脳卒中内科

脳卒中内科

診療概要

当科は、脳卒中、特に脳梗塞の診療を専門とする神経内科です。

脳梗塞は、血栓(血のかたまり)が形成され、脳血管が閉塞することで脳への糖や酸素の供給が断たれ壊死し、症状を呈する病態です。

血栓の原因は、大血管(頸動脈や太い脳血管)や小血管(細い脳血管)の動脈硬化、心疾患や不整脈、などが挙げられます。

発症4.5時間以内であれば、血栓を溶かす治療(t-PA療法)の適応となります。t-PA は、発症3カ月後の社会復帰率を改善する効果のある薬で、1時間かけて点滴治療を行います。

当院は、t-PA 療法を含む急性期脳卒中治療を脳卒中チームで積極的に行います。

外来診療担当表

午 前 芝崎謙作 芝崎謙作
午 後 芝崎謙作

医師紹介

芝崎 謙作(しばざき けんさく)

芝崎 謙作

卒業年・経歴 平成10年 川崎医科大学卒業
役職 脳卒中内科部長
専門分野 脳卒中
資格・専門医・
所属学会
  • 医学博士
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本神経学会専門医・指導医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経治療学会
  • 日本脳神経超音波学会
  • 日本栓子検出と治療学会
診察日 月・金(午前)・木(午後)