地域医療連携・晴れやかネット

医療機関の役割分担

 「かかりつけ医」とか、「急性期病院」、「慢性期病院」といった言葉を聞かれたことがあるかと思います。厚生労働省は、医療機関の役割分担を進めており、これらの医療機関がそれぞれの役割、機能を発揮して、患者さんに最善で最適な医療を効率よく提供できる地域社会の構築を目指しています。そのため、患者さんに必要な医療を行なうために、様々な役割を担った医療機関が地域の中で密なる連携を行なうことが重要になってきています。地域連携室は、病院の中で、病・病、病・診の連携がスムーズに行なえるように調整する潤滑油のような役割を担っています。

倉敷平成病院の役割

 倉敷平成病院は、「救急から在宅まで何時いかなる時でも対応します」を理念に、「急性期病棟」から「回復期リハビリテーション病棟」までを地域での役割であると認識し、担っている病院です。急性期病院とは、緊急もしくは重症な患者さんを中心に、入院および手術等、高度で専門的な医療を24時間体制で行なっている病院のことです。また、回復期リハビリテーション病棟とは、急性期の治療が一段落した後で、病状の回復が期待できる期間のリハビリテーションを積極的に行なう病棟で、脳血管障害、脊髄損傷、大腿骨頚部骨折、下肢又は骨盤等の骨折等の対象病名の発病後2ヶ月以内の状態の患者さんが対象となります。

病状が安定すると

 当院では、医師、看護師、リハビリスタッフをはじめとし様々な職種の連携で、患者さんを中心に専門的な関わりを持つ中で、在宅復帰を最終ゴールとしています。退院されても、訪問看護などの訪問系や、通所リハビリテーションなどの通所系などの機能も充実していますので、ご安心いただけると思います。
病状が安定され、ご希望でしたら、当院との連携医療機関やお近くの医院をご紹介させていただきます。ただし、紹介先の先生より依頼があれば24時間体制で、いつでもフォローさせていただきますので、ご安心ください。
また、在宅生活に不安を抱かれる患者さんには、ショートステイ機能が充実していますので、上手に利用されることをお勧めいたします。
当院での必要な専門的医療が終わり、病状も安定した患者さんで、引き続き入院加療を必要とされる方は、療養病床、緩和ケア病棟などを有する病院に転院、もしくは、介護系施設への入所をお願いいたします。転院先の病院や、介護系施設につきましては、できるかぎり患者さんのご希望に沿った病院・医院、施設をご紹介させていただきます。

患者紹介専用FAX設置のご案内

このたび、当院地域連携室では、皆さんからご紹介いただく患者さんの、初診手続きの簡素化や待ち時間の短縮化を目的に、「患者紹介専用FAX」を設置致しました。
今後は、専用用紙と紹介状を地域連携室へFAXいただきますと、ご予約をお取りし、予約日時を折り返しご返信いたします。別紙をご確認いただき、ご利用いただければ幸いです。
新たな試みでもありますので、一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

倉敷平成病院 地域連携室外来診療ご予約の手順

  1. 外来予約申込書に必要事項をご記入ください。
  2. ご記入済みの「外来予約申込書」を倉敷平成病院地域連携室へFAX送信してください。
    (ご一緒に、診療情報提供書も添付して下さい)
    倉敷平成病院地域連携室 FAX:086-427-1197
  3. 当院での受診の日時、担当医の予約をお取りし、
    貴院へFAXでご返信いたします(予約診療票)。
  4. 予約診療票を患者さんにお渡しください。
  • 外来予約申込時に、診療情報提供書もFAX送信いただければ幸いです。
    間に合わない場合は、受診時にご持参下さい。
  • FAXでのご予約は、受付時間内にお願いします。FAXは24時間受付けておりますが、
    受付時間外は翌日の処理となりますのでご了承ください。
  • 外来予約申込書については、倉敷平成病院のホームページの「地域連携のページ」からPDFダウンロードいただけます。
    また、外来診療担当表も、倉敷平成病院のホームページからPDFをダウンロードいただけます。
  • 受診の際、保険証をご持参いただくようお伝えください。
  • ご予約時間の30分前にご来院いただくようお伝えください。

お問い合わせ

倉敷平成病院 地域連携室
受付時間 月~金: 8:30~17:00 土: 8:30~12:30
FAX:086-427‐1197 (地域連携室専用) TEL:086-427-1111 (代表)
※FAXは24時間受付けておりますが、受付時間外は翌日の処理となりますのでご了承ください。

「晴れやかネット」とは

 「晴れやかネット」は、患者さんの同意のもと、医療機関のネットワークにより診療情報を共有し、医療に役立てる仕組みです。現在、県内で450以上の医療機関がこの仕組みを活用しています。
「晴れやかネット」はこちらよりご覧いただけます。 (※外部リンク)

患者さんのメリット

 従来まで患者さんの診療記録や検査結果は、それぞれの受診した医療機関で保管されており、他の医療機関で利用するには紙文書でのやり取りを行っていました。晴れやかネットは、患者さんの情報をデータでやり取りするので情報の共有がスムーズです。基幹病院で受けた検査結果や治療方針等が、身近なかかりつけの診療所等で閲覧できることにより、良質な医療サービスを利便性よく受けることができます。既往歴や過去に受けた検査結果を詳しく説明できない場合も安心して診療を受けられます。紹介時にレントゲンフィルムなどのデータを持参する必要がなくなります。