラミング」と題して発表されますのでご案内いたします。

また後日、学会報告等もさせていただきます。

秘書広報課

関連記事

  1. 第57回日本定位・機能神経外科学会参加報告

  2. 東海大学医学部脳神経外科講師馬場先生が倉敷ニューロモデュレー…

  3. 札幌医科大学脳神経外科助教江夏先生が倉敷ニューロモデュレーシ…

  4. 医療秘書の業務

  5. 第3回S8の会~S8&BurstDR参加報告

  6. 第13回 パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 参加報告…

PAGE TOP