美容外科

美容外科手術をお考えの方へ

専門医がお力添えする
お悩み解決への確実な一歩です

手術経験豊富な日本形成外科学会専門医が治療に当たっており、まぶた、鼻、バスト、女性器など様々なお悩みについてご相談いただけます。当センターは総合病院内にあり、充実した最新医療設備、先進医療技術を備え、特に麻酔科医も常駐しておりますので患者様が安心していただける環境です。
ここでは手術までの流れ・準備などについてご説明します。

気になる事は色々相談してみよう!

手術が可能な部位はこちら

  • 目元
  • 鼻
  • ほくろ除去
  • 小顔・輪郭
  • たるみ
  • 刺青除去・アートメイク除去
  • シェイプアップ
  • バスト・乳首
  • ワキガ・多汗症
  • 女性器
  • へそ形成

当院の手術の特徴

事前カウンセリングについて

  • 患者様のお悩み・ご希望を伺います。ご不明・ご不安な点、どんな細かなことでもご相談ください。
  • カウンセリングは1回きりとは限りません。ご不安がなくなるまで、ご納得いただけるまで何度でもご説明いたします。
  • 複数の解決策を可能な限りご提案します。
  • 手術のメリットだけでなく、ダウンタイム(腫れる期間)などのデメリットもすべてご説明します。
  • カウンセリング時に手術の傷が何センチくらいになるかご説明いたします。
  • 女性の医師なので女性器などの悩みも安心してご相談ください。
  • 患者様の個人情報は厳守いたします。

病院環境について

  • ほとんどが日帰りですが、手術によっては入院となることもあります。また、通常日帰りとなる手術でも、術後が心配な方はご希望により入院も可能です。(倉敷平成病院へ)美容外科・形成外科・麻酔科の医師が常勤しています。診療時間外の急変時にも即対応可能です。(19時以降は緊急連絡先をお伝えしています。)
  • 手術可能日を週に4日設けております。

手術跡・術後のフォロー

  • 縫合や注射には、一般的な整形外科の手術等で使用されている針や糸の10分の1の細さ、髪の毛より細いものを使用します。
  • 手術の種類により異なるアフターケアをご説明します。(腫れが早く治まるためのアイシング、固定のためのテーピングなど)
  • 手術後もご不安・ご不明なことがありましたらご相談ください。
  • 腫れ等が消失し、術後の結果が確認できるまで定期的なフォローを行います。(ご希望により)

カウンセリングから手術決定、
アフターフォローまで

※あくまで一例ですので、施術や患者様のライフスタイルなどにより、この限りではありません。

局所麻酔科手術の一例

20代女性会社員

二重まぶた(埋没法)をご希望の患者様の場合

20代女性会社員

手術の流れ
手術の流れ
  • 19時まで診察していますので、お仕事帰りなどにご来院いただけます。
  • 腫れる期間などご説明し、手術のスケジュールをご検討いただきます。
  • コンタクト・メイクなど気になることは何でもご相談ください。医師・看護師からご説明いたします。
  • 手術は10~15分程度です。
30代女性会社員

女性器(小陰唇)縮小術をご希望の患者様の場合

30代女性会社員

手術の流れ
手術の流れ
  • 陰部に違和感がある、「人より大きいのでは…」などのご不安に対して診察を行います。
  • 手術当日にはパンツスタイルは避け、ゆったりとした服装でご来院ください。
  • 手術は40分程度です。
  • 術後はパンティにナプキンを当て、徒歩でもご帰宅いただけます。
  • 排尿後は毎回ビデで流す、軟膏を塗る、また入浴についてなどご説明します。
  • 翌日ご来院いただき、出血・感染がないか確認させていただきます。

ご希望により

  • 糸は自然に溶けるもの(2~4週間)を使用していますが、2週間後に抜糸処置します。
  • 腫れがほぼ消失する1か月後、診察いたします。

全身麻酔科手術の一例

50代女性主婦

脂肪吸引をご希望の患者様の場合

50代女性主婦

手術の流れ
手術の流れ
  • カウンセリング時に術後の痛み(筋肉痛のような痛み)、おなか周りに数か所、数ミリ程度のニキビ跡のような傷跡が残ること、内出血・腫れ・感染などの注意点についてご説明します。(全ての手術について合併症などの可能性はあります。)
  • 基本的に日帰りの手術ですが、全身麻酔で術後の安静を希望される方や、術後の不安(家事・育児などの負荷、急な対応が求められる状況など)がある方で、ご希望があれば入院も可能です。
  • 入院時には万が一、出血があるなどいかなる場合にも医師・看護師が対応します。

ご希望により

  • 腫れが十分引くまで(1~3か月後)アフターフォローを行います。

美容外科担当医よりごあいさつ

充実した最新医療設備、先進医療技術を備えており、専門的な検査と一貫した治療が受けられます。

美容外科担当医よりごあいさつ

「美容外科」とは「形成外科」の一分野にあたります。
「?」と思われる方々もいらっしゃるかもしれませんが、形成外科というしっかりとした基礎工事なくしては、その上に美容外科という家を建てることは出来ないとお考えいただければと思います。

私は20年以上、形成外科医として外傷・奇形・腫瘍切除等の治療を通して全身の皮膚の特徴・筋肉・神経の解剖を熟知してきました。
特に顔に関しては、目・鼻・口・耳という繊細な形態に対して軽微な外傷の縫合から切除~再建までの<元に戻す>形成外科を実践し、現在ではこれらを基礎として、<より理想の形態を再現する>美容外科の手術執刀も行っております。手術は基本的には局所麻酔で行いますが、より術中管理の必要な手術の場合は、麻酔科常勤医と手術室看護師のサポート、形成外科専門医の手術助手とともに複数名のチームで手術を行うことで、安心・安全に関して万全を期しております。

また、手術をお考えの場合は、いくつかの施設で何人かの医師とお話されることをお勧めします。その方にあった方法を選択するのは当然のことですし、出来ること・出来ないことと、稀に起こり得る合併症の説明も不可欠です。じっくり納得されるまで問答を繰り返してください。その上で納得されたら、そこで初めて手術を受ける・受けないを検討されるのが正しい順序だと思います。時間をかけて判断されることで、手術後もその結果に対して、より納得いただけると思います。

最後に、手術は一期一会、一球入魂。全精力をつぎ込んでもつぎ込み足りないと考えておりますが、その分、がんばっていただいた患者様のご満足いただけたお顔を見ると、私どもの喜びもひとしおです。

形成外科担当医師 華山 博美

美容外科 部長 華山博美

平成8年神戸大学医学部卒業。神戸大学医学部形成外科学教室。
平成16年より現職である倉敷平成病院 美容・形成外科に勤務。医師歴20年以上のベテラン女医。カウンセリングの段階から、実際の手術・治療・アフターケアまで一貫して担当。細やかなカウンセリングを行うことで、患者様に最善な提案を提示することに注力している。

  • 医師博士
  • 日本美容外科学会教育専門医(JSAPS)
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本レーザー医学会専門医
  • 日本美容医療協会
  • 皮膚腫瘍外科専門医
  • 日本乳癌学会
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
  • 頭蓋顎顔面外科学会