日別アーカイブ: 2021年8月20日(金曜日)

鳥人間コンテスト・魔改造の夜

カテゴリー: 平成南町クリニック | 投稿日: | 投稿者:

楽しみにして観ているテレビ番組はいくつかありますが、鳥人間コンテスト(読売テレビ)と 魔改造の夜(NHK BSプレミアム)は息子たちが出場チームとして参加しているので特に思い入れがあります。

上の息子は、学生時代に居た浜松のY発動機のチームで鳥人間コンテストに数回、現職場のH技研チームで魔改造の夜(お掃除ロボット走り幅跳び)に、下の息子はH大学チームとして鳥人間コンテストに2年前と今年(来月9月2日放映)参加しています。
どちらの番組も、3次元の物体を実際に製作しなければならないのが気に入っています。参加出場するためには期日までに機体や作品を完成させなければならず、楽しみと苦しみどちらが大きいか察するに余りあります。

私自身は、もう解散して無くなってしまったラジコン飛行機クラブの元飛行場が荒れ果てていくのを見て嘆いています。しかし 嘆いてばかりいても仕方がないので、いつかは飛ばせる日が来ると信じて新しい機体の製作をボチボチしています。飛ばしていない機体が貯まってきて廊下の天井は一杯になり、使っていない部屋を占領し始めています。物作りは子供の頃から大好きでした。気乗りして作り始めると時間がすぐに過ぎてしまいます。勉強や仕事が忙しいと余計に作りたくなってしまうものです。
物作りの楽しみは、完成への期待と過程の困難との両面があります。製作過程での失敗やそれをリカバーするための工夫は苦痛でもあり楽しみでもあります。ラジコン機を飛行させて壊してしまう事も度々あり、大破でなければその都度修理しますが、いかに修理するかも楽しみの一つです。
病気の治療も、治癒する日への期待と治療中の忍耐の両面があると思います。症状が改善して毎日の生活が普通にできるようになることへの期待を楽しみとして感じて頂ければ医療者として嬉しい限りです。

                         平成南町クリニック 玉田