美容外科診療内容
診療内容

鼻を高く(隆鼻)

鼻が低いとお悩みの方におすすめします。
手術で鼻を高くする方法もありますが、手術に抵抗がある方にはヒアルロン酸注入という方法もあります。どちらも鼻筋を通す事で、すっきりとしたシャープな印象のお顔となります。

治療方法を選択するとで具体的な治療方法へ移動します

症 状 治療方法
1

インプラントによる隆鼻術

シリコン製のプロテーゼを成形し、鼻の骨の膜の下に挿入します。

2

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注射で注入し、鼻筋を通します。

だんご鼻の改善
症 状 治療方法
1

鼻尖形成術(+軟骨移植)

張り出した小鼻
症 状 治療方法
1

鼻翼縮小

上向き鼻改善
症 状 治療方法
1

鼻中隔延長

具体的な治療方法

  • 手術を行う治療
  • マシンを使った治療
  • 注射を使った治療
  • 内服を使った治療
インプラントによる隆鼻術

インプラントによる隆鼻術

鼻筋を通す事で、すっきりとしたシャープな印象のお顔となります。
シリコン製のプロテーゼをお一人お一人に合わせて成形し(鼻のでっぱりがある方、少し鼻が曲がった方、高さの希望を考慮します)鼻の骨の膜の下に挿入する事で、しっかりと固定されます。鼻の入口を切開するだけなので、傷痕が気になる事はありません。
しかし、皮膚の下を鼻先から眉間辺りまで剥離するため、鼻全体の腫れと、内出血が時には、目頭辺りまで生じる事があります。

  • 施術時間
    約1時間(麻酔後、10分程待機します)
  • 痛み
    1〜2日、時々ズキズキする
  • 術後の通院
    翌日、1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    1週間は腫れが強い、約1ヵ月はわずかな腫れが残る
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日診察後より
  • 洗顔
    翌日診察後より
  • 費用
ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注射で注入し、鼻筋を通します。鼻根部(目と目の間の低い部分)から鼻筋の上、3分の2辺りまでは有効に高くする事が可能です。しかし、鼻先の部分は、皮膚が厚く、深部が軟骨であるため土台が軟らかく、ヒアルロン酸ではしっかりと高さを出すのが難しいとされています。
ヒアルロン酸は、元来皮膚や関節内に存在し、約6ヵ月で分解・吸収されるため、体内に異物として残らず、安心して受けていただける方法の一つです。

  • 施術時間
    約5分
  • 痛み
    針を刺す痛み
  • 術後の通院
    約2週間後(希望あれば追加注入)
  • 術後の経過
    なし 稀に針痕に内出血が生じる
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
  • 洗顔
    当日より可
鼻尖形成術(+軟骨移植)

鼻尖形成術(+軟骨移植)

丸い鼻先(鼻尖)は時としてやぼったい印象を与えてしまうことがあり、好まれない場合があります。
鼻尖は、左右2枚の鼻翼軟骨と皮下組織、皮膚で形作られていますが、丸い鼻尖となるのは
①左右の鼻翼軟骨間が開いてしまい、余分な結合織が入り込んでいる
②皮下脂肪が厚い
③皮膚自体が厚い
事が原因です。①のみが原因の場合は鼻の穴の内側を切開するのみで手術が可能ですが、
②、③も大きく関わっている場合は耳から軟骨を採取して鼻翼軟骨を補強する必要があります。

軟骨移植

このため切開線は少し大きくなりますが、鼻柱基部(鼻の中央の付け根)が傷となるため、比較的目立ちません。
また、耳の軟骨は、耳の後ろの溝を切開するため、傷痕も目立たず、耳の変形などの心配もありません。

  • 施術時間
    約1〜2時間(症状により異なる)
  • 痛み
    当日少しチクチクする程度
  • 術後の通院
    翌日、1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    鼻尖全体の腫れが3〜5日間続く
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日診察後より可
  • 洗顔
    翌日診察後より可
  • 費用
鼻翼縮小

鼻翼縮小

小鼻、つまり鼻翼が大きな鼻は獅子鼻と呼ばれており、鼻が大きく見えているため男性的な印象を与えてしまいます。
余分な鼻翼を切除することで形を整えますが、その鼻翼の形により、切除する部分と量を適切に判断しなくてはなりません。
これを誤ると、不自然に鼻の穴が小さくなってしまったり、ますます鼻翼の張り出しが強調されてしまうことがあります。
傷痕は鼻翼溝(小鼻の外側の溝)または鼻の穴の入り口辺りとなり、ほとんど目立ちません。

  • 施術時間
    約1時間
  • 痛み
    当日少しチクチクする程度
  • 術後の通院
    翌日、1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    わずかに小鼻が腫れる
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日診察後より可
  • 洗顔
    翌日診察後より可
  • 費用
鼻中隔延長

鼻中隔延長

正面または横顔で、上向きの鼻が気になる場合や鼻先を高くしたい場合は鼻中隔延長が必要です。

鼻先をつまんで理想の向きへ延ばすためには、延ばした分だけ、鼻先の土台である鼻中隔軟骨をつけ足してその上に左右の鼻翼軟骨をひき寄せ覆う事でほっそりとした鼻先を形成します。鼻筋の高さを出すために、プロテーゼによる隆鼻を同時に行う事も多くあります。

  • 施術時間
    3~4時間
  • 痛み
    当日、鼻の奥が違和感~ズキズキする
  • 麻酔
    全身麻酔
  • 術後の通院
    翌日、1週間後
  • 術後の経過
    約1週間腫れが生じる(個人差あり)
  • シャワー
    翌日診察後より可
  • メイク
    翌日診察後より可
  • 費用