眼科

眼科

診療概要

眼科一般の外来・入院診療を行っています。外来は、午前は眼科一般診療、午後は完全予約制の検査・治療(視野検査・斜視弱視検査・蛍光眼底造影検査・ボトックス治療・レーザー治療・外来小手術など)となっています。手術は主に白内障手術を行っています。

科のモットー

丁寧に診察・説明することを心がけています。患者様の目の健康を守るべく、お一人おひとりに最良の医療を提供できるよう努めます。

関係する症状

見づらい、かすむ、ぼやける、ゆがんで見える、まぶしい、目が充血する、目やにが出る、目が乾く、目がごろごろする、目がかゆい、目が痛い、瞬きが多い、虫が飛んで見える、光が走って見える、二重三重に見える、など。糖尿病や高血圧、貧血などから眼底出血を起こすこともあります。

治療している主な病気

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、ドライアイ、角膜炎、結膜炎、ぶどう膜炎、視神経炎、眼瞼けいれん、睫毛内反、斜視、弱視、など。手術は主に白内障手術を行っています。眼瞼下垂などのまぶたの手術は当院 形成外科が対応いたします。加齢黄斑変性、黄斑前膜、黄斑円孔、網膜剥離などで、網膜硝子体専門医による治療・手術が必要な場合は、連携する病院へ適切なタイミングでご紹介します。手術後の診察は当院でも可能です。

特徴・特色

眼科疾患は生活習慣病と深い関わりがあるものが多く、糖尿病、高血圧、高脂血症などが誘因となって生じる疾患があります。生活習慣病センターと連携し、必要な検査・治療を進めていきます。
小児の斜視・弱視の検査・治療も行っています。スタッフは女性だけですので、お子さんも緊張せず診察できる環境があります。
白内障手術は入院で行っています。基本は片眼につき1泊2日の入院・手術になります。手術の後は眼帯をしますので、転倒の危険も高くなり、入院での治療が安心です。また、手術後にしばらく点眼治療が必要ですので、ご自宅で確実に清潔に点眼ができるよう、入院中に丁寧に指導しています。

主な医療機器

OCT

網膜の断層写真を撮影します。

ヤグレーザー

後発白内障や緑内障発作の治療に用います。

網膜光凝固レーザー

糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞などの治療に用います。

蛍光眼底カメラ

糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞などで血流の状態を詳しくみるために行う造影検査で用います。

視野検査

ゴールドマン視野計とハンフリー自動視野計があり、疾患や患者様の状態により使い分けています。緑内障や脳梗塞後の視野異常などの検査に用います。

外来診療担当表

午 前 田中美和
(第1・3・5)
井東千尋
(第2・4)
石口奈世理 石口奈世理 石口奈世理 石口奈世理 小野貴暁
(第2・4)
石口奈世理
(第3)
午 後 (検査) 石口奈世理
(予約外来)
石口奈世理
(予約外来)
(13時30分~16時)
石奈世理口
(予約外来)
石口奈世理
(予約外来)

※土曜日は第2・4:小野貴暁、第3:石口奈世理(第1・5は診療無)
※土曜日午前:初診受付~11時、再診受付11時30分
※月曜~金曜午後の外来は完全予約制となっております。

医師紹介

石口 奈世理(いしぐち なより)

卒業年 平成13年卒
役職 眼科医長
専門分野 眼科一般
資格・専門医・
所属学会
  • 日本眼科学会専門医
  • 日本白内障屈折矯正手術学会
  • 日本眼科手術学会
診察日 火~金、第3土(午前)
丁寧に診察・説明することを心がけています。患者様の目の健康を守るべく、お一人お一人に最良の医療を提供できるよう努めます。

非常勤医師(50音順)

井東 千尋(いとう ちひろ)(非常勤)

専門分野 眼科一般

小野 貴暁(おの たかあき)(非常勤)

専門分野 眼科一般

田中 美和(たなか みわ)(非常勤)

専門分野 眼科一般
資格・専門医・
所属学会
  • 日本眼科学会専門医