美容外科診療内容
診療内容

ニキビ・ニキビあと

ニキビ・ニキビ痕

ニキビは毛穴に皮脂がつまってできる皮膚の病気です。病態は様々なので、段階に応じた治療をあきらめず継続することが重要になります。

治療方法を選択するとで具体的な治療方法へ移動します

症 状 治療方法
1

ニキビ

顔、胸、背中などで皮脂腺をもつ毛穴を中心に発症します。思春期ニキビは皮脂の分泌過剰、大人ニキビは毛穴の角化が主な原因と考えられます。

2

ニキビ痕(凸凹)

ニキビの炎症や化膿がひどくなると、肌の奥にある真皮層にダメージを与えてしまい、細胞が再生できなくなり、色素沈着や赤みが残ったニキビ痕、凸凹が生じます。

ニキビ痕(色素沈着)

ニキビ痕(赤み)

具体的な治療方法

  • 手術を行う治療
  • マシンを使った治療
  • 注射を使った治療
  • 内服を使った治療
イオン導入
超音波併用イオン導入(サンソリット社)

超音波マッサージとイオン導入を組み合わせた治療法で、約30分間、マッサージチェアの上でリラックスしながら受けていただける、大変人気の施術です。
肌状態に合わせ、高濃度ビタミンC、プラセンタ等の薬剤をイオン導入で肌の内部へと浸透させていきます。ビタミンCで比較すると、単純な外用に比べ、イオン導入では約30倍の量が肌の深部に浸透します。
肌トラブルの改善だけではなく、保湿効果が高い為、冬の乾燥対策や、大切なイベント前のお手入れとして利用する方法もあります。

※イオン導入は現在新規受付を中止しております。詳しくはこちら

  • 施術時間
    約30分
  • 痛み
    微弱な電流を通す為、ピリピリとした刺激が稀に有り
  • 術後の通院
    診察は希望時
  • 術後の経過
    なし
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
  • 使用機器
    超音波併用イオン導入
レーザー治療(パール・パールフラクショナル)
パールは、表皮約1/2を入れ替え、真皮浅層に熱を与える事により、シミ、浅いしわの改善、肌の引き締めを行います。この効果は治療後、比較的早期に現れます。 パールフラクショナルは、多数の穴を真皮深層にあけて、肌の創傷治癒力(傷を治そうとする力)を利用し、コラーゲンを劇的に増生させます。 これにより毛穴、ニキビ痕、傷痕等、今まで比較的治療の難しかった症状に対しての効果を発揮します。2つのレーザーを併せて照射する事により、より効果が高まるため、当院では各レーザーと同額の治療費でコンビネーション治療を行っています。但し、ダウンタイムが比較的強く、約1週間、赤味が強く、落層(皮膚が日焼け後の様にはがれ落ちる事)を伴いますので、治療にあたっては時期などに検討が必要です。
  • 施術時間
    範囲による 全顔で約20分
  • 痛み
    強い 約30分かけて、麻酔クリームで鎮痛処置をします
  • 術後の通院
    1週間後
  • 術後の経過
    約1週間かけて落層 その後は薄い赤味が約1〜2週間続く
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    翌日より可 基礎化粧(ローション、クリーム等)は、約1週間処方軟膏のみ使用
  • 使用機器
    パール・パールフラクショナル
ケミカルピーリング

ピーリング剤で古くなった肌の角質を落とし、新しい肌の再生を促す治療法です。当院では主にニキビ肌の治療として行っています。
グリコール酸配合のピーリング剤を塗ることでニキビ菌が殺菌され、毛穴の角栓を溶かすとともに、真皮にも作用しコラーゲンの生成も促します。ピーリング後はビタミンCとプラセンタエキスを用いたイオン導入を行う為、炎症を鎮静し保湿効果ももたらします。最後に、ミネラル成分豊富な海藻パックを10分程行い、治療は終了となります。治療の目安は、2週間毎が効果的です。

  • 施術時間
    約45分
  • 痛み
    ピーリング中、ピリピリした刺激有り
  • 術後の通院
    初回のみ2週間後の診察有り
  • 術後の経過
    当日、軽度の赤味が生じる事有り
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
ダイヤモンドトーン+V-beam+イオン導入

ニキビ痕の凸凹や赤味の症状を改善する為に、3つの治療の組み合わせによって効果を高める治療法をご準備しています。
(1)ダイアモンドトーンで余分な角質を除去し、肌のなめらかさを取り戻し、
(2)V-beamのレーザー照射によって真皮層のコラーゲンの増生を促し凹みを持ち上げて、
(3)イオン導入で、炎症を落ち着かせると共にコラーゲンの増生を更に促します。
レーザー効果は真皮層にまで及ぶ為、肌表面より深い部分に熱さを感じますが、レーザー照射は5分程度です。施術後の赤味については翌日中には消失します。
施術ペースは1ヵ月間隔で、回数を重ねることで徐々に症状も改善にむかいます。

  • 施術時間
    約1時間
  • 痛み
    レーザー時、ゴムをパチンと弾かれるような痛み(個人差有り)
  • 術後の通院
    初回のみ2週間後に診察有り
  • 術後の経過
    当日〜翌日まで うっすらと赤味が残る場合有り
  • シャワー
    当日より可
  • メイク
    当日より可
  • 使用機器
    ダイアモンドトーン、V-beam、超音波併用イオン導入
ホームケア
詳しくはホームケアのページをご覧下さい。 ホームケアの説明ページ