平成28年度 倉敷平成病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 14 116 95 89 122 160 313 606 816 335
当院は「救急から在宅まで何時いかなる時でも対応します」という理念のもとに日々診療に当たっております。脳神経疾患と整形疾患を中心とした医師体制となっており、昨年より常勤医が増えています。また、認知症疾患医療センターの指定を受けていることもあり、高齢者の年齢層が非常に多いのが当院の特徴ですが、スポーツ整形や耳鼻咽喉科等では若年層の対応も行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 68 23.87 21.25 10.29 85.69
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア2 19 11.79 11.79 0.00 83.84
180010X0XXX0XX 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 17 21.71 21.71 0.00 81.24
0400801499X003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア3 14 22.14 22.14 0.00 86.64
040090XXXXXX1X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病あり 14 9.93 9.93 0.00 85.29
高齢者中心の患者層であり嚥下障害を持っておられる患者が多いため、誤嚥性肺炎の症例が1位となっています。呼吸器内科の誤嚥性肺炎の症例数が昨年より減少していますが、内科系医師の協力体制もあり、呼吸器科以外でも担当しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 45 10.82 11.91 0.00 26.02 半月板損傷
070370XX99XXXX 脊椎骨粗鬆症 手術なし 25 37.36 23.61 4.00 81.12 脊椎圧迫骨折
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 23 34.35 20.57 0.00 73.96
071030XX99XXXX その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 20 11.95 10.31 0.00 56.40
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 19 36.53 27.63 31.58 78.00
整形疾患は、リハビリテーション科へ転科する場合がありますので、リハビリテーション科も併せてご覧下さい。両者併せてご覧頂くと、股関節大腿近位骨折(手術あり)の症例数が1位となっています。次いで、脊椎圧迫骨折の症例が多くなっており、骨粗鬆症は脊椎圧迫骨折を伴う入院となっています。また、スポーツ障害に関する症例(手術あり)も多く、整形外科単独診療としては1位となります。常勤医が1名増員した為、全体的に患者数が増えています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 31 2.60 3.44 0.00 70.50
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 17 10.60 11.97 0.00 68.60
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 3.90 5.80 0.00 28.10
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - - - -
形成外科では外傷、熱傷、顔面骨折、眼瞼下垂、陥入爪、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕ケロイド、褥瘡・皮膚潰瘍、腋臭症(わきが)、切断指などを治療しています。その中で、眼瞼下垂(手術あり)が1位の症例数です。眼瞼下垂症は、一定の基準となる症状を認める場合において、保険診療上の手術を行っています。次いで蜂巣炎の症例が2位、主に外傷による緊急入院の症例が3~4位、糖尿病足病変を伴った下肢閉塞性動脈硬化症の症例が5位となっています。
美容外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 16 2.40 3.44 0.00 65.60
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり - - - - - 腋臭症
070570XX012XXX 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等12あり - - - - -
071030xx97xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術あり - - - - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - - - -
美容外科では自由診療による美容手術を基本としていますが、保険診療該当と判断できる場合は健康保険を適用した診療としています。眼瞼下垂(手術あり)が1位の症例数となっており、形成外科と美容外科が担当していています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 15.98 7.52 0.00 67.67
160100XX97X01X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 29 61.38 25.02 17.24 81.93
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 13.28 9.87 0.00 76.16
010061XXXXX0XX 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 18 5.06 6.38 0.00 73.61
170020XXXXXX0X 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし 16 1.38 2.60 0.00 38.56
救急搬送からの頭部外傷症例が多く見られます。手術ありの症例は慢性硬膜下血腫の穿孔洗浄術もしくは挫創、切創に対する創傷処理が多く見られます。続いて脳出血の症例が多くなっています。回復期リハビリの対象症例を含むものは在院日数が全国平均より長くなっています。脳梗塞(一過性脳虚血発作含む)は、神経内科、脳卒中内科でも担当していることもあり、今年度の脳神経外科では上位3位以内に分類されていません。5位は急性アルコール中毒の症例になります。常勤医が1名増員したため、全体的に患者数が増えています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし 67 6.73 5.24 0.00 62.97 めまい
030428XXXXXXXX 突発性難聴 24 8.58 9.37 0.00 48.96 突発性難聴
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 15 7.47 7.47 0.00 53.00 副鼻腔炎
010061XXXXX0XX 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし - - - - -
030340XXXXXXXX 血管運動性鼻炎、アレルギー性鼻炎<鼻アレルギー> - - - - -
前庭機能障害(耳性めまい)の症例が一番多くなっています。次いで突発性難聴や慢性副鼻腔炎の症例が多く、慢性副鼻腔炎は手術を多く実施しています。その他の症例としては、アレルギー性鼻炎などを診ています。
リハビリテーション料
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 104 73.71 27.63 1.92 84.02 大腿骨近位部骨折
070370XX99XXXX 脊椎骨粗鬆症 手術なし 34 74.56 23.61 5.88 85.21 脊椎圧迫骨折
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 30 56.30 20.57 0.00 78.67 脊椎圧迫骨折
160980XX99X0XX 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
160800XX99XX0X 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病なし - - - - -
各疾患とも整形外科での急性期治療の後転科したものです。すべて回復期リハビリテーション病棟での診療となります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 32 11.75 12.43 12.50 80.56
010160XX99X00X パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 27.64 18.71 0.00 76.50
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし又は2 24 8.88 7.12 8.33 69.75
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 23.65 16.54 8.70 75.83 脳梗塞1
脳梗塞2
脳梗塞3
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 27.44 21.25 16.67 80.39
1位の急性腎盂腎炎や尿路感染症、5位の誤嚥性肺炎は、主病に神経変性疾患のある患者への合併症としての症例となっています。2位の神経難病のパーキンソン病は神経内科の主な疾患です。4位の脳梗塞は病院全体で一番多い症例となっており、そのうちの70%で脳保護剤のエダラボンを使用しています。脳梗塞は回復期リハビリの対象疾患であるためほとんどの方が回復期リハビリ病棟を経由して退院しています。従って平均在院日数も全国平均より長くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140XXXXXXXX 流産 - - - - -
120180XX97XXXX 胎児及び胎児付属物の異常 その他の手術あり - - - - -
120240XXXXXXXX 腟及び外陰の非炎症性障害 - - - - -
120230XX02XXXX 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 - - - - -
症例数としては子宮頚部切除術での入院がトップとなっています。子宮頚部高度異形成および上皮内癌(CIN-3)の場合に実施します。子宮頚部高度異形成は短期入院の対応としており集計にはあがっておりません。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071XX99X110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり85歳未満 11 21.09 16.40 0.00 71.27
100070XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし85歳未満 - - - - -
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - - - -
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし85歳未満 - - - - -
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -
1、2、4位の糖尿病教育入院が一番多い症例となっています。基本的には2週間の入院ですが、その他の治療入院も受け持っている為、平均在院日数は約16日となっています。急性腎盂腎炎や尿路感染症、誤嚥性肺炎等の内科系症例は、代謝内科が担当することがあります。
脳卒中内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 33 31.58 16.54 0.00 69.15 脳梗塞1
脳梗塞2
脳梗塞3
010061XXXXX0XX 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 13 5.23 6.38 0 73.62
010060X2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - - - - 脳梗塞1
脳梗塞2
脳梗塞3
010060X2990420 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病2あり発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - - - - 脳梗塞1
脳梗塞2
脳梗塞3
010060X2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - - - - 脳梗塞1
脳梗塞2
脳梗塞3
脳卒中内科は診療科の名称の通り、脳卒中を専門に診療する科です。脳梗塞を中心とした治療を行っており、急性期の治療が終了した後に回復期リハビリ病棟へ転棟し、十分なリハビリを実施して退院して頂いております。発症4.5時間以内であれば、血栓を溶かす治療(t-PA療法)の適応となります。t-PA は、発症3カ月後の社会復帰率を改善する効果のある薬で、1時間かけて点滴治療を行います。当院は、脳卒中内科・脳神経外科・神経内科がチームを組んで、24時間365日積極的に治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国内で症例数の多い癌の病期別統計です。当院では上記疾患についての確定診断および外科的手術を実施しておりません。各疾患とも数例の診療実績はありますが、診断・手術については専門病院への転院にて対応しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 74 11.50 79.70
重症 42 15.45 84.17
超重症 17 19.80 85.10
不明 - - -
市中肺炎とは日常生活の中で罹患した肺炎を言います。ほとんどの患者が80歳以上で、重症度が中等症以上の患者です。重症度が高いほど平均在院日数も長くなっていますが、合計をご覧頂くと、全国平均の13日水準で退院できています。※10未満の症例数は厚生労働省の集計条件ルールにより”-”で表示しています
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 52 5.10 73.31 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 186 46.97 78.22 0.09
その他 21 42.05 78.67 0.05
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞は60~80代の患者がほとんどで、当院で最も症例数の多い疾患です。発症してすぐに当院で治療をされる場合と他院での治療後に当院の回復期リハビリ病棟に転院される場合があります。発症後3日以内の患者が9割以上で最も多いです。また、発症後4.5時間以内であれば、血栓を溶かす治療(t-PA療法)の適応となり、脳卒中内科・脳神経外科・神経内科がチームを組んで、24時間365日積極的に治療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 109 3.86 57.49 6.42 82.06
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 27 1.78 9.41 0.00 20.15
K0811 人工骨頭挿入術(股) 26 5.27 65.42 0.00 82.50
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖・手・足) 25 2.84 19.64 4.00 62.96
K0463 骨折観血的手術(その他) 18 2.44 21.28 0.00 43.78
大腿骨骨折の手術が1位と突出しており、多くのケースが手術後リハビリテーション料に転科しています。また、スポーツ障害に対する手術も多く行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 21 0.00 1.90 0.00 71.60
K333 鼻骨骨折整復固定術 12 0.60 1.00 0.00 20.80
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 11 0.00 1.11 0.00 68.50
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
形成外科では外傷、熱傷、顔面骨折、眼瞼下垂、陥入爪、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕ケロイド,褥瘡・皮膚潰瘍、腋臭症(わきが)、切断指などを治療しています。平成28年度に多かった手術は上記の通りです。皮膚腫瘍も外来診療にて多数実施しております。
美容外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 16 0.00 1.40 0.00 65.60
K0081 腋臭症手術(皮弁法) - - - - - 腋臭症
K0051 皮膚皮下腫瘍摘出術(露出部 2cm未満) - - - - -
K0061 皮膚皮下腫瘍摘出術(露出部以外 3cm未満) - - - - -
K334-2 鼻骨変形治癒骨折矯正術 - - - - -
美容外科では自由診療による美容手術を基本としていますが、保険診療該当と判断できる場合は健康保険を適用した診療としています。眼瞼下垂の手術目的での入院は、形成外科と美容外科が担当していて1番の症例数となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 38 4.76 44.84 13.16 79.90
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 17 25.88 34.18 47.06 78.53 胃瘻造設術
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が1位となっています。要因としては頭部外傷によるものが大半ですが、認知症に合併するものなど内科的要因による出血も見られます。胃瘻造設術は、脳梗塞後の嚥下障害に対し実施しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 74 0.00 1.03 0.00 76.74
眼科では基本的に白内障手術のみを入院での対応としております。その他の手術は他科での入院の患者に対し実施する場合があります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 1.00 5.27 0.00 52.73 副鼻腔炎
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 - - - - -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - - 扁桃腺摘出術
慢性副鼻腔炎に対する手術が1位、2位を占めています。診療圏内に耳鼻科手術を実施できる医療機関が少ないため、他院からの紹介患者が多くなっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 14 0.07 0.00 0.00 32.93
K9091 流産手術(妊娠11週まで) - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
K845 処女膜切開術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
子宮頚部高度異形成に対して子宮頚部切除術を施行する症例が最多となっています。その他不妊治療の一貫として流産手術や、子宮内膜増殖症などの過多月経の症例に対し子宮内膜掻爬術等を実施しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 13 0.58
異なる 22 0.98
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
手術・処置などの合併症、感染症の発生割合を示したものです。入院契機の項目は入院時に診断された傷病名と最終的に診断された傷病名が同じであるかどうかの区分になります。DIC(播種性血管内凝固症候群)は感染症などから発生する全身性の重篤な疾患です。治療にたくさんの医療資源が投入され、DPCの点数も高額になっています。敗血症は感染症によって起こる全身性の炎症反応疾患です。こちらも点数も高額になっています。真菌症は真菌による感染症です。手術・術後の合併症は、手術に伴い免疫力が低下している時に発症することが多いため、コントロールが難しく一定割合で発生しています。
更新履歴
2017.9.28
公開