平成27年度 倉敷平成病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 13 111 85 82 144 132 316 600 813 267
当院は「救急から在宅まで何時いかなる時でも対応します」という理念のもとに日々診療に当たっております。脳神経疾患と整形疾患を中心とした医師の体制になっており、70代と80代の年齢層が非常に多くなっています。認知症疾患医療センターの指定も受けており、高齢者が中心の患者層となっております。小児科の標榜はありませんが、スポーツ整形や耳鼻いんこう科などで若年層の対応も行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 108 21.59 21.69 0.00 85.24
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 75 11.21 14.34 2.67 80.45
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 32 9.72 12.60 0.00 78.13
高齢者中心の患者層であり嚥下障害を持っておられる患者も多いため、市中肺炎より誤嚥性肺炎の症例数が多くなっています。尿路感染症については肺炎の疑いでの入院後精査の結果尿路感染症の診断となったものです。3疾患とも全国平均の在院日数をクリアしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 45 10.89 11.98 0.00 28.00
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 21 20.29 21.52 0.00 67.84
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 19 28.68 24.28 0.00 79.95 患者用パス脊椎圧迫骨折
急性期治療の段階では大腿骨骨折に対する手術が1位ですが、手術後リハビリテーション科へ転科して集中的にリハビリ診療を行うため、そちらへ集計されています。スポーツ障害に対する手術も多く行っており、整形外科単独診療としては1位の症例数となっています。高齢者の転倒による脊椎圧迫骨折が2位となっています。骨粗鬆症についても脊椎圧迫骨折を伴う入院となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 37 2.19 3.54 0.00 72.16
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 3.64 5.86 0.00 24.79
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.02 - -
形成外科では外傷、熱傷、顔面骨折、眼瞼下垂、陥入爪、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕ケロイド,褥瘡・皮膚潰瘍、腋臭症(わきが)、切断指などを治療しています。眼瞼下垂の手術目的での入院が1番の症例数となっています。眼瞼下垂には保険診療の基準となる症状があります。2位以下は主に外傷による緊急入院の症例となっています。
美容外科では自由診療による美容手術を基本としていますが、保険診療該当と判断できる場合は健康保険を適用した診療としています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 7.07 7.52 2.38 57.98
160100xx97x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 21 50.62 25.13 9.52 77.00
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 17 38.24 18.08 0.00 75.06 患者用パス脳梗塞1
患者用パス脳梗塞2
患者用パス脳梗塞3
救急搬送からの頭部外傷症例が多く見られます。手術ありの症例は慢性硬膜下血腫の穿孔洗浄術もしくは挫創、切創に対する創傷処理が多く見られます。続いて脳出血、脳梗塞の症例が多くなっています。回復期リハビリの対象症例を含むものは在院日数が全国平均より長くなっています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.72 - - 患者用パス白内障
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - 7.42 - -
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.20 - -
入院治療については基本的に白内障手術のみを受け付けております。大半はDPC対象外の入院となるためこちらの集計には上がっておりません
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 46 4.89 5.31 0.00 62.93 患者用パスめまい
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 16 5.56 6.30 0.00 77.06
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 13 7.46 7.76 0.00 47.62
前庭機能障害(耳性めまい)の症例が一番多くなっていますが、医療圏の中でも1番の受け入れ件数となっています。慢性副鼻腔炎の手術も多く実施しています。

リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 85 76.19 28.70 4.71 84.53 患者用パス大腿近位骨折
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 38 66.92 21.52 0.00 81.45
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 14 67.71 24.28 0.00 80.50 患者用パス脊椎圧迫骨折
各疾患とも整形外科での急性期治療の後転科したものです。すべて回復期リハビリテーション病棟での診療となります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 49 32.65 18.08 8.16 76.06 患者用パス脳梗塞1
患者用パス脳梗塞2
患者用パス脳梗塞3
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 24.41 15.80 7.41 74.96 患者用パス脳梗塞1
患者用パス脳梗塞2
患者用パス脳梗塞3
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 26.14 19.00 0.00 75.43
脳梗塞は病院全体で一番多い症例です。そのうちの70%で脳保護剤のエダラボンを使用しています。脳梗塞は回復期リハビリの対象疾患であるためほとんどの方が回復期リハビリ病棟を経由して退院しています。従って平均在院日数も全国平均より長くなっています。神経難病のパーキンソン病も神経内科の主な疾患です。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.34 - -
12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮内膜掻爬術 手術・処置等2なし - - 2.59 - -
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 - - 2.48 - -
症例数としては子宮頚部切除術での入院がトップとなっています。子宮頚部高度異形成および上皮内癌(CIN-3)の場合に実施します。子宮頚部高度異形成は短期入院の対応としており集計にはあがっておりません。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 25 16.16 15.35 0.00 68.56 患者用パス糖尿病
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 13 12.77 12.60 0.00 77.23
100040xxxxx01x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 26.21 - -
糖尿病教育入院が一番多い症例となっています。基本的には2週間の入院ですが、その他の治療入院もあるため平均在院日数は16日となっています。

脳卒中内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 18 27.78 18.08 5.56 70.67 患者用パス脳梗塞1
患者用パス脳梗塞2
患者用パス脳梗塞3
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 15.80 - - 患者用パス脳梗塞1
患者用パス脳梗塞2
患者用パス脳梗塞3
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし - - 6.30 - -
脳卒中内科は診療科の名称の通り、脳卒中を専門に診療する科です。神経内科と同じく脳梗塞の症例が多くなっています。当院では急性期の治療が終了した後に回復期リハビリ病棟へ転棟し、十分なリハビリを実施して退院していただきます。一過性脳虚血発作は脳梗塞の前兆といわれ、3ヶ月以内の脳梗塞発症率が15%と高い病態です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - 7
大腸癌 - - - - - - - 7
乳癌 - - - - - - - 7
肺癌 - - - - - - - 7
肝癌 - - - - - - - 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国内で症例数の多い癌の病期別統計です。当院では上記疾患についての確定診断および外科的手術を実施しておりません。各疾患とも数例の診療実績はありますが、診断・手術については専門病院への転院にて対応しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 10 11.00 71.30
重症度 2 43 11.07 82.19
重症度 3 12 13.42 85.08
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
82%が重症度2以上で平均年齢も80才を超えています。肺炎のDPC病院の平均在院日数が13日ですので、大半の方が平均以内の日数で退院できています。
※10未満の症例数は厚生労働省の集計条件ルールにより”-”で表示しています
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 46 5.13 74.80 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 191 51.95 76.79 12.22
その他 30 53.63 76.27 2.26
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞は当院で最も症例数の多い疾患です。発症してすぐに当院で治療をされる場合と他院での治療後に当院の回復期リハビリ病棟に転院される場合があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 45 0.00 1.22 0.00 63.93
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む - - - - -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)等 - - - - -
大腸ポリープ切除が1位となっているのは、消化器科の常勤医が不在のため手術後の経過観察を呼吸器科で担っているためです。誤嚥性肺炎で入院の患者への胃瘻造設術が2位となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 27 0.96 9.67 0.00 18.74
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)等 24 4.08 33.75 20.83 75.88
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)等 20 0.75 1.85 0.00 24.85
大腿骨骨折に対する手術が1位ですが、手術後リハビリテーション科へ転科するためそちらへ集計されています。その他ではスポーツ障害に対する手術も多く行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 23 0.00 1.30 0.00 72.00
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 14 0.00 0.00 0.00 72.43
K333 鼻骨骨折整復固定術 11 0.18 2.18 0.00 21.64
形成外科では外傷、熱傷、顔面骨折、眼瞼下垂、陥入爪、皮膚腫瘍、母斑(あざ)、瘢痕ケロイド,褥瘡・皮膚潰瘍、腋臭症(わきが)、切断指などを治療しています。平成27年度に多かった手術は上記の通りです。皮膚腫瘍も外来診療にて多数実施しております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)等 23 3.57 60.43 17.39 76.43
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が1位となっています。要因としては頭部外傷によるものが大半ですが、認知症に合併するものなど内科的要因による出血も見られます。水頭症手術については、くも膜下出血後の正常圧水頭症に対し実施することが多くなっています。術後は回復期リハビリ病棟でのリハビリテーションを実施します。脳梗塞後の嚥下障害に対し胃瘻造設術も実施しています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 77 0.00 1.21 0.00 76.77
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
眼科では基本的に白内障手術のみを入院での対応としております。その他の手術は他科での入院の患者に対し実施する場合があります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 11 1.00 5.64 0.00 41.00
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)等 - - - - -
慢性副鼻腔炎に対する手術が1位、2位となっています。診療圏内に耳鼻科手術を実施できる医療機関が少ないため、他院からの紹介患者も多くなっています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)等 72 3.99 77.64 4.17 85.89
K0811 人工骨頭挿入術(肩)等 36 4.39 61.36 2.78 82.00
K0821 人工関節置換術(肩)等 - - - - -
すべて整形外科で実施された手術です
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(肩)等 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
脳梗塞による嚥下障害によって栄養不良となる場合に胃瘻造設術を実施しています。人工骨頭挿入術は整形外科で実施したものです。脳梗塞を併発して神経内科が主治医となった症例です。大腸ポリープ切除は、非常勤の消化器医師により実施され、術後の経過観察を神経内科が担ったものです。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 10 0.00 0.00 0.00 39.40
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K9091 流産手術(妊娠11週まで) - - - - -
子宮頚部高度異形成に対して子宮頚部切除術を施行する症例が最多となっています。その他子宮内膜増殖症などの過多月経の症例に対し子宮内膜掻爬術等を実施しております。不妊治療の一貫として流産手術なども行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.43
異なる 18 0.70
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
手術・処置などの合併症、感染症の発生割合を示したものです。DICは感染症などから発生する全身性の重篤な疾患です。治療にたくさんの医療資源が投入され、DPCの点数も高額になっています。敗血症は感染症によって起こる全身性の炎症反応疾患です。こちらも点数も高額になっています。真菌症は真菌による感染症です。手術・術後の合併症は医療ミスではなく手術に伴い一定割合で発生するものです。
更新履歴
2016.11.11
公開
2016.12.19
患者用パスの追加