月別アーカイブ: 2015年1月

在宅で過ごす方の倉敷老健入所活用法

カテゴリー: 倉敷老健 | 投稿日: | 投稿者:

image002明けまして、おめでとうございます!!

今日から仕事始めの方が多いでしょうが、年末年始と関係なくお仕事された皆様も大勢おられたでしょう。お疲れ様です。
人混みに出かける機会が多く体が疲れているこの時期は、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなっています。
少しでもいつもと違うなと感じたら、無理をせず「早めの受診」で早期回復,重症化予防に努めて下さい。

さて、今回は私が所属する「倉敷老健」についてご紹介させていただきます。
「倉敷老健(介護老人保健施設)」は、「要介護1~5」の認定を受けられた方が在宅復帰を目標に利用される施設です。入院をきっかけに身体機能,認知機能の低下があり、自宅復帰に不安がある場合に専門職による機能訓練(リハビリ),介護職員による生活リハビリや介護指導を行いながら自宅復帰の準備を援助しています。

image004今回ご紹介したいのは、在宅でご家族の支援を受けながら生活しておられる方でも、機能回復を目的にご利用いただける点です。
自宅で生活しながら通所系サービスや訪問リハビリなど機能訓練の機会はありますが、加齢とともに少しずつ体力・機能が低下してきます。
倉敷老健では短期間での集中的な機能訓練の実施により身体機能の向上を図り、少しでも長く自宅での生活を継続できるよう支援しています。

image006倉敷老健では、ご希望があれば入所からの3ヶ月間、身体的短期集中リハビリを週に5~6回、認知的短期集中リハビリ(認知機能テストMMSE-J:5~25点の方)を週3回(いずれも1回20分程度)併用実施が可能です。その他に、転倒予防体操,上肢機能や認知機能向上を目的にした手芸倶楽部,言語機能向上を目的とした小集団に参加して頂きながら生活リズムの確立や他者との交流の機会を増やす援助も行っています。話だけでも聞いてみたいと思われた方は、お気軽にご相談ください!!
image010
image011
image012

 

 

 

 

 

 

入所に関する お問い合わせ
社会医療法人 全仁会 「倉敷老健」 086-427-1111(代)
※「倉敷老健」相談員をお呼び出し下さい