医療福祉相談室

医療福祉相談室

医療福祉相談室

 病気や入院に伴い、発生する様々な問題や不安に対してのご相談を 医療ソーシャルワーカーがお受けし、解決に向けて一緒に考えていく所です。

院内の多職種、地域の医療機関や介護保険施設などと連携しながらがんばっています。

例えばどんな相談?

退院後の生活が不安

(介護ができるか心配、自宅での生活が難しいなど)

 施設についての紹介・申込みのお手伝い、介護保険・介護保険サービス、障害者総合支援法の紹介・説明、配食サービスなどサービスの紹介

介護保険について知りたい

介護保険の申請についての説明(倉敷市役所介護保険課のページ)、介護保健サービスのご紹介(当法人の在宅サービス)

医療費や生活費、経済的なことが不安

 高額療養費制度や生活保護など諸制度の紹介と説明

当院に転院したい

回復期リハビリテーション病棟への転院をご希望されている方へ。

 *ただし、入院されている病院により転院の経路が若干異なります。
など・・・あらゆるご相談をお受けしております。安心してご相談ください。

その他、あらゆるご相談をお受けしております。安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

相談受付時間 月~金 8:30~17:15
8:30~12:30

ご相談のある方は、主治医・受付・外来・病棟スタッフにお申し出ください。
直接お越しくださる場合は、下記まで、あらかじめご連絡ください。

E-mailでのご相談も承っておりますが、対応が遅くなる場合もございますので、お電話によるご相談をお勧めしております。

倉敷平成病院 医療福祉相談室
TEL:086-427-1111(代)
※医療福祉相談室をお呼び出しください

倉敷平成病院回復期リハビリテーション病棟への転院の流れ

入院している病院にソーシャルワーカーがいる場合

(まず入院中の病院のソーシャルワーカーに相談。
当院に転院希望を伝えてください)

入院している病院にソーシャルワーカーがいない場合

(まず入院中の病院の主治医に転院できる状況であるか
御確認ください)

下矢印: ソーシャルワーカーから当院相談室に連絡

下矢印: 御本人・御家族から当院相談室に相談


相談をお受けすれば、当院ソーシャルワーカーが入院中の病院に訪問させていただき
御本人、御家族と面接し、病棟の看護師より病状などを確認させていただきます。

当院担当医師に相談し転院がお受けできるかの判断させていただきます。

転院が決定すれば日程調整となります。

当日、担当医師の外来を受診していただき、入院の運びとなります。

*ただし、転院については疾患、発症からの期間、状態により対象にならない場合もございます。まずはご相談下さい。

高額療養費に該当する場合の医療機関窓口での負担軽減について

御入院される患者様へ

 高額療養費に該当する場合の医療機関窓口での負担が軽減されます

 国民健康保険・健康保険・船員保険に加入している70歳未満の方は、入院等(入院の他一部在宅医療)により多額の費用がかかった場合、今までは一部負担割合(通常3割)を医療機関の窓口で全額支払って、その後、加入している健康保険の保険者【健康保険組合・社会保険事務所(政府管掌健康保険・船員保険)・市町村(国民健康保険)など】に高額療養費の申請をすることによって、自己負担限度額を超える部分が払い戻される制度でした。

 平成19年4月からは、事前に加入している健康保険の保険者【健康保険組合・社会保険事務所(政府管掌健康保険・船員保険)・市町村(国民健康保険)など】に申請することによって「限度額認定証」が交付され、それを医療機関の窓口に提示することで、月単位の医療機関での支払いが自己負担限度額までですむようになります。

※70歳以上の高齢者の方は、すでに同様の取り扱いが行われています。
※だだし、保険料の滞納のある場合は「限度額認定証」の交付が受けられないことがあります。

詳細について、ご質問・ご相談のあるかたは、病棟スタッフステーションに声をおかけください。相談員が対応いたします。