美容外科

ごあいさつ

私たちからのお約束総合美容センター 美容外科より

  1. 01

    患者さまのお悩みを十分理解すること

    美容外科でのご相談は病気ではありません。病気であれば悪いところは明確ですし、治療のゴールは治ることです。一方美容医療においては、何が気になって、どうされたいのか、どこまでの改善を希望されるのかは、その方々で様々異なります。この点で、私たち医療者と患者様の間で十分な意思疎通が出来ていないと、治療のスタート地点には立てないのです。

  2. 02

    複数の解決策を可能な限り提示すること

    美容外科における治療法は、多くの場合複数挙げる事ができます。治療に対しての患者様のご希望として、治療後の変化の程度・ダウンタイムの許容度・治療期間・通院回数・治療費等実に様々な要因があります。それぞれの治療法の特徴をお示し、選択肢を増やすことで、患者様の治療に対する可能性を増やすことができるのです。

  3. 03

    メリット・デメリットをきちんと説明すること

    美容外科は医療です。医療である限り、魔法のごとく何事もなかったように大きな変化が得られるわけではありません。ただしこれは私たちの言い分で、例えば注射をすると内出血が起こる可能性は医療者からすると当然のことでも、患者様からすると想像もできない許容できない事象かもしれません。このようなギャップが生じないためにも、その効果はもちろんのこと、起こるであろうマイナス面(ダウンタイムと言われる、赤みや痛み、テープの必要性など)、非常にまれに起こり得る合併症などを説明する義務があるのです。また、患者様にも十分ご理解いただいておく必要があると考えています。

  4. 04

    最善の方法を患者さまと共に選びとること

    以上のことのステップを進めた上で、最善の方法を決定する主役は患者様です。私たちはそれをサポートする役割なのです。もちろん私たちはプロフェッショナルですから、ご要望からは外れてしまいそうな選択をされてしまいそうな場合や、明らかに優劣がついている選択肢の場合は、あえて道筋をお示しすることもあります。
    より明るい未来のための選択は、楽しんでご一緒に進めて行きたいと考えています。

はじめて美容医療を検討されている方へ

美容外科に対する垣根を少しでも低くして、 それを超えていただける患者様の一人でも多くの方に ご満足いただくことが、私たちの努めであり喜びです。

女性にとって「いつまでも若く、美しくありたい」というのは、永遠の願いであり、テーマでもあります。これに、ちょっとしたお手伝いができるのが美容外科です。「ビヨウセイケイ」というと、なんだか後ろ暗い、マイナスのイメージをもたれる方もいらっしゃることと思いますが、美容外科は、いまや一握りの方のための特別なものではありません。特にここ数年は、「美肌」に対する関心が高まり、またそれに対する治療方法も飛躍的に進歩しているため、手術からスキンケアまで、その方のライフスタイルにあった治療方法が提供できると確信しております。
できるなら、お一人で悩まないで下さい。今ご自分がどういう状態にあり、それに対して何ができて、何ができないかをまず知る事が大切です。その選択肢の中で、ゆっくりとご自分にあったものを考えて頂ければいいと思います。そのお手伝いをするのも私たちの役割ですし、結果治療に行き着けば全力でお役に立ちたいし、立てると自負しています。

形成外科担当医師 華山 博美

手術をお考えの方

充実した最新医療設備、先進医療技術を備えており、 専門的な検査と一貫した治療が受けられます。

「美容外科」とは「形成外科」の一分野にあたります。
「?」に思われる方々もいらっしゃるかもしれませんが、例えるなら、形成外科というしっかりとした基礎工事なくしては、その上に美容外科という家を建てることは出来ないとお考え下さい。

私は20年以上、形成外科医として外傷・奇形・腫瘍切除等の治療を通して全身の皮膚の特徴・筋肉・神経の解剖を熟知してきました。
特に顔に関しては、目・鼻・口・耳という繊細な形態に対して軽微な外傷の縫合から切除~再建までの<元に戻す>形成外科を実践し、現在ではこれらを基礎として、<より理想の形態を再現する>美容外科の手術も行っております。手術は基本的には局所麻酔で行いますが、より術中管理のいる手術の場合は、麻酔科常勤医と手術室看護師のサポート、もう1名の形成外科専門医の手術助手とともに手術を行うことで、安心・安全に関して万全を期しております。

また、手術をお考えの場合は、いくつかの施設で何人かの医師とお話されることをお勧めします。その方にあった方法を選択するのは当然のことですし、出来ること・出来ないことと、稀に起こりえる合併症の説明も不可欠です。じっくり納得されるまで問答を繰り返してください。その上で納得されたら、そこで初めて手術を受ける・受けないを検討されるのが正しい順序だと思います。時間をかけて判断されることで、手術後もその結果に対して、より納得いただけると思います。

最後に、手術は一期一会、一球入魂。全精力をつぎ込んでもつぎ込み足りないと考えておりますが、その分、がんばっていただいた患者様のご満足いただけたお顔を見ると、私どもの喜びもひとしおです。

公益社団法人 日本美容医療協会(JAAM)

一般社団法人 日本美容外科学会(JSAPS)

一般社団法人 日本形成外科学会(JSPRS)