リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

ごあいさつ

リハビリセンター長 リハビリテーション医 大根祐子

リハビリセンター長
リハビリテーション医 
大根祐子

倉敷平成病院リハビリテーションセンターでは救急から在宅まで一貫したリハビリテーションを提供し、患者さんを中心にした最善の医療を目指しています。

入院された患者さんに、急性期から回復期まで通じて一貫したリハビリテーションを実施し、機能向上、寝たきり予防を図ります。

回復期リハビリテーション病棟では365日リハビリテーション体制を整えており、リハビリテーション専門医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、看護師、ソーシャルワーカーなど多職種の強力なチームアプローチを実践し、患者さんの機能向上と1日も早い在宅復帰を目指してサポートしています。

 退院後には、外来診療・リハビリテーション、介護保険での通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションを展開し、さらに、関連施設との連携により患者さん、ご家族さまの生活を包括的に支援します。

ご利用案内

外来

外来リハビリテーションでは、当院あるいは他院を退院された患者さんの更なる機能回復や、在宅療養中の患者さんの機能維持、また整形外科疾患の痛みのケアなどを中心に行っています。平成20年4月よりスポーツ外来を開設しており、地域の小中高生を中心にスポーツ外傷・障害のコンディショニングも行っています。
原則、外来専従の療法士による担当制で同じ療法士による継続した治療を受けられます。
訓練時間は待ち時間を少なくする為予約制にさせて頂いています。

一般病棟(急性期)

脳出血、慢性硬膜下血腫など脳の疾患に対して手術を行う脳神経外科、神経内科の患者さんや、骨折に対する手術を行う整形外科の患者さんなどを中心に、発症・受傷直後および手術前後から治療・訓練を開始しています。
さらに肺炎や感染症による発熱および全身状態(体力など)の低下、そしてパーキンソン病に代表される神経変性疾患の急激な症状悪化などから、一時的に自立した日常生活が困難になった患者さんに対して生活復帰のための治療・訓練を行っています。
理学療法に関して、集中的な治療が必要な患者さんに対しては365日リハビリテーションを提供できる環境を整えています。

回復期リハビリテーション病棟(91床)

回復期リハビリテーション病棟は脳血管疾患整形外科疾患(大腿骨骨折・腰椎圧迫骨折など)・肺炎や手術後の廃用症候群の方を主な対象とし,より専門的なリハビリテーション・看護・ケアの充実を目指して運営を行っております。
入院中より集中的なリハビリテーションが365日提供できる体制になっています。

>>回復期リハビリテーション病棟のページはこちら

訪問リハビリテーション

在宅で療養する皆さんの生活の場に理学柄療法士や作業療法士などリハビリの専門スタッフが伺い、日常生活の動作練習や介助方法の指導などを行い、安心してご自宅で生活が送れるよう支援していくサービスです。また、家庭内さらには社会参加への支援も行います。

>>訪問リハビリテーションのページはこちら

リハビリテーションの流れ

リハビリテーションの流れ

スタッフ構成

医療系リハ

PT科 OT科 ST科 ST科CP
4階(回復期) 11名 10名 4名 1名
西 11名 10名 4名 1名
2.3階(一般病棟) 11名 7名 4名 2名
1階 外来 4名 2名 分担
訪問リハ 5名 5名 1名

介護系リハ

PT科 OT科 ST科 ST科CP
老健入所 3名 2名 1名 分担
老健通所 7名 4名 2名 1名
予防リハ 3名 1名 1名
訪問リハ 6名 3名 4名 (2名)
特養・グループホーム (11名) (7名) (4名) (2名)
PT科 OT科 ST科 ST科CP
グループ全体人数 59名 40名 14名 6名

(平成27年2月)

研究実績(PDF準備中)

PT

  • 平成23年度
  • 平成24年度

OT

  • 平成23年度
  • 平成24年度

ST

  • 平成23年度
  • 平成24年度

最新のリハビリテーションへの取り組み

1.世界初のサイボーグ型ロボットで下肢運動支援

ロボットスーツHALⓇ福祉用(「ハル」と呼びます)によるリハビリテーション

ロボットスーツHALⓇ福祉用

脳卒中や脊髄損傷などにより、下肢の運動機能に障害が出た患者様に対し、立ち上がりや歩行をサポートし、下肢運動機能訓練を支援するロボットです。

Systemー装着者の意思によって動くー

ロボットスーツHALⓇ福祉用

足を動かそう、歩行しようと思った際に脳から神経を介して発生する微弱な生体電位信号を皮膚表面に貼ったセンサーにて検出し、その信号を基に筋肉の動きに合わせてHALⓇ福祉用が駆動し、運動をアシストします。このため、筋力が弱い方でも立ち上がり、歩行練習を効果的に行うことができます。

使用対象疾患

各種筋、神経などに問題が生じ足の運動や歩行に不自由が生じた方。
(脳卒中・脊髄(不全)損傷など)

適応基準・使用条件

当院に入院中の方、外来通院の方で医師の診察により装着によって改善が期待できると判断された方。
(リハビリテーション科外来診察:月曜日午後~)

使用対象外

  • 筋肉のこわばりが強く関節を動かすことが困難な方。
  • ペースメーカー装着者、著しい関節障害、明らかな運動失調がある方
  • 皮膚の疾患等により電極の貼り付けができない方
  • 認知機能障害、高次脳機能障害が著しい方
  • 一人では座位姿勢を保つことができない方
  • 医師が不適格と判断する症状を持つ方
    (コントロール不良な高血圧、心不全、著しい骨の脆弱性等)
  • HALⓇ福祉用を装着できない体格
    ※現在当院が所有しておりますHALⓇ福祉用機体は両脚モデルのMサイズとなっております。
    • 体重80㎏以上の方
    • 身長150~170㎝程度の範囲外の方(目安)。
    • 体に大きな変形があり装着が困難な方
    • 四肢、体幹に明らかな不随意運動のある方

使用に関してのお願い

  • リハビリテーション科医師の診察と指示が必要になります。
  • 診察後当日HALⓇ福祉用装着練習はできません。医師からの指示が出された場合、予約を取って頂きます。
  • 初回装着では機器のセッティングのため20分程度時間がかかります。
  • 機器に慣れる必要がありますので、最低5回はHALⓇ福祉用を使用した練習をさせていただきます。
    その後、継続使用に適しているかどうか判断致します。
  • 使用開始後、医師、理学療法士の判断により使用が困難と判断された場合は中止致します。
  • 患者さんは、HALⓇ福祉用使用に同意し使用開始した場合であっても、患者さんの申し出によって、
    いつでも利用を中止することができます。

HALを利用したリハビリテーション使用場面

脳卒中右片麻痺 (立位練習・歩行練習)

頸髄不全損傷 (平行棒内歩行練習)

>>サイバーダイン株式会社

2.最新の電気刺激装置による随意運動介助

IVES(アイビスと呼びます)を使用したリハビリテーション

IVES

脳卒中などの脳血管疾患、末梢神経損傷や筋力低下などにより手の運動機能に問題がある患者さんに対し、電気刺激のアシストにより手指の動きの改善を図る治療機器です。

Systemー筋活動電位に比例した電気刺激にて動きを促すー

手を動かす時に発生する筋肉からの活動電位を皮膚に貼った電極から機器が読み取り、電気刺激にてより強い筋収縮を起こします。このことで筋収縮が弱く運動が実現できないところを助け、麻痺や筋力低下による運動機能の回復を促します。

Systemー筋活動電位に比例した電気刺激にて動きを促すー

使用対象疾患

各種筋、神経などに問題が生じ手や指の運動に不自由が生じた方(脳卒中など)。

使用基準

当院に入院中の方、外来通院の方で医師の診察により装着によって改善が期待できると判断された方。
(リハビリテーション科外来診察:月曜日午後~)

使用対象外

  • 指、手首などの筋肉が硬くなり、関節を動かすことが困難な方
  • 手に異常感覚や痛みを伴う方
  • 認知機能、高次脳機能障害の著明な方
  • ペースメーカー装着者、著しい手の関節障害のある方
  • 医師が不適格と判断する症状を持つ方

使用に関してのお願い

  • リハビリテーション科医師の診察と指示が必要になります。
  • 診察後当日IVES装着練習はできません。医師からの指示が出された場合、予約を取って頂きます。
  • 使用開始後、医師、理学療法士の判断により使用が困難と判断された場合、中止することがあります。
  • 患者さんはIVES使用に同意し使用開始した場合であっても、患者さんの申し出によって、
    いつでも利用を中止することができます。

使用例

IVES使用していない場合

IVES使用した場合

>>OG技研

当院におけるHALⓇ福祉用、IVESを利用したリハビリテーションに関するご相談は
リハビリテーションセンター 理学療法士 津田陽一郎、作業療法士 新崎佐江子にお問い合わせください。

医療従事者の方へお知らせ
コミュニケーション障害の評価法(観察式)の紹介

日本語版 Pragmatic Rating Scaleの開発を行いました

評価票はこちら

著者 藤本憲正(倉敷平成病院),中村光(岡山県立大学) ら

詳しくはこちら

適応範囲

成人の脳疾患後
※ 失語症を有する場合は、軽度失語症以上

特徴

  • わが国で初めての、成人を対象とした観察式の語用論的コミュニケーション障害(※)の評価尺度です
  • 15~20分で評価できます
  • 保健医療福祉業務に関わる従事者の方に使用できます
  • 観察式であるため、特別な道具は必要としません

語用論的コミュニケーション障害とは?

脳損傷などの後遺症によって、失語症のような、聞く・話す・読む・書くことに問題はなく、文法的にも聞くことや話すことができるにもかかわらず、「かみ砕いて説明しないと伝わらない」、「冗談が通じない」、また患者自身も「話がそれる」、「話が長い」など、会話が成立しにくくなることがあります。これを語用論的な言語障害といいます。つまり、コミュニケーションにおいて「何が言いたいのか?あるいは、何を言おうとしているか」の発話意図を推測しながら、会話を進めることが極端に困難になる言語障害といえます。
この語用論的なコミュニケーション障害については、その障害を捉える評価方法が日本ではなく、また介入方法も未確立であるため、復帰した日常生活で支障をきたしています。
今後、その介入方法を開発していくために、語用論的コミュニケーション障害を正確に捉えるための評価法を開発しました。

(※)興味のある方は、言語聴覚士 藤本まで

臨床指導マニュアル(理学療法科)

診療参加型実習の手引き(倉敷平成病院PT科)

詳細はこちら

臨床実習 経験と学びの記録(倉敷平成病院PT科版ポートフォリオ)

詳細はこちら

新人用ポートフォリオ(経験と評価の記録)

詳細はこちら

【臨床指導マニュアル利用上の注意】
PDFデータをダウンロードされる際は、①どの資料を利用されるか(診療参加型実習の手引き・臨床実習経験と学びの記録・新人用ポートフォーリオ)、②お名前、③ご連絡先を明記の上、倉敷平成病院リハビリテーション部PT科(heiseipt@heisei.or.jp)までメールにてご連絡ください。ダウンロードは無料です。