看護セミナー

看護セミナー

【第31回看護セミナー】
このたび、左記のとおり『新型コロナウイルス感染症対策を振り返る~感染しない・させない・うつさない看護の取り組みと連携~』をメインタイトルに第31回看護セミナーを限定動画配信にて開催いたします。 当院の看護セミナーは職員の自己研鑽だけでなく、地域の医療関係者の方との意見交換、交流の場として平成元年から毎年開催している会で、今年が31回目となります。例年は400名前後の方にご参加していただいておりますが、今回は昨年に引き続き新型コロナウイルスの流行を考慮し、動画で配信することとなりました。
 当院における新型コロナウイルス感染症対策の取り組みをはじめ、クラスター発生によるコロナ病床での受け入れを経験して、クラスター発生を経験して~発生渦中と収束後の現場について~、デイサービスリハビリステーションピースにおける感染対策、サービス付き高齢者向け住宅における感染対策と4つの事例をご紹介いたします。動画配信ではありますが、この学びを皆さまと共有できればと考えています。是非ご視聴いただき、ご意見をお寄せください。

倉敷平成病院 看護セミナー事務局


この動画は医療関係者限定配信となります

お問い合せ  倉敷平成病院 看護セミナー事務局(田辺・坂井・小林)
〒710-0826 岡山県倉敷市老松町4丁目3-38 TEL:086-427-1111
FAX:086-427-8500 E-mail:heisei@heisei.or.jp

看護セミナーとは?

全仁会4本柱の一つで、時流に則ったテーマで、看護のあり方・情報提供の場として、院内職員研修はもとより地域の医療機関の意見交換・交流の場となることを目的に平成元年から開催・継続しています。
当セミナーのテーマは、急性期医療から在宅までの看護・ケアや病院経営の一翼としての看護など多岐にわたっています。最新の医療情勢を含んだ看護の技術や質の向上を目的とし、タイムリーな話題を提供しています。