看護セミナー

看護セミナー

【第29回看護セミナー、7月6日に開催します。たくさんのご参加をお待ちしています。】
このたび、左記日程にて『災害看護を考える~被災者、支援者のこころのケア~』をメインタイトルに第29回看護セミナーを開催いたします。 今回は、講師に関西医科大学 看護学部 基礎看護学分野 教授の近藤 麻理先生をお迎えし「看護職も被災者の一人であるという発想から、支援者へのケアを考える」というタイトルでご講演いただきます。
 また今回は、倉敷平成病院、複合型介護施設ピースガーデン倉敷よりボランティア、支援事業に参加した事例をご紹介いたします。
看護職を目指す学生の皆さん、また、現在看護職・医療に従事しておられる方々、一般の方々、どなたにもご参加いただけます。入場料は無料ですが、お席の関係で、お申込みの上ご参加頂けますようお願い申し上げます。

倉敷平成病院 看護セミナー事務局

日時 令和元年年7月6日(土)14:00~16:00(受付 13:30~)
場所 倉敷平成病院 1階リハビリテーションセンター
(倉敷市老松町4丁目3-38 TEL:086-427-1111)
プログラム
  • 特別講演 『看護職も被災者の一人であるという発想から、支援者へのケアを考える』
    関西医科大学 看護学部 基礎看護学分野
    教授 近藤 麻理先生
  • ボランティア、支援活動に参加して
    ・倉敷平成病院  ・複合型介護施設 ピースガーデン倉敷
対象 看護師・介護福祉士・看護学生・教員・医師をはじめとする医療関係者その他、このテーマに関心をお持ちの方

※参加ご希望の方は、申し込み用紙に氏名、ご住所、連絡先をご記入の上FAXにて6月14日(木)までにお申込み下さい。
E-mailでもお申込みいただけます。お申込み用紙はこちら

お問い合せ・お申し込み先 倉敷平成病院 看護セミナー事務局(岡本)
〒710-0826 岡山県倉敷市老松町4丁目3-38 TEL:086-427-1111
FAX:086-427-8500 E-mail:heisei@heisei.or.jp

看護セミナーとは?

全仁会4本柱の一つで、時流に則ったテーマで、看護のあり方・情報提供の場として、院内職員研修はもとより地域の医療機関の意見交換・交流の場となることを目的に平成元年から開催・継続しています。
当セミナーのテーマは、急性期医療から在宅までの看護・ケアや病院経営の一翼としての看護など多岐にわたっています。最新の医療情勢を含んだ看護の技術や質の向上を目的とし、タイムリーな話題を提供しています。