日別アーカイブ: 2018年9月8日(土曜日)

栄養科通信 vol.133「MIND(マインド)食」

カテゴリー: 栄養科 | 投稿日: | 投稿者:

MIND食という言葉を聞いたことがありますか?

MIND(Mediterranean-DASH Intervention for Neurodegenerative Delay)食とは、シカゴのラッシュ大学メディカルセンターの研究者らが、アルツハイマー病の発症リスクを低下させるとして発表した食事法です。

日本でもよく知られている地中海式食事法(生活習慣病予防に良い食事法)と、アメリカ国立衛生研究所で考案されたDASH食(高血圧改善のための食事法)の2つを組み合わせた食事法のことです。

地中海式食事方法とは、地中海沿岸諸国の伝統的な食事で、野菜・果物・豆類・オリーブオイル・魚介類・乳製品などを中心に食事が構成されており、肉類はあまり摂らずワインを適度に摂る食事法です。

DASH食とは、野菜・果物を増やし、肉・脂肪を減らして低脂肪乳製品を増やす(カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、タンパク質を増やした)食事になります。

MIND食とはこの2つの食事療法から多くの要素を取り入れており、野菜中心で高脂肪食品は少ないという点では同じで、緑色の葉物野菜やベリー類など「脳の健康に良い」とされる食品の摂取を特に重視しています。

ラッシュ大学の研究ではアルツハイマー病に発展するリスクについて、MIND食を厳密に実施した人はアルツハイマー病に発展するリスクが53%低下、適度に行った人でも35%低下したとの結果が得られたそうです。

MIND食のPOINT!!
① 全粒の穀物:雑穀米を白米に混ぜるなど
② 葉物野菜とその他の野菜
③ 魚(1週間に1回)
④ 豆類(2日に1回):納豆や豆腐も
⑤ 赤ワイン1日1杯:緑茶やココア、ブドウジュースなどでも
⑥ ナッツ類:ごまなどでも
⑦ 鶏肉(1週間に2回)
⑧ ベリー(1週間に2回):ブルーベリー、いちごなど

積極的に食べる方が良いと推奨されていても、偏ったり食べすぎは良くありません。
食材をバランスよくとることを心掛けましょう。また、続けられそうな食品を今の食事にプラスして食べることでも効果があるとされているようです。
あまり厳格にやりすぎてもストレスが貯まる原因になってしまいます。それほど厳密に行わなくても効果があり、手軽に実践しやすいとされているMIND食を継続して実践することでアルツハイマー病を予防したいですね。

 

管理栄養士 M.S