美容外科診療内容
診療内容

しわ

しわの悩み

乾燥によっておこるしわ、表情筋によって作られたしわ、肌の老化によるしわなど、一言で言っても色々原因があります。

治療方法を選択すると具体的な治療方法へ移動します

症 状 治療方法
1

表情じわ

力を入れると深く表れる額や眉間、目尻等、表情筋によって作られるしわ。皮膚の老化により弾力が失われると、このしわを皮膚が記憶し折グセのように残ってしまいます。

2

たるみによるしわ

表情を作らなくても目立つ、ほうれい線や目元、眼下の深いくぼみ。皮膚の老化に伴い、深部の脂肪が移動してしまうことが原因です。

3

乾燥じわ・ちりめんじわ

目尻や眼下などにできる小さなしわで、乾燥が原因です。

4

コラーゲンの減少によるしわ

特にフェイスライン付近にみられる何本もの深いしわは皮膚のコラーゲン減少による弾力の低下が減少です。

具体的な治療方法

  • 手術を行う治療
  • マシンを使った治療
  • 注射を使った治療
  • 内服を使った治療
レーザー治療(パール・パールフラクショナル)
パールは、表皮約1/2を入れ替え、真皮浅層に熱を与える事により、シミ、浅いしわの改善、肌の引き締めを行います。この効果は治療後、比較的早期に現れます。 パールフラクショナルは、多数の穴を真皮深層にあけて、肌の創傷治癒力(傷を治そうとする力)を利用し、コラーゲンを劇的に増生させます。 これにより毛穴、ニキビ痕、傷痕等、今まで比較的治療の難しかった症状に対しての効果を発揮します。2つのレーザーを併せて照射する事により、より効果が高まるため、当院では各レーザーと同額の治療費でコンビネーション治療を行っています。但し、ダウンタイムが比較的強く、約1週間、赤味が強く、落層(皮膚が日焼け後の様にはがれ落ちる事)を伴いますので、治療にあたっては時期などに検討が必要です。
  • 施術時間
    範囲による 全顔で約20分
  • 痛み
    強い 約30分かけて、麻酔クリームで鎮痛処置をします
  • 術後の通院
    1週間後
  • 術後の経過
    約1週間かけて落層 その後は薄い赤味が約1〜2週間続く
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日より可 基礎化粧(ローション、クリーム等)は、約1週間処方軟膏のみ使用
  • 使用機器
    パール・パールフラクショナル
レーザー治療(ジェネシス)
Xeo(ゼオ) ロングパルスYAGレーザー

ジェネシスは、レーザーを肌から離して照射し、コラーゲンの増生を促し皮膚の代謝をアップさせる治療です。これにより肌のハリを取り戻し毛穴を引き締め、くすみの改善が得られます。
施術中は温かいシャワーをお顔に浴びるような感覚ですが、稀に熱作用が重なることで強い熱さを感じることもあります。レーザー照射時間は約15分。顔全体はもちろん、毛穴の開きや赤味等気になる部分も重点的に照射していきます。施術後は5分程クーリングを行う程度で、お化粧をしてお帰りいただけます。 施術ペースは3週間間隔が効果的で、回数を重ねるに従って肌トラブルを改善する効果も高まります。

  • 施術時間
    約30分(レーザー照射約15〜20分)
  • 痛み
    ゴムでパチパチ弾かれるような熱さ
  • 術後の通院
    初回のみ2週間後に診察あり
  • 術後の経過
    うっすらとした赤味と熱感が残りますが、殆どが当日まで
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
  • 使用機器
    ロングパルスYAGレーザー(Xeo)
ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は体内に存在する皮膚の構成成分の一つで、水分を保持する役割を果たしますが、加齢とともに減少していきます。気になる部分にヒアルロン酸を注入することで皮膚がもち上がり、しわ、たるみ等の症状を改善します。約6ヵ月程度で徐々に体内に吸収され、異物として体内に残ることもありません。
施術には極細の針を使用しますが、刺入時と注入時に多少の痛みを伴います。しっかりクーリングを行い、患者様のペースに合わせて治療していきます。又、稀に内出血を生じることもある為、大切なイベント前は1週間以上、余裕を持って施術を受けられることをおすすめします。

  • 施術時間
    約5〜10分
  • 痛み
    針の刺入時と、ヒアルロン酸注入時(クーリング有り)
  • 術後の通院
    注入日より約2週間後
  • 術後の経過
    違和感、触った時の硬さ、内出血等、1週間で消退
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
ボトックス注射

ボトックスはボツリヌス菌から抽出したボツリヌスタイプAトキシン製剤で、筋肉を弛緩させる効果があります。表情じわを作る筋肉部分に注射することで、その部分の働きを抑え、しわを改善する治療です。効果は約6ヵ月前後持続しますが個人差があります。
施術には極細の針を使用しますが、刺入時には多少の痛みを伴う為、十分なクーリングで痛みを緩和しながら行います。 ボトックスは注射後、2〜3日で拡散され徐々に効果を発揮します。筋肉の動きを完全に抑える為には、約1週間要す為、しわの改善にも、しばらくの時間を要します。

  • 施術時間
    約5〜10分
  • 痛み
    針の刺入時(クーリング有り)
  • 術後の通院
    注入日より約2週間後
  • 術後の経過
    稀に針刺入部に内出血を生じることがあります
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
レーザー治療(V-beam)
V-beam

目尻や目の下にできるしわに対し、V-beamを使用します。
真皮層のコラーゲンを増生することで、皮膚が弾力を増し、ハリを与え、症状の改善に効果を発揮します。皮膚の冷却装置がついている為、照射時の痛みも格段に少なく麻酔の必要もありません。照射後は炎症による軽い赤味を生じる為、十分なクーリングを行い、1〜2日ステロイド軟膏を使用します。
目の周囲への施術の為、専用コンタクトを装着していただき眼球を保護しますので、まぶたの際まで十分治療が可能です。
治療ペースは月に1回程度で、3〜5回程度治療が必要です。

  • 施術時間
    約2〜3分
  • 痛み
    ゴムで弾かれるような熱さ
  • 術後の通院
    2週間後
  • 術後の経過
    赤味、ヒリヒリ感が当日有り
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
ヒアルロン酸ビタール注入

非常に細かいヒアルロン酸を気になる部分全体に細く注入するもので、肌の保水力を増すとともにボリュームをつけることでしわを軽減させます。1度のみではヒアルロン酸の吸収による後戻りがあるため、3~4週週間に1回のペースで3回の治療が基本です。又、稀に内出血を生じることもある為、大切なイベント前は1週間以上、余裕を持って施術を受けられることをおすすめします。

  • 施術時間
    約10分
  • 痛み
    針の刺入時と、ヒアルロン酸ビタール注入時(クーリングで軽減)
  • 術後の通院
    2回目のヒアルロン酸注入時
  • 術後の経過
    2~3日、部分的に膨らみ(蚊に刺されたような)を生じる事がある。内出血が生じた場合、約1週間で消退
  • シャワー
    当日より可(治療後4時間後以降)
  • メイク
    当日より可(治療後4時間後以降)
  • 費用
    ヒアルロン酸ビタール1回分2ml ¥86,400-(税別)、3回 ¥216,000-(税別)
ホームケア
詳しくはホームケアのページをご覧下さい。 ホームケアの説明ページ