事務部・保育室

事務部

事務部門は「医療事務部」と「総務部」とに大別され、「医療事務部」には「医事課、診療情報管理課、DPC課、医療秘書課、債権管理課」を設置、「総務部」には「人事課、秘書・広報課、総務課、渉外課、施設・搬送管理課、情報管理課、臨床工学課、方針管理課、財務・経理課、事務サポート課」の10の課を設置し、各部署がよりよい医療サービスの提供を目的に協力して取り組んでいます。

医事課(外来受付)

医事課(外来受付)

患者さんがまず一番に関わる病院の顔として、病院の印象を左右する大事な部署です。体の不調、痛みや不安を抱えて受診される患者さんに、少しでも和らいでいただけるような表情や心遣い、言葉掛けに取り組んでいます。
診療科の案内、診察の受付、各文書の受付など変わっていく医療制度等に対応し、患者さまへのサービス向上に繋げていきたいと考えています。

医療秘書課

医療秘書課

医師が医師本来の診療に専念できるよう、医師を補佐する部署です。医師の仕事を総合的に把握し、細かい部分まで行き届いたサポートを行っています。各種文書代行作成、医師のスケジュール管理、外来補助業務等が主な業務です。
学会データベースへの登録や病棟ラウンドでの診療録への代行記入等、仕事の内容を広げ、課全体のスキルアップを目指します。
※医師事務作業補助体制加算 20対1

保育室

業務内容

全仁会グループの職員の子どもが、保育園等に入園できるまでの期間お預かりすることで、職員の育休明け及び早期復職、中途入職を支えます。

保育室

  • 病児保育:有熱や感染症により保育園などで預かってもらえない場合(当保育室でも隔離保育)                  吸入や処置が必要で登園が難しい場合
  • 一時保育:休園、家庭の事情など、突発的に保育に困った場合
  • 学童保育:長期休暇(春休み・夏休み・冬休み・年末年始)、土曜日、休校などで公的学童保育が利用できない場合
  • 夜間保育
  • 看護セミナー、神経セミナー、のぞみの会などの小児預かり

安心してお仕事ができるよう真心こめてサポートします。
家庭的でゆったりとした雰囲気の中で、食事・排泄・着脱などの養護面を大切にしながら一人ひとりの子どもが健やかに成長するように配慮しています。
天気のよい日は、お散歩カートに乗って公園や美観地区をお散歩します。
おやつ・給食は委託業者による院内調理です。
突発的なご利用にも対応いたします。
日々の様子は連絡帳でやりとりします。

保育室

保育室の一日(0~1歳の一例)

8:00 登園
9:00 おやつ
9:30 遊び(散歩・室内遊び)
11:00 昼食
12:00 おひるね
15:00 おやつ
15:30 遊び(室内遊び)
17:30 お迎え

概要

スタッフ 専任保育士7人
場所 倉敷平成病院敷地内 西館3階のワンフロア+1階のワンルーム
(暗証番号タッチパネル式の鍵で安心のセキュリティ)
対象 原則、保育園入所前の全仁会グループ職員の乳幼児。
病児、児童などフレキシブルな対応を実施。
病児保育・学童保育・一時保育利用が増えています。
設備 保育室2室(コネクション)、隔離室2室、トイレ(子ども用洋式2、男児用1)、
手洗い、シャワー室、洗濯機、調乳室、1階隔離室1室
料金 1,000円/回(おやつ・昼食付) 
病児保育・学童保育・一時保育 1,000円/回(おやつ・昼食持参)
夜間保育 1,000円/回(おやつ・夕食・朝食持参)