美容外科診療内容
診療内容

目元

二重まぶた

目は顔のパーツの中で最も印象が大きく、少しの変化で大きくイメージを変える事ができます。
目指す二重のイメージや、まぶたの状態で様々な方法があります。

治療方法を選択するとで具体的な治療方法へ移動します

症 状 治療方法
1

埋没法

まぶたに糸を埋め込み、その糸の力で二重をつくるという方法です。手術時間は両目で約15分。腫れが最も少ない方法です。

2

小切開法

まぶたが厚くはれぼったい方に適した方法です。まぶたを1〜2ケ所、約5mmほど切開して必要に応じて眼輪筋脂肪を切除し、半永久的な二重をつくります。

3

切開法

よりはっきりとした二重をお望みの方や、まぶたの皮膚にたるみが見られる方に適します。埋没法、小切開法に比べると、術後の腫れは大きく、かつ長く続きます。

4

脂肪切除

二重手術の小切開、又は全切開法に併用する方法で、すっきりした二重をご希望の方や、まぶたが厚く、二重により更に重い印象になる方に適しています。


目の開きを大きく

目は顔のパーツの中で最も印象が大きく、少しの変化で大きくイメージを変える事ができます。
目の開きが悪くなり瞳孔(黒目)がかくれがちになると、眠そうに見えたり、時に肩凝りの原因となる事もあります。

症 状 治療方法
1

眼瞼下垂

まぶたを切開し、まぶたを挙げる筋肉(上眼瞼挙筋)を元の位置に戻していく事で、目がぱっちりと開きやすくなります。


離れ目

目は顔のパーツの中で最も印象が大きく、少しの変化で大きくイメージを変える事ができます。
目の内側のヒダが強い場合、目が小さく見えたり、離れて見える事があります。

症 状 治療方法
1

目頭切開

蒙古ヒダを改善させる事により、シャープな印象の目をつくる事が可能です。


まつげ
症 状 治療方法
1

まつげ増毛・育毛

グラッシュビスタはもともと緑内障の治療薬ですが、まつげ用育毛剤としても使用されるようになりました。使用を続けることで、徐々にまつげの長さ・ボリュームを共にアップさせることができます。

2

さかさまつげ

下まぶた、上まぶたのまつげが眼球結膜を刺激し、目が赤くなったり、チクチク異物感に悩まされる様でしたら、それは治療の適応です。


上まぶたのくぼみ

加齢とともに上まぶたにくぼみが生じ陰をつくってしまう(sunken eye)と、老けた印象をもたらすことがあります。
原因は、脂肪が痩せてしまいボリューム不足となっている場合と、眼瞼下垂により、脂肪が目の奥の方へと位置がずれてしまう場合があります。

脂肪 ヒアルロン酸
簡便さ
持続期間 定着したものは吸収されない 〜6ヶ月
腫れ あり なし
他部位への影響 脂肪採取部の圧迫が当日必要 なし
症 状 治療方法
1

ヒアルロン酸注入

気になる部分にヒアルロン酸を注入することで皮膚がもち上がり、まぶたのくぼみ等の症状を改善します。徐々に体内に吸収され、異物として体内に残ることもありません。

2

脂肪注入

腹部・内腿などから採取した脂肪を注入します。

3

眼瞼下垂症手術

まぶたを切開し、まぶたを挙げる筋肉を元の位置に戻していく手術です。


上まぶたのたるみ

皮膚が薄く弾力を失いがちな上まぶたは、たるみなどが生じやすく老けた印象にもなってしまったり、時には視野を妨げ、ものが見にくくなることがあります。

症 状 治療方法
1

皮膚切除

症状が進んでしまった方は、余剰な皮膚を切除することにより、若々しく、すっきりとした目元をつくることが可能です。

2

二重埋没法

まぶたに2ヶ所、小さな穴をあけて、そこから糸を通す事により二重を作ります。脂肪が厚く、この方法が向かない場合がありますので、個別詳細はご相談下さい。

3

眼瞼下垂手術

まぶたを切開し、まぶたを挙げる筋肉を元の位置に戻していく事で、目がぱっちりと開きやすくなり、「眠そうにみえる」などの印象も改善する事が可能です。


目の下のたるみ・くま

下まぶたは、皮膚が薄く弾力が失われがちなためしわをつくりやすいうえ、眼窩脂肪が垂れ下がったり(目袋,buggy eye)くぼみが生じたり(眼窩下溝,nosojugal groove,tear trough)で、凸凹ができやすい部分です。そのため、疲れて見えたり、老けた印象を与えてしまう事があります。症状は下まぶたにのみならず、頬部までが原因となっている場合があります。

症 状 治療方法
1

①のみ:

皮膚の弾力が低下している事が原因

2

②~④の1つ以上:

眼窩脂肪の下垂(ふくらみ)と眼窩下溝(くぼみ)の凹凸差で影ができている状態に

3

①+②~④の1つ以上:

しわの中でも余剰皮膚が多い状態かつ眼窩脂肪の下垂(ふくらみ)+眼窩下溝(くぼみ)の影ができている状態


具体的な治療方法

  • 手術を行う治療
  • マシンを使った治療
  • 注射を使った治療
  • 内服を使った治療
レーザー治療(パール・パールフラクショナル)
パールは、表皮約1/2を入れ替え、真皮浅層に熱を与える事により、シミ、浅いしわの改善、肌の引き締めを行います。この効果は治療後、比較的早期に現れます。 パールフラクショナルは、多数の穴を真皮深層にあけて、肌の創傷治癒力(傷を治そうとする力)を利用し、コラーゲンを劇的に増生させます。 これにより毛穴、ニキビ痕、傷痕等、今まで比較的治療の難しかった症状に対しての効果を発揮します。2つのレーザーを併せて照射する事により、より効果が高まるため、当院では各レーザーと同額の治療費でコンビネーション治療を行っています。但し、ダウンタイムが比較的強く、約1週間、赤味が強く、落層(皮膚が日焼け後の様にはがれ落ちる事)を伴いますので、治療にあたっては時期などに検討が必要です。
  • 施術時間
    範囲による 全顔で約20分
  • 痛み
    強い 約30分かけて、麻酔クリームで鎮痛処置をします
  • 術後の通院
    1週間後
  • 術後の経過
    約1週間かけて落層 その後は薄い赤味が約1〜2週間続く
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日より可 基礎化粧(ローション、クリーム等)は、約1週間処方軟膏のみ使用
  • 使用機器
    パール・パールフラクショナル
二重埋没法

hutae_maibotsu01

埋没法は、比較的簡単に受けて頂きやすい方法です。
まぶたに2ヶ所、小さな穴をあけて、そこから糸を通す事により二重を作ります。
傷痕が残る事はまずありません。普段アイプチが手放せない方から、たるみが気になる年輩の方まで、お勧めします。
但し、非常に稀ですが、ラインがうすくなったり、消えてしまう事がありますので、ご留意下さい。この場合、ご希望があれば、再度手術をお受け頂く事は可能です。 また、脂肪が厚く、この方法が向かない場合がありますので、個別詳細はご相談下さい。

  • 施術時間
    15分
  • 痛み
    極細針の注射(片目に付き3ヶ所)の傷み
  • 術後の症状
    3日間腫れ(〜1週間わずかに有)
  • シャワー
    当日より可能
  • メイク
    アイメイク以外:当日より可 アイメイク:1週間後
  • 洗顔
    当日より可
小切開法

hutae_syouse

まぶたの脂肪が厚い方、埋没法が取れてしまった方などに適します。
3ー4mmの小切開を二重のラインに沿って2ヶ所行い、ここより糸を通し二重をつくります。
通常、脂肪除去と併せて行う事が多い方法です。
切開部は1〜2針縫合しますので、1週間後の抜糸が必要です。

  • 施術時間
    30分
  • 痛み
    極細針の注射の痛み、当日わずかな痛み有
  • 術後の症状
    3〜5日間強い腫れ、完全消失まで約1ヶ月
  • 術後の通院
    1週間後
  • シャワー
    当日より可能
  • メイク
    アイメイク以外:当日より可 アイメイク:1週間後
  • 洗顔
    当日より可
全切開法

hutae_zense

比較的幅の広い、くっきり二重をご希望の方、または、他の方法では二重が安定しない方に適します。
二重のラインに沿って、目の全幅で切開を行います。
脂肪が多い方は、同時に脂肪除去を併用する場合があります。
傷は縫合しますので、約1週間まぶたに糸がついた状態がつづきます。

  • 施術時間
    約40分
  • 痛み
    当日軽い痛み有(鎮痛薬)
  • 術後の症状
    1週間強い腫れ 完全消失まで約1〜2ヶ月
  • 術後の通院
    翌日 及び 1週間後(抜糸)
  • シャワー
    当日より可能
  • メイク
    アイメイク以外:翌日より可 アイメイク:抜糸後
  • 洗顔
    翌日より可(診察後)
脂肪切除

脂肪切除

全ての二重手術に併用できる方法で、すっきりした二重をご希望の方や、まぶたが厚く、二重により更に重い印象になる方に適しています。
あまり多くの脂肪を切除すると、将来的(40代後半頃より)に、逆にまぶたがくぼんでしまい、老けた印象となってしまうため、適量を切除する事が重要です。
眼窩隔膜を切開し、軽く眼瞼を押さえた時に、自然と逸脱してくる量の脂肪を切除するのが最適です。

  • 施術時間
    埋没法、小・全切開法+15分
  • 痛み
    埋没法、小・全切開法に同じ
  • 術後の症状
    埋没法、小・全切開法に同じ
  • 術後の通院
    埋没法、小・全切開法に同じ
  • シャワー
    埋没法、小・全切開法に同じ
  • メイク
    埋没法、小・全切開法に同じ
  • 洗顔
    埋没法、小・全切開法に同じ
眼瞼下垂手術

sekkai01

加齢とともに、まぶたが開けづらい症状が出現し、これが進行すると、視野が狭くなり、生活に支障を来す事があります。また、努力してまぶたを挙げようとするため、おでこなどに力が入りすぎて肩凝りが生じる場合もあります。
これらの症状は先天性のものであったり、あるいは若い方(特にコンタクトを使用している方)にもみられる事があります。
これは、まぶたを挙げる筋肉(上眼瞼挙筋)が、のびてしまったり、付着部の瞼板からはずれてしまって、その力がまぶたに伝わらないのが原因です。まぶたを切開し、この筋肉を元の位置に戻していく事で、目がぱっちりと開きやすくなり、「眠そうにみえる」などの印象も改善する事が可能です。

目頭切開

程度の強い方

megashira01_s1

程度の軽い方(より目立ちにくい傷跡を好まれる方)

megashira02_s1

日本人の多くは、目の内側が蒙古ヒダといわれる水カキの様な構造が存在します。これにより、欧米人と比べると、若く、キュートに見える事も多いのですが、日本人自身には好まれない事がある様です。
目が離れて見えたり、目が小さく見えるため、このヒダを改善させる事により、シャープな印象の目をつくる事が可能です。
但し、本来しわなども存在しない、目の内側に切開を行うため、稀に傷痕が目立つ方がいらっしゃいます。切開法は主に2通りあり、症状により方法を選択します。

  • 施術時間
    約40分
  • 痛み
    当日、少しチクチクする程度
  • 術後の症状
    腫れは2〜3日わずかのみ 内出血を生じる場合がある
  • 術後の通院
    翌日 及び 1週間後(抜糸)
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    アイメイク以外:当日より可。アイメイク:抜糸後
  • 洗顔
    創部は当日ぬらさない様に
グラッシュビスタ

グラッシュビスタはもともと緑内障の治療薬で、これを使用中の方の多くに、「まつげがとても長くなった。」といった症状が出現していたことから、まつげ用育毛剤としても使用されるようになりました。
まつげの成長期を延長させ、休眠状態の毛を目覚めさせる働きがあり、使用を続けることで、徐々にまつげの長さ・ボリュームを共にアップさせることができます。
1日1回、就寝前に付属の綿棒でまつげの根元に薬を塗布していただきます。効果は平均して2ヶ月目ほどで実感することができます。また、エクステ使用中の方はご使用は可能ですが、薬の毛根への浸透が妨げられるため、効果が弱くなることがあります。

  • 施術時間
    初回説明 約10分(完全予約制)
  • ご使用いただけない方
    緑内障、目の炎症性疾患、目瞼皮膚炎をお持ちの方
  • 費用
    グラッシュビスタ1本+アプリケーター70日分:¥19,440
さかさまつげ(Hotz法)

さかさまつげ(Hotz法)

下まぶた、上まぶたのまつげが眼球結膜を刺激し、目が赤くなったり、チクチク異物感に悩まされる様でしたら、それは治療の適応です。
上まぶたの場合は、二重にする事で症状が改善する事があります。症状が重度の場合や、下まぶたの場合は、Hotz(ホッツ)法を行います。
皮膚〜筋肉、場合により瞼板を切除することで、まつげが上向き又は下向きになる様に縫合します。傷痕は約1ヶ月間、赤味と硬さがありますが、これを過ぎると殆ど目立ちません。目頭側の症状が強い場合は、目頭切開を併用する事もあります。
Hotz法の場合保険適応となりますので、費用は片目約2万円です。

  • 施術時間
    片目約30分
  • 痛み
    当日少しチクチクする程度
  • 術後の症状
    約1週間強い腫れ 消失まで1ヶ月(内出血が生じる場合有)
  • 術後の通院
    翌日診察
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日より可
  • 洗顔
    翌日診察後可
ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は体内に存在する皮膚の構成成分の一つで、水分を保持する役割を果たしますが、加齢とともに減少していきます。気になる部分にヒアルロン酸を注入することで皮膚がもち上がり、しわ、たるみ等の症状を改善します。約6ヵ月程度で徐々に体内に吸収され、異物として体内に残ることもありません。
施術には極細の針を使用しますが、刺入時と注入時に多少の痛みを伴います。しっかりクーリングを行い、患者様のペースに合わせて治療していきます。又、稀に内出血を生じることもある為、大切なイベント前は1週間以上、余裕を持って施術を受けられることをおすすめします。

  • 施術時間
    約5〜10分
  • 痛み
    針の刺入時と、ヒアルロン酸注入時(クーリング有り)
  • 術後の通院
    注入日より約2週間後
  • 術後の経過
    違和感、触った時の硬さ、内出血等、1週間で消退
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
脂肪注入

脂肪注入

上まぶた、頬など脂肪が痩せてボリュームが不足している場合、脂肪注入を行います。
腹部・内腿などから必要量の脂肪を採取します。約3mmほどの小切開部からカニューレという細い管で脂肪を吸い取るため、傷痕はほとんど目立ちません。採取した脂肪のうち、血液や余分な組織を洗浄したものを、注射器を通して注入します。

  • 施術時間
    約1時間(注入量により異なる)
  • 痛み
    ほとんど無し
  • 術後の通院
    翌日、及び7日後
  • 術後の経過
    約一週間は腫れが強い 内出血が生じることがある
  • シャワー
    当日は創部を濡らさないように(脂肪採取部)
  • メイク
    翌日診察後
  • 洗顔
    翌日診察後
  • 費用
皮膚切除

皮膚切除

年齢と共にまぶたの皮膚が伸び、垂れてくることにより、目が小さく見えたり、二重の幅が狭くなったり、また、症状が進むと瞳がかくれてしまい、視野を妨げることもあります。
こうした症状には、二重を作ったり、二重の幅を広くすることにより、見かけ上、皮膚のたるみを軽減させる対処法があります。
また、症状が進んでしまった方は、余剰な皮膚を切除するという方法で、若々しく、すっきりとした目元をつくることが可能です。傷痕は約一ヶ月、赤みと硬さがありますが、お化粧で隠すことが可能で、さらに時間が経てばほとんど目立ちません。

  • 施術時間
    両側 約45分
  • 痛み
    当日、チクチク軽い痛み
  • 術後の通院
    翌日及び1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    一週間は内出血など生じる場合有り
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可、アイメイクは抜糸後
  • 費用
下眼瞼除皺術(皮膚切除)

下眼瞼除皺術(皮膚切除)

元々皮膚が薄く、弾力を失いがちな下まぶたは、しわやたるみをつくり易い部分です。
乾燥じわ以外のしわは、日常のケアのみでは、まず改善する事が難しく、手術は有効な手段の一つです。
まつ毛の生え際より1〜2mmの部分を切開し、症状に合わせた量の皮膚を切除し、必要があれば脂肪も併せて切除します。
傷は下まぶたに沿った1本線で、1ヵ月程度は赤味や硬さがあるため少し目立ちますが、数ヵ月経過すると、非常に目立ちにくくなります。但し、下まぶた全体に内出血を生じる可能性がある事と、腫れが約1ヵ月程度生じる事になります。

  • 施術時間
    両側 約1〜1.5時間
  • 痛み
    当日、チクチク軽い痛み
  • 術後の通院
    翌日、1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    〜1週間、腫れ・内出血班あり 1ヶ月はわずかな腫れが残る
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    創部:抜糸後 創部以外:翌日
  • 洗顔
    創部は翌日診察後
  • 費用
経結膜脱脂法

経結膜脱脂法

下まぶたのふくらみが強くたるんでしまい、疲れてみえたり、老けてみえることがあります。皮膚自体のたるみではなく深部の脂肪が張り出してきている場合は皮膚を切る必要はなく、結膜側、つまり下まぶたの裏側を切開し、ここから余分な脂肪を切除する事により、ふくらみを改善し、目元をすっきりさせます。
年齢の高い方に限らず、30歳前後でこの様な症状がみられる方もいます。
傷痕が皮膚につかない為翌日より即メイクも可能で、お休みが取りにくい方にも適していますが、内出血斑を生じたり、個人差により、腫れが強く出る方もいらっしゃいます。

  • 施術時間
    両側 約40分
  • 痛み
    ほとんど無し
  • 術後の通院
    翌日、1ヵ月後
  • 術後の経過
    内出血が生じる事がある、腫れは約1週間(個人差大きい)
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日より可
  • 洗顔
    翌日より可
  • 費用
Hamura法(ハムラ法)

Hamura法(ハムラ法)

下まぶたの皮膚、脂肪が共に緩み、常にくまの様にみえる状態には、Hamura(ハムラ)法を行います。
脂肪が張り出してふくらみをつくり、くまのライン上では逆にくぼんでしまっている状態を改善するため、脂肪をこのくぼんだところに移動させて全体を平坦にし、併せて余分な皮膚を切除します。下まぶた、まつ毛の生え際より1〜2mmの部分を切開し、皮膚の下を、骨の辺りまで剥離するため、他の方法と比べて、腫れが少し強く、広範囲に生じる場合もあります。

  • 施術時間
    両側 約1時間30分
  • 痛み
    当日、少しチクチクする
  • 術後の通院
    翌日、1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    1週間は内出血斑、強い腫れが生じる事が多い、1ヵ月程度わずかな腫れが続く
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    創部以外:翌日より可、創部:抜糸後
  • 洗顔
    創部は診察後より可
  • 費用
経結膜脱脂+脂肪注入

凹凸による影が強い場合、脱脂のみでは全体にくぼんでしまい、かえって疲れた印象や目元のさびし気な印象を与えてしまう事があります。

その場合は脱脂を行ったうえ、注射の状態で脂肪注入を行い下まぶたから頬にかけての丸みを作り、影のない若々しい目元を形成します。傷痕は皮膚につかず針穴のみですが、腫れが3日~1週間程度出る場合があったり、内出血斑を生じる事もあります。

  • 施術時間
    両側 約80分
  • 痛み
    麻酔時
  • 術後の通院
    翌日~3日目頃、1か月後
  • 術後の経過
    内出血が生じる事がある。腫れは約1週間(個人差が大きい)、 太ももに3日間包帯で圧迫固定を行う
  • シャワー
    3日後より可(太ももの包帯除去ののちより)
  • メイク
    翌日より可
  • 費用
Hamura法+頬部吊り上げ

Hamura法+頬部吊り上げ

頬部の下垂が強く、Hamura法のみでは改善が十分でない場合は、同時に頬部を吊り上げる事でより若々しい目元~頬を形成します。

傷痕はHamura法と同様ですが、皮膚の下を更に頬あたりまで剥離するため、腫れや内出血がより出やすくなることがあります。

  • 施術時間
    両側 約2時間
  • 痛み
    当日、少しチクチクする
  • 術後の通院
    翌日、1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    1週間は内出血斑、強い腫れが生じる事が多い。1ヵ月程度わずかな腫れが続く
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    創部以外:翌日より可。創部:抜糸後
  • 洗顔
    創部は診察後より可
  • 費用