ニューロモデュレーションと医療機器について

倉敷ニューロモデュレーションセンターが開設し、今年で3年目を迎えました。以前、臨床工学技士の役割について紹介しましたが、今回、SCS・DBS治療の機器説明における臨床工学技士の関わりについて紹介します。SCS・DBS治療では患者さんが日常的に機器(コントローラ)操作をすることがあります。機器操作を行うメリットとしては自分で動きや痛みをコントロールすることができ、日々の体調に合わせて調整することが出来ます。コントローラの種類は使用するメーカによって変わります。最初は「コントローラの操作は難しいのでは?」・「怖くて触る(操作する)のが嫌だ」と言われる患者さんもいますが、徐々に興味津々で操作しています。患者さんの機器操作(操作手順・刺激の強弱・プログラム変更・MRIモード設定など)に対する不安や医師の負担減を目的に、医療機器のスペシャリストである臨床工学技士が指導を行っています。

 

手術後から機器操作を行いますが、操作説明書は細かい内容も記載していることもあり、すべてを読むには時間がかかります。当院では必要最低限の機器操作マニュアル(A4用紙4枚程度)を作成し、提供しています。患者さん個々にあわせた操作説明を行うため、十分な時間を確保し慣れるまで指導を行っています。
また、退院後のフォローも行っており、入院期間中に機器操作を覚えられなかった場合は、外来受診時に継続して機器操作の説明を行っています。

臨床工学技士が接する事で、少しでも不安を取り除けるように貢献しています。

倉敷ニューロモデュレーションセンター ME T

関連記事

  1. スウェーデンよりブロムステッド教授が倉敷ニューロモデュレーシ…

  2. 大阪大学脳神経外科教授貴島晴彦先生と助教谷直樹先生が倉敷ニュ…

  3. 札幌医科大学脳神経外科助教江夏先生が倉敷ニューロモデュレーシ…

  4. 第59回日本定位・機能神経外科学会参加報告

  5. 小牧市民病院脳神経外科部長種井隆文先生が倉敷ニューロモデュレ…

  6. パーキンソン病とフレイル

PAGE TOP