美容外科診療内容
診療内容

女性器

具体的な治療方法

  • 手術を行う治療
  • マシンを使った治療
  • 注射を使った治療
  • 内服を使った治療
膣縮小

年齢とともに、骨盤底筋群という膣や尿道・肛門周囲の筋肉に緩みが生じます。加えて出産を経験された方は膣の壁遺体も緩んでしまい、入り口から膣内が大きくなってしまったように感じられる事があります。

膣の後壁(おしりの穴に近い方)に粘膜を切除し、その下の筋肉を縫い縮める事で後戻りの少ない、引き締まった膣を形成します。

  • 施術時間
    約1時間
  • 痛み
    当日~翌日痛みが生じる事があるが、鎮痛剤で軽快する程度
  • 麻酔
    静脈麻酔
  • 術後の通院
    翌日(膣内のガーゼを抜く)、1~2週間後
  • 術後の経過
    2~3週間おりものが多くなる事があります、約1か月後から性交渉が可能です
  • シャワー
    翌日診察後より可
  • 費用
    ¥594,000
小陰唇縮小

jyoseiki_s1

小陰唇とは女性器の一部で、尿道口と膣口の両脇にあるヒダ状の部分のことをいいます。
大きさ、形などは様々で、「正常」を決めるのは難しく、また、左右差がある方も多くいらっしゃいます。
大きすぎると、その外側にある大陰唇より常にはみ出した状態であるため、タイトなパンツスタイルや、自転車・バイクに乗ると刺激が加わって痛みを伴ったり、時には出血する場合があります。
このような場合は、はみ出す部分を切除することにより、症状が軽減します。傷痕は非常に目立ちにくく治癒する部分です。

  • 施術時間
    約1時間
  • 痛み
    当日少しチクチクする程度
  • 術後の通院
    翌日、1週間後(抜糸)
  • 術後の経過
    約1〜2週間、腫れが生じる場合があります
  • シャワー
    翌日診察後より可
  • その他
    排尿後はビデ洗浄し、塗り薬を塗っていただきます
  • 費用