神経セミナー

神経セミナー

このたび、第31回神経セミナーの日程が平成30年9月22日(土)午後に決まりました。 

今回は、鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経内科分野教授 花島律子先生を講師にお迎えし「病態生理に基づくパーキンソン病治療戦略」というタイトルでご講演いただきます。
また、当院倉敷ニューロモデュレーションセンター長の上利崇医師が「進行期パーキンソン病の外科的治療」をタイトルに、話題提供をいたします。

医療関係者の方はもちろんのこと、一般市民の皆さまにもわかりやすく、ためになるお話がうかがえるものと楽しみにしております。どうぞお誘いあわせの上、ご参加いただけますようご案内申し上げます。

入場は無料ですが、お席の関係でお申し込みの上ご参加いただけますようお願い申し上げます。(9月14日(金)締切)

倉敷平成病院 院長 高尾 芳樹

日時 平成30年9月22日(土) 14:00~16:00(受付13:30~)
場所 倉敷平成病院 1階リハビリテーションセンター
(倉敷市老松町4丁目3-38 TEL:086-427-1111)
プログラム
  • 特別講演『病態生理に基づくパーキンソン病治療戦略』
    鳥取大学医学部 脳神経医科学講座 脳神経内科分野 教授 花島律子 先生
  • 話題提供『進行期パーキンソン病の外科的治療』
    倉敷ニューロモデュレーションセンター長 上利崇 先生
対象 医師・看護師・介護福祉士などの医療関係者ならびに、このテーマに興味をお持ちの方(一般の方可)。

※本セミナーは岡山県医師会生涯教育講座(1.5単位)に認定されています。
(カリキュラムコード:【話題提供】10/チーム医療 【特別講演】19/身体機能の低下 73/慢性疾患・複合疾患の管理)

※参加ご希望の方はご住所・連絡先をご記入の上E-mailにて、9月14日(金)までにお申し込み下さい。

お問合せ・お申込み先 倉敷平成病院 神経セミナー事務局
〒710-0826 岡山県倉敷市老松町4丁目3-38 TEL:086-427-1111
E-mail:heisei@heisei.or.jp

 

神経セミナーとは?

全仁会4本柱の一つで、脳卒中・認知症・パーキンソン病・リハビリテーションなど「神経疾患のより深い理解に立った医療・福祉の提供」を目的として平成元年より継続開催(平成元年のみ年2回・以下年1回の開催)。地域医療関係者、患者家族の方々と医療に関する知識を深める勉強の場として地域に根付いています。