総合診療科

総合診療科

診療概要

総合診療科では、不明熱や感染症、非感染性炎症性疾患からアレルギー疾患や免疫疾患などや血圧や高めや高脂血症などメタボ予備軍などの合併症をもつ患者さまを病気の重症化を防いだり、優先順位の高い治療を目的とした外来であります。

関係する症状

発熱、リンパ節腫脹、浮腫、全身倦怠感、食欲不振、関節痛、無症状(検診で血圧・脂・血糖が高めな方)、かぜ症候群、くしゃみ、不眠症など

治療している主な病気

感染症(感冒、膿瘍、膀胱炎、一般細菌、ウイルス性疾患、クラミジア)、非感染性疾患(リウマチ、痛風)、花粉症や薬剤を含むアレルギー疾患、メタボリックシンドローム(予備軍)など

特徴・特色

近年の医療の進歩に伴い、高度医療やより専門的に診療されてきました。 しかしながら、疾病も様々でより複雑化されて合併症などが増えてきております。 当科では、症状から全身状態を把握し、治療をする全人的な医療を目指して外来および入院の患者様の総合診療を行います。主に、細菌感染症やウイルス感染症、非感染性の炎症疾患(関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、腎結石)など)やアレルギー疾患をはじめ、メタボリックシンドロームや無症状だけれど血圧・血糖・脂肪が高めなどのメタボ予備軍の患者様に 包括的な診療と治療を行っております。 これらの疾患は様々な臓器に影響を及ぼし多くの医療機関を受診されている方も多いと思います。 当科では、より良い治療を患者様に提供するために、各専門科とも連携しそれぞれの基礎疾患の治療とともに 包括的な診療を行っております。 いろいろな医療機関で診断されたが、結局解らない、まずはどの薬をのんだらよいかなど多様なニーズにも適切に対応するよう心がけております。

外来診療担当表

午 前
午 後 高尾聡一郎