Blog

倉敷平成病院 総合美容センター通信

2021.4.13婦人科

婦人科受付について

婦人科・乳腺外科を受診の患者さんへ受付のご案内

 

1.お初めての方

2.検査予約(採血・MRIなど)がある方

3.前回受診から期間が開く方(1年以上)

 

は受付が必要です。外来総合受付へお越しください。

(お初めての方へは診察券を発行いたします)

上記に該当しない方は直接婦人科(美容センター受付)へお越しください。

 

ご不便をおかけいたします。何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

 

gynecology

 

秘書・広報課N

 

★今日のお花★ガーベラ・ミニバラ・アイビーの葉

2021.4.6美容外科

しわ

 

「しわ」年齢と人生経験を重ねた証!!そうは言っても本当はできるだけ少ない方がうれしいと思っている人は多いはずです。

鏡に映った自分の顔を見るたびに、年齢と共にしわが増えた?深くなった?と気になり始めると止まらなくなりますよね。

しわの種類と原因は2つあり、

①表情を作ったときに表れるしわ「表情じわ」

笑った時に目尻に出るしわや、眉を動かしたときに表れる額や眉間のしわ、食事やおしゃべりをしているときにできる口元のしわなど、表情筋の収縮によって生じるしわのことです。

②表情を作らなくても目立つしわ「たるみじわ」

目の下の眼窩脂肪が加齢によって下がって生じるたるみ、重力に逆らえず頬に付着する脂肪がたるみ、下に落ちてくることで溝が深く目立ってきます。

 

治療方法は、

①表情を作ったときに表れるしわには・・・ボトックス注射

②表情を作らなくても目立つしわには・・・ヒアルロン酸注射

しわでお悩みの方はまず診察にお越しください。まず、しわの原因を知りましょう。

看護師 雪

★今日のお花★ガーベラ・アジサイ・フリージア・ユーカリ・金魚草・ドラセナ

 

2021.3.31婦人科

女性ホルモン

 

 

暖かくやわらかい春の風を満喫しています。

私は四季の中で桜の咲く春がいちばん好きです。

好きだからこそ短く感じる、移ろう四季を思いっきり楽しみたいと思います。

 

 

そんな四季よりもめまぐるしいのが女性の毎日。

女性は1ヶ月で4回性格が変わると言われているそうです。

これには、女性の卵巣でつくられる「女性ホルモン」のエストロゲンとプロゲステロンが影響しています。

約28日間の周期で訪れる「月経」は、女性ホルモンの作用によってコントロールされています。

 

 

◎エストロゲン(卵胞ホルモン)

・自律神経の働きを安定させる

・コラーゲン産出を促し、美肌をつくる

・血管、骨、関節、脳などを健康に保つ

◎プロゲステロン(黄体ホルモン)

・体温を上げる働き

・食欲を増やす働き

 

 

 

〈生理周期とホルモンの変化〉

・生理1日目~1週間

プロゲステロンが急激に減り、気分が落ち込みやすい時期

・生理7日目~14日目(排卵期)

エストロゲンがどんどん増えて気分はハッピー

・生理14日目~21日目

プロゲステロンのおかげで気分が安定

・生理1週間前~生理前日

イライラ・不安 

プロゲステロン増加によりPMS(月経前症候群)症状が起きることも

 

 

 

また、年齢によっても女性ホルモンの働きは変化します。

・思春期

 エストロゲンの分泌量が増える時期

・性成熟期

 エストロゲンの分泌量が盛んな時期

・更年期

 エストロゲンの分泌量が急激に減少する時期

・老年期

 エストロゲンの分泌が乏しくなる時期

 

 

 

一生つきあっていく自分の身体のリズムを知ること、不調に気付いてあげられるのは自分自身だということ。

デリケートで乱れやすいホルモンバランスをより良く保って楽しく日々を過ごすためにも、「我慢」は禁物です。

気になることがあれば、まずは婦人科にご相談ください。

 

 

RJ

 

★今日のお花★ガーベラ・スイートピー・ラナンキュラス・コデマリ・サクラ・オンシジューム・アオモジ・モンステラ

2021.3.23美容外科

3/23

こんにちは。初めてブログ投稿させていただきます、がみと申します。よろしくお願いします^^

 

3月もそろそろ終わりを迎えますね。

いつもならインフルエンザの流行期も過ぎ、マスクを着用する人もだんだん減ってくるような、そんな時期になっているはずですが…

 

今の環境ではそうもいかないですよね。

家でも外でも感染対策を怠れない…皆と楽しく過ごすのにも気を使う…でもいつか戻ってくる日常の為に、今を皆で乗り切りましょう!

 

では、ご存知の方も多いと思いますが、マスクの捨て方について復習です♪

 

※マスクの外気に触れる部分は埃やウイルス等で汚れています、着用中もですが触れないように!

①使い終わったマスクは、ひもの部分を持って外す

②ビニール袋等に入れ、口を縛って密閉してから捨る

③捨てた後は石鹸で手を洗いましょう

 

それでは、楽しい日常生活を送るため頑張っていきましょう^^

 

受付 がみ

 

★今日のお花★ガーベラ・ナデシコ・マトリカリア・リボングラス

2021.3.16美容外科

耳ピアス♪

 

みなさん、こんにちは。

3月に入り、日中はポカポカと春らしい陽気の日が増えてきましたね♪

 

連日、多くの方からご予約を頂いているのが「耳ピアス」です!!

 

当院では、ニッケルフリーの24Kメッキ、または医療用ステンレス素材の医療ピアスを使用しているため安心・安全にピアッシングを行うことができます。

また、ピアッシングは、ピアスの素材、形、ピアスを開ける位置、開け方、ホールの角度などによって仕上がりに差が出るため、医療機関での施術をおすすめします。

 

ファーストピアスのデザインは約16種類と多数ご用意しておりますので、お好みのものをお選びください♪

瞬間的にピアスを耳たぶにセットするので、ほとんど痛みを感じませんのでご安心下さい^^

 

性別・年齢問わず大変人気の施術です!

気になられる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

なお、未成年の方は保護者の方同伴でのご来院をお願いしておりますので、よろしくお願いいたします。

皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

受付 よこちぃ

★今日のお花★ガーベラ・アイビー葉・千両・松

2021.3.9美容外科

日焼け止めミルク

紫外線対策で欠かせないのが日焼け止めです。

私は、当センターの「日焼け止めミルク」を10数年愛用しています。
SPF30 PA ++、紫外線吸収剤を使用しておらず、お肌の弱い方もご使用していただけます。
さらっとしてのびもよくとても使いやすく化粧下地として1年中使っています。

気象庁のデータによると、3月頃から急激に強くなりはじめ、5~7月にかけてピークを迎えます。
1日の中では、10時頃から14時頃までが最も強いとされています。
 

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。
地上に到達するのが「UV-A」と「UV-B」で、「UV-C」はオゾン層で吸収されてしまうため、地上には到達しません。

紫外線は真皮まで届いて肌の老化を進めるといわれています。
急激な炎症を起こすことはありませんが、対策をせずに長期的に浴びるとシワやたるみの原因になるものです。
紫外線が強くなる時期に備えて早めの対策をしたいと思います。

広報 Y

★今日のお花★松・竹・金竹・ユリ・千両・オンシジューム・ガーベラ・ハラン・スターチス・モンステラ・ハボタン

2021.3.2美容外科

3月になりましたね

こんにちは!

2021年になりもう3月になりましたね。

1月は往ぬる、2月は逃げる、3月は去るということわざの通り、月日が経つのが本当に早く感じます。

3月にもなり、別れや出会いのシーズンが近づいていますね。特に4月は出会いのシーズンでもあるので、

少しでも綺麗な状態で出会い、印象に残るようにしたいと思う方もおられるのではないでしょうか・・・?

しみのない肌、ハリのある肌というのは年齢を感じさせないですし、私もつい注目してしまいます。

マスクをして隠れるから時期だから・・・と、レーザーをされる方も多くおられます。

部分的なしみが気になる方にはレーザー治療、顔全体に細かなしみが目立つ、そばかすが気になる方はI2PLという機械を使用し、顔全体にレーザーを当てるなど、

しみの種類により治療方法もさまざまです。

ご興味のある方は是非お問い合わせください。

看護師あみ

★今日のお花★松・ハボタン・千両・ムギ

2021.2.16美容外科

医療用レーザー脱毛

はじめまして。美容センターの業務に入るようになって初めてのブログ投稿となります、さわと申します。

よろしくお願いいたします。

さて皆様、医療用レーザー脱毛はご存じですか?個人差はありますが、少ない施術で半永久的に効果が持続し、皮膚へのダメージも少ないのでオススメです。

夏に向けて今から脱毛することが大切です!!

ご検討中の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

受付 さわ

★今日のお花★ユーサイラン・カラー・ストック・ソリタゴ・スターチス

2021.2.9メディア情報、美容外科

1月16日(土)放送のテレビ番組「Newsジェニック」に華山博美先生がコメント出演しました

スライド1KSB瀬戸内海放送のテレビ番組「Newsジェニック」の1月16日(土)放送では、マスクトラブル原因&対処法は?という特集が組まれました。

コロナ禍で、週5日以上マスク着用が73%以上、毎日5時間以上マスクを着用する方は67%以上との結果が出ておりこれにより、常にマスクを着用することによる肌の悩みが増えた方が64%もおられるとのことです。
 長時間のマスク生活により、肌が乾燥することや痒みなどの肌トラブルで悩んでおられる方が増える中、美容外科・形成外科部長華山博美先生がリモートで、肌トラブルの原因と対処法について専門家の立場からコメント出演しました。
 マスクの中は、多湿でそのために肌の角質がふやけてよれてしまい、肌の水分が蒸発しやすいことにより乾燥状態になるとのことです。また、マスクで擦れることにより毛穴がふさがってニキビの原因となるとのこと。スライド3
 周囲に人がいなところではこまめにマスクを外したりすることも対処法として紹介されました。
 マスク生活はまだまだ続きそうです。感染対策も大切ですし上手につきあっていきたいですね。
秘書広報課 Aスライド2

 

 

2021.2.2美容外科

2/2

はじめまして。12月から美容センターに来ました、看護師のかなです。

学生時代から美容に興味があり、いつか美容に携わりたいと思い、その夢が今叶って毎日がすごく楽しいです。

以前は手術室で働いていたので、その経験を活かし美容センターでの手術は私にお任せ!と胸を張れるくらい頑張っていきます。

働き始めて早2ヶ月、日々の仕事もそうですが患者様の皆様からも学ぶことが多くやりがいを感じています。

1日でも早くこの環境に慣れて正しく美容の情報を提供できるよう頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

看護師 かな

★今日のお花★ユリ・ガーベラ・スターチス・ユーカリ・リンゴ・ストック・スギ・モンステラ・サンゴ水木・谷わたり