【徳島大学脳神経外科 講師 牟礼英生先生がニューロモデュレーションセンターの手術見学と意見交換に来院されました】


このたび、徳島大学脳神経外科 講師 牟礼英生 先生がニューロモデュレーションセンターの手術見学と意見交換会に来院されました。牟礼先生の手術見学は2度目で、今回はDBSの手術2例を見学されました。

また、午後には臨床工学技士やリハビリ、看護師、薬剤師などニューロモデュレーションセンタースタッフとの意見交換の場が持たれました。


牟礼先生は手術見学をされ、「レコーディング無しでのDBS手術がシステム化されており、大変スピーディーで正確に電極が留置されておりました。
多くの専門職が携わっているセンターの運営にも大変感銘を受けました」と感想を語ってくださいました。

牟礼先生は新年度4月より、非常勤で毎水曜日に診療をしてくださる予定です。

秘書広報課


関連記事

  1. 医療秘書の業務

  2. 第59回日本定位・機能神経外科学会参加報告

  3. 牟礼英生センター長が新手術室にて手術を実施しました

  4. 臨床工学技士の脳深部刺激療法・定位的脳手術への関わり

  5. 令和2年度倉敷ニューロモデュレーションセンター外来担当医の紹…

  6. 新手術室にてニューロデモ手術を実施

PAGE TOP