耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療概要

耳、鼻副鼻腔、口腔、咽喉頭および頭頚部領域における様々な疾患の診断・治療を行います。当院で対応できない場合は高次病院に紹介させていただいております。

関係する症状

難聴(聞こえにくい、聞き返しが多い、補聴器の相談)、めまい(ぐるぐる回る、ふわふわする)、耳鳴り、くしゃみ、鼻汁、鼻閉、のどの痛み、飲み込みにくさ・むせ、声の変化、いびき、睡眠時の無呼吸、顔の半分が動かない など

治療している主な病気

耳:外耳炎、中耳炎、難聴、耳鳴、顔面神経麻痺など
鼻:アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、嗅覚障害など
口腔、咽喉頭:扁桃炎、扁桃肥大、咽喉頭炎、睡眠時無呼吸など
頭頚部:耳下腺、顎下腺疾患(腫瘤、炎症)、頭頚部腫瘍など

アレルギー性鼻炎について

ほこり、花粉、動物、カビなど様々なもの(抗原といいます)が原因で起こる体の過剰な反応です。花粉で起こるものは「花粉症」と言われます。 水様性鼻汁、くしゃみ発作、鼻閉が主な症状です。発熱や膿性鼻汁は見られないのが風邪症状との違いです。

アレルギー性鼻炎の診断

問診、視診、血液検査で抗原検索を行います。

アレルギー性鼻炎の診断

① 抗原の回避と除去。
  掃除、マスクなど
② 薬物療法:一般的に行われている治療です
 内服、点鼻を個人の生活スタイルにあわせて選択、併用します。
③ 手術療法
 外来でできる手術療法として鼻の粘膜を焼く方法があり、当科ではアルゴンガスによる治療を実施しています。花粉症に対して行う場合は花粉の飛ぶシーズン前には終了しておく必要があります。希望されても実施できないこともあります(心臓ペースメーカーなど)。効果は一生ではありません。 入院での手術療法として下鼻甲介粘膜下骨切除術や後鼻神経切断術を行っています。鼻の曲がりがある場合はあわせて手術を行うこともあります。約1週間の入院が必要です。
④ 免疫療法 アレルギー性鼻炎の根治の可能性がある唯一の治療方法です。以前から注射での治療は行われていましたが、痛み、全身症状を伴うことがありました。現在、スギとダニに対して舌下に薬を投与する方法(舌下免疫療法)が始まっています。

一般的な舌下免疫療法について

治療期間は3~5年が推奨されており、即効性のある治療ではありません。
内服薬、点鼻薬が不要になる、あるいはその必要量が減る可能性はあります。
残念ながら実施した方の全員に必ず効果があるとはいえず、1~2割の方は効果がないとも言われています。前もって治療効果を予測することは現在できません。
高頻度に局所の副反応は生じますが、注射の治療と違って痛みはなく、全身症状も少ないと言われています。
初回投与のみ外来で行いますが、以降の治療は自宅で行っていただきます(注射の治療では通院の必要がありました)。スギに対する新規治療開始は花粉飛散期には開始できません。一度開始していれば飛散期も治療は継続になります。ヒノキに対する効果は反応する成分の違いから残念ながら効果は低いと言われています。

コントロール不良な喘息、アトピー性皮膚炎、長期間のステロイド投与中の方など実施できない場合もあります。

当院での舌下免疫療法治療方針について

保険上は5歳から実施することは可能ですが、当院では基本12歳以上を対象にしています。採血を行い、原因を確定させてから治療方法、効果、副反応など注意点を説明させていただき、ご理解いただければ治療を開始しております。最初だけ1週間後、その後は月1回程度で受診して頂きます。

 

 

外来診療担当表

午 前 濵本真一 増田勝巳 福島久毅 増田勝巳(第1・3・5週) 増田勝巳
午 後 増田勝巳 増田勝巳 増田勝巳(第1・3・5週) 増田勝巳

医師紹介

増田 勝巳(ますだ かつみ)

卒業年 平成10年卒
役職 耳鼻咽喉科 医長
専門分野 鼻アレルギー
資格・専門医・ 所属学会
  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 日本アレルギー学会専門医(耳鼻咽喉科)
  • 補聴器相談医
診察日 月・水(午後のみ)・火(午前のみ)・木(第1・3・5週)・金
お気軽に何でもご相談ください。

非常勤医師(50音順)

濵本 真一(はまもと まさかず)(非常勤)

専門分野 耳鼻咽喉科一般
資格・専門医・ 所属学会
  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医

福島 久毅(ふくしま ひさき)(非常勤)

専門分野 耳科手術、内視鏡下副鼻腔手術、めまい
資格・専門医・ 所属学会
  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 補聴器適合判定医